Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(3)<異世界居酒屋「のぶ」> (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(3)<異世界居酒屋「のぶ」> (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミックス版第3巻!原作に沿って描かれているので、内容はわかっていても、やっぱり面白くて何度も読み返してしまいます。今回は「トリアエズナマの秘密」が収録されておりますが、マンガになると、また違った醍醐味がありますね。
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

未だに手に入れようか悩んでいるブツ。自分に操れるかな…というか、しゃべらせてみたいんだよね…
邪道かもしれないが、トークロイドとして操ってみたいんですよ…
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
好みの問題ではあるが。
0

    エスニック調の服を着ることが、この数年の私の趣味でもある。

    まぁ、周囲の人たちの一部からは、色々……言われているんだが、そういった声はとりあえず、スルーしていくように務めている。

    だいぶそういった声は治まった来たけれど、そこまで言われないといけないのかな〜っていうのも……あったりする。ま、いいんだけれどね。ただ、ひとつ、言えることは、

    「つべこべ言うんだったら、自分で着てみればいいだろ」

    ってこと。結局、着てみたいんじゃないのかな、あれこれ言ってくる人って。

     

    療養中の今は、天候や気温にもよるのだけれど、体調がいい時はできるだけ、散歩に行くようにしている。

    アタマの中の空気を入れ換える必要もあるし、気分転換にもなるからね。免疫力が下がっている時もあるから、完全防備してのお出かけになるんだけれど。マスク嫌いの私だが、マスクは必須。メガネが曇るから嫌なんだよな、息苦しくなるし……まぁ、仕方ないんだけれどね。

    この近隣に暮らして10年ちょっと経つので、顔見知りの人もちらほらといるし、近所の小さな公園で休んでいたりすると、声をかけてくれるおばちゃんとかがいて、まだこの辺りには、古き良き時代の日本が残っているのかな、なんて思ったりもするのだ。

     

    散歩ついでに買い物に行くことも多い。

    ここ数日、立て続けに言われているのが、私の服装。偶然だろうが、買い物に行った先のレジのおねえさんとか、タクシードライバーさん(これも女性)とか。

    タクシードライバーの方は、

    「遠くから見て、ぱっと目についたんですよ。あ、いいなって」

    と言い、レジのおねえさんは、

    「どこでそういった服、買うんですか?」

    またある日は、別のお店の若い子が、

    「おしゃれですよ、すごく。お似合いになるからいいなぁ」

    と……

    で、共通して言われるのが、

    「エスニックの服って、どうやって着たらいいのかわからない。コーディネートが難しい」

    ということなんだよね。

     

    エスニック調の服は、重ね着が基本。

    色調や服のカタチが独特なので、確かにぱっと見た目、難しいって思うのかもしれない。でも、私もこのあたりは、最初は悩んだけれど、今は適当というか、自分が気に入ったものを組み合わせて着ている。

    だから、どうすればいいのか?って言われても、私も返答に困ってしまう。ホント、これは好みの問題もあるから。

     

    私の場合は、この服装は、お手本になった人(ちょっと年上の男性である)の服装を参考にさせてもらっているというのも、ある。この方と会うと、必ず互いに着ている服の情報交換などもしたりして。

    最初は遠慮していた私だけれど、この方からは、

    「むしろ、同じような服装をしてくれるのが嬉しい」

    と言われて以来、どんどんエスカレートしてきた。

    モノにもよるのだが、お値段もお手頃なものが多い。ネットなどで有名なチェーン店は高かったりするけれど、探せば、お手頃なお値段で販売してくれるお店もある。私が贔屓にしているお店は、先ほどの男性から教えてもらったお店でもある。

    あとは、ネット通販。ネット通販など、ほとんど使わない私が、とあるお店だけは何度もリピートしている。

     

    服って、本当にこれは個人の好みの問題だよね。

     

    手術後、体形が一目瞭然で変化した。

    それまで入らなかった服も、軽々、入るようになった今は、服を色々、組み合わせて着ている。

    好きな服を着られることって、本当に嬉しいものだよ。

    楽しいことを遮られる筋合いはないし、それを気にする私も、ちょっと神経質になっているのかもしれない。

    何かと大変な今は、精神的にも、体力的にも、ストレスを抱えちゃいけないって、担当医に言われているのにねぇ……

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:09 | comments(0) | - | - | - |
    嬉しいこと。
    0

      2回目の投与後、地獄の副作用……

      それでも、今日はだいぶ……ラクなほうだ。投与されて一週間くらいはやはり、しんどい。

      副作用が出ているときに食べられるものやら、対処法などは前回でなんとなく把握しているので、それらを考えながら、なんとか過ごしている状態。

       

      何度か書いているけれど、これね……本当になってみないとわからない痛みと苦しみだよ。

       

      だるい、痛い、手足がしびれる、かゆい、疲れやすい、食欲が出てこない。

      すべて副作用なんだよなぁ。

      今も、キーを打っていても指先に感覚がないから、なんだか打っている感触がなくて気持ち悪いし、いつものスピードで打ち込めないし、打ち間違いも多発している。

      それでも、覚え書きのようにして、こうして打ち込んでおきたいという気持ちも大きい。

       

      派遣元の担当から連絡が入った。

      ずっと心配していたことだったのだが、勤務先の責任者からのありがたいお話しがあった。

      本当に、何と言ったらいいのか……連絡を受けた時、本当に嬉しくて、一瞬、カラダの痛みも吹っ飛んだくらいだ。

      派遣歴10数年になるが、こんなにあたたかい気持ちになったのは初めてで、本当に嬉しくて。

      少し前に、勤務先の責任者と直接、お話してきたけれど、その時の相手の顔を思い出して、

      「ああ、あの時に言ってくださったのは、本当のことだったんだな」

      と……本当に本当に嬉しくなった。

      もちろん、派遣元の担当の尽力もあってのこと。担当にも丁寧にお礼を述べると、

      「ささやんさんの気持ちが伝わったんですよ。私もね、本当に嬉しくて。こんなこと、なかなかあるものじゃないですよ。励みになりますよねぇ。こういうことがあると、私も担当としてとっても張り合いになりますよ」

      と。

      なんでも、責任者のN氏いわく、

      「仕事があるというのは大事なこと。そして、仕事を続けたいと思っている人に対して、帰ってくる場所を奪ってはいけないと思うんです。弊社には病気を抱えた人も多いし、そういった中で復帰している人も大勢いる。戻ってくる場所があるということで治療のモチベーションも上がるといいなと思っています。だから、今はなんにも心配しなくていいから、安心して治療に専念してください。僕たちは待ってますから。帰ってきたら、フルタイムはすぐには無理でしょうから、時間短縮勤務も相談しましょう。応援してますよ!」

      とまで言ってくださったというのだ。

      勤務先は大きな組織だ。でも、そういうところって、もっと派遣社員をぞんざいに扱うのかと思っていたのだが……

       

      言葉がないよ、本当に。

       

      このことに対する「お礼」は……今はとにかく、治療に専念することだと思う。

      本当に励みになる。

       

      勤務先のN氏と組織の方々、派遣元の担当。

      周囲の人たち……

      そして、家族・親戚。

       

      どうやって、お礼を言ったらいいんだろう。

      どうやって……どうやったら……

       

      ありがとう、ありがとう。

      本当にありがとうございます。

      今は……それしか言えないよ。

      posted by: sasayan | にちじょう。 | 06:11 | comments(0) | - | - | - |
      やっぱりしんどい…
      0

        先週末、2回目の抗がん剤投与をしてきた。

         

        採血やら採尿やら……色々な前準備があって、担当医の診断が最終的に入り、体調もOK、検査もクリアということで2回目に入ったんだけれど……一日かかるんだよなぁ、これが。今回からは外来治療センターで受診することにしたので、こちらの看護師さんやヘルパーさんたちとのコミュニケーションが大事になってくる。

        抗がん剤治療の患者は基本、ベッドを割り当てられるようで(ここにはベッドは4床、リクライニングチェアが11席ある)、私はベッドの上で点滴を受けることになった。抗がん剤の薬は特殊なものなので、取り扱いも難しいらしい。準備するのもかなり厳重で、防護服も着用、なにかあれば、必ず二重チェックが入るようになっている。

        さすがに一日過ごすということもあり、テレビもあるし(これが無料なのよね)、お願いすればDVD再生専用デッキも貸し出してくれる。スマホも基本OKで、書籍持込みもできる。

        私も文庫本を2冊、マンガを1冊持ち込んで、のんびりすごすことにした。

        最初のスタートで少し躓いたけれど、まぁ、なんとか生食水を入れるところから始まる。その後、吐き気止めの点滴が30分入って、その後に30分の休憩。これはお昼休みに割り当てられる。

        外来治療センターの専用待合室で、持ってきたお昼をもぐもぐ。大きなテレビがあるので、それを見ながらご飯をたべていたんだけれど、偶然というか、なんというか、新しい肺がん治療薬の話題が出ていた。

        高額医療費を使っても60万を越えるという薬品代。

        開発に相当の金額がかかっているのは理解するのだが、それにしても……なぁ……ただでさえ、医療費がかさばるばかりで、でも、稼ぎはなかなか上がらず……なのに。

        自分の場合も正直、10万単位での治療費だ。慌てて健保に限度額認定証を申請したところ、2日で届いた(汗)びっくりした。

        「使えるものは使おう。そのための社会保険制度だよ。手続きはめんどくさいかもしれないけれど、あとあと、楽になるし」

        とは、友人からのアドバイス。確かに書類仕事だからめんどくさいのよね(苦笑)

        だけど、これが本当に助かっている。傷病手当や高額医療費制度などは、本当に大事だ。

         

        休憩の後、再び治療センターに戻る。

        ここからがまた、長い。ひとつめの薬は3時間かかるし、もうひとつは1時間かかる。その間にお手洗いとか……あるから、どうしても一日仕事になるわけだ(ラストに生食水を入れるので、さらに15分くらいかかる)。

        点滴中は、30分置きに看護師さんたちが様子を見に来てくれる。

        途中でうとうと……

         

        点滴がすべて終了したのが18時過ぎだった……長すぎるよ(汗)

         

        総合受付もすでにクローズしてしまったので、時間外窓口での会計。

        先ほどの限度額認定証を出したので少し時間がかかったようだ。出された領収書を見てびっくりしたと同時に、ホッとした。

        「うええ……マジで?」

        およそ3分の1に減額されているじゃないか。

        「…限度額認定証ってでかいですねぇ…」

        と呟いたら、窓口の担当さんも、

        「ええ、これは大きいですよ。使わない手はないですよ」

        と言ってくれた。

         

        病院を出ると、すでに真っ暗。

        実家に電話連絡をしていたら、ちょうど駅へ向かうバスが来たので、それに乗って帰宅した。

         

        投薬された翌日から、早速、副作用に悩まされる(号泣)2回目ということもあって、副作用が出てくるスピードが速いとみた。

        回数を重ねるごとに、薬が蓄積されていくから、どうしても……ね。

        細胞レベルで浸透していく薬。

        必要だからやっているんだけれど、ホント……薬の威力ってすごいなと、別の意味でも怖さを感じている。

         

        今、これを打ち込んでいるが、実は2時間くらい、かかっていたりするんだよね……体調を見ながらやっているから。

         

        だけどさー……ホント、医療費が上がりっぱなしなのは本当にどうにかしてほしいと思う。

        超高齢化社会になっているから、仕方ない部分もあるのかもしれないが、これはどこかで絶対に壊れるんじゃないかと思うぞ……ホントに。

         

        ……ああ、しんどい……(号泣)

        posted by: sasayan | にちじょう。 | 10:40 | comments(0) | - | - | - |
        ちょっと言いたい。
        0

          今回の病気についての治療は、私自身が決めたことでもある。

          担当医、家族とも相談したし、自分も根本的な部分から叩いておきたいという気持ちがあった故に、今、治療をしている。

           

          2月16日のニュースで、5大がんの10年生存率は平均58%というものがあった。

          『全国成人病(がん)センター協議会のサイト内「全がん協生存率調査」』

          http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/index.html

           

          これらのデータは、少し前のものだから、2016年のあたりだと、もう少し確率は上がっているだろうと思う。

          これを巡り、ネット上なんかでは、色々、意見が飛び交っているんだが……それらを読んでいて、ちょっと思ったことを。

           

          治療にしても、化学療法にしても、受けるか受けないかについては、患者本人・家族に委ねられる部分だ。

          症状や患部などによっても変わってくるだろうし。

          ただね……現・がん患者として言いたいのは、

           

          「ココロないことや、治療なんぞしなくてもいいという意見を述べている人、いざ、自分がその立場になった時に、泣き言、言うなよ?」

           

          今の世の中、どんな人でも、がん患者の立場にならないとは限らない。

          確かに、治療費は高額、時間もかかるし……ほかにも、細かいことを言いだせばたくさん、出てくる。

          あと、いい病院・いいお医者様に出会えるかどうか……これらにも、かかってくることだと思うのだ。

           

          怖いぞ、本当に。

          ステージ(病気の進行具合)がどんなものであれ、やはり「がん」という病名には、それだけの脅威もある。

          その立場に置かれないとわからない、理解できないことってたくさん、あると思う。

          私だって……なりたくてなった病気じゃないんだ。

          突然、自分にふりかかってきた病気なんだから……


          複雑な問題だとは思うんだ。

          色んな話を見聞きしているし、実際、今、がん患者として治療している方々のお話しを色々聞いていたりするとね。

          だからこそ、おいそれと……簡単に……答えが出せる問題ではないのも確かなことなんだよなぁ……

           

          それでも、私は治療を続ける。

          だって、少しでも回復できる(完治、じゃないよ)、いい方向に進めるのであれば、私はそちらへ歩いて行こうと思ったから。

          posted by: sasayan | つぶやき。 | 14:10 | comments(0) | - | - | - |
          やりたいこと、ある?
          0

            療養継続中。


            派遣元の担当とも改めて話しをさせてもらい、今月いっぱいはお休みをいただくことにした。

            正直、私は仕事に復帰したいのだが……担当医からのGoサインが出ない限りは難しいだろうなぁ……(遠い目)

             

            先週末からちょっと、調子が上がらず、おとなしくしている。

            特に副作用などが出ているわけではないのだが、今週末に迫った2回目の投与のことを考えて、体調を整えておこうという考えもある。まぁ、体調が悪ければ、投与を延期することもできるのだが、できればそれは避けたいからだ。

            Twitterでの呟きも、先週末から止めている。

            あまりSNS向きの性格をしているわけじゃないので(笑)、時々、こうして「なにも呟かない期間」があったりする。

             

            まぁ……色々、あるのよ、感情的に。

             

            それでもTwitterを見ていると、みんな、好きなことしているなーって思う。

            いや、もちろん、それぞれの生活があって、それぞれに色々工夫して、時間を過ごしているわけで。

             

            だけど……今の私には、なにかやりたいことってあるのかなぁって……思ってしまったのだ。

             

            うたうことについては、今はちょっと難しいかなって思う。

            数日前に書いた件もあるし……ほかにも色々……複雑な思いがある。

            この気持ちは、また話せる人に会うことが出来るまでは、ちょっと……おとなしくしていたいと思っているから。

             

            なにかに夢中になることって、最近、ないなぁって……思った。

             

            今は、治療に専念するときなのだろう、きっと。

             

            ……会いたいな……

            posted by: sasayan | つぶやき。 | 23:19 | comments(0) | - | - | - |