Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版の最新刊です。
この巻で主要登場人物がほぼ、揃ったことになるのかな?
「のぶ」最大の敵(笑)ダミアンが、またまた店に襲来。まぁ、最後は白狐様の怒りを買って「神罰」が下されますが、自業自得ですね〜。
「魔女」こと、イングリドさんを捜していた、「大司教」=ロドリーゴさんもようやく、姿を見せてくれましたし、アルヌはついに家督を継ぐと宣言、その御披露目式も「のぶ」で行われ、錚々たる顔ぶれが店に揃います。
人が人を呼び、身分関係なくおいしいものをおいしいと言って食べて、楽しめる、あたたかい店、それが「のぶ」。みんな、この店が大好きなのです。
信之さんとしのぶちゃんは、改めて、古都に店が繋がったことにしみじみ、しているようです。
キャラ原案・くるりさんのイラストを基にした、ヴァージニア二等兵さんの描くキャラクターたちが、本当に素敵で、何度呼んでも面白い♪
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
そうなってしまうんだろうな。
0

    「あらま、ここもか…」

    てくてくと散歩をしていると、今まで一戸建ての家屋だったところが解体されて、アパートになったり、新しい戸建てになったりするところが非常に多い。ウチの近所だけでも、4〜5か所ほどある。

    で、その家も、ほとんどがユニット式で、それを「積み上げて」「組み上げていく」タイプがほとんどだ。

    一戸建ての敷地がそこそこ、広かったりすると、そこに無理矢理2棟の戸建てが建設中というところもある。

    ド田舎の平屋の家で暮らしていた私には、どうも、この「せまっ苦しさ」が非常に違和感を覚えている。

    家と家の間がものすごい狭く、人が通り抜けるのは無理。猫だって難しいだろうっていうくらいのところもある。

    あと、ガラス窓の面積がものすごい小さいというのも…まぁ、これに関しては、防犯の意味もあるし、あとはガラス窓が大きいと、家の中の気温に影響が出るというのもあるのだが。

     

    実家の仕事が左官業なので、新しいタイプの家を見ると、なんとも複雑な気持ちになる。

    時代の流れではあるのだろうが、日本家屋の良さというか……それが失われつつあり、職人の数も激減しているという、非常に由々しき問題も思い出すからだ。

    今は、父もほぼ、引退。末弟が引き継いだ形になっていて、材料や技術系のアドバイスを父が主に担当している。見習い時代から培った技術や知識、そして職人としてのウデは、引退しても衰えない。父は自分の仕事に誇りをもっていたからね。私も、そんな父の仕事をずっと、見ていたから……父の腕一本で、我が家は支えられていた。そのことを、今、しみじみと感じていたりもする。

     

    こちらに引っ越してきてから住んでいる賃貸マンションも、それなりに年数が経っていて、空き部屋が出ると、その部屋の内装をまるごと替える作業が行われている。今もひと部屋、改装中。長年暮らしている人と、そうでない人がいたりするけれど(私は古株になりつつある…でも、私より長く暮らしている人も多いのだ)。

    もともと、このマンションは、現オーナーさんが持っていた土地に建てられたもので(オーナーさんは世田谷区にお住まい)、管理会社も地元の会社で、いわゆるチェーン店ではないので、地域への繋がりも強いし、管理会社の社長もしっかりされている方、建物そのものの手入れも行き届いている。だから、私も安心して暮らしていられる。今年は契約更新があるのだが、また更新しちゃうんだろうな。

     

    そろそろ、春の引っ越しシーズンもやってくる。

    周辺は住宅街だから、きっと、新しく来る人や新天地へ引っ越していく人など、たくさんいるだろう。

     

    春は出会いと別れの季節なのだ。

     

     

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 10:41 | comments(0) | - | - | - |
    何気なく見ていて〜アニメ版「クッキングパパ」
    0

      Gyao!で無料配信しているアニメをちらちらと観ております。

      その中でも、私が原作から大好きな作品に『クッキングパパ』がありまして……今も続いている、長いマンガですよね。

      これが随分と前にテレビ朝日でアニメ化されて放送していたということがありました。玄田哲章さんが主人公・荒岩一味さんの声をあてたことも、当時、ちょっとした話題になったんですよね。

       

      さて、アニメ版を観ていると、特に際立つのが、荒岩パパの部下、田中一(たなか・はじめ)くん。とにかく、荒岩パパには頻繁に怒鳴られている田中くんですが、アニメ版だとそのあたりが一層、目立ちます。

      仕事できるのかできないのか……それでも、言われたことはこなし、営業マンとして飛び回るのですが、食い意地が張っているうえに、非常に図々しく、おまけに惚れっぽく、早とちりでおっちょこちょいで、大抵、会社で荒岩パパに怒鳴られるのは、田中くんと相場が決まっております(笑)観ているとイライラすることもあるんです。

      ですが、彼には彼の「愛されポイント」もあって、気づいていない人も多いと思うのですが、先輩や後輩、上司に対してはきちんと敬語を使い、分は弁えています。そして、意外なのは面倒見がいいこと。困っている人を見るとほっとけないとばかりに、おせっかいな部分がちらっと垣間見えますが、結果的にこれがいい方向へ行くことも多く、また、なんでもおいしいと言って好き嫌いなく食べるし、上司や後輩、外国人のお客様や取引先の人でも分け隔てなく付き合い、食事やお酒の席などを通じ、誰とでも仲良くなれるというのが田中くん。一本筋が通っているのが、いかにも九州男児。

      特に原作では、この辺りがきちんと描かれることが多いのですが、アニメ版だとそれが影を潜めちゃっているのが非常に惜しい。原作だと、夢子さんとお互いに意識し始めたころから、なんとなくしっかりしてきた印象があって、結婚して第一子(元輝くんですね)を授かったころには、パパとしての意識も目覚め、仕事への取り組みも随分と変わってきていました。

      そうそう、田中くんは、会社の同僚だった時、夢子さんのことを「先輩」と呼んでいますが、これ、実は田中くんのほうが年上というの、知ってました?姉さん女房ではないんですね。夢子さんのほうが、金丸商事へ入社するのが一年だけ、早かったというのが真相のようです(田中くんは大卒、夢子さんは高卒なんだよー)。

      でも、夢子さんはもとからしっかり者なので、田中くんは随分と助けてもらっているはずですよね(笑)

       

      原作も長く続いていて、今では、荒岩パパ……一味さんと虹子さん自慢のふたりの子ども……息子・まことくんは無事に大学を卒業して大阪市内にある「花浪企画」というイベント会社へ就職、10歳年下の妹・みゆきちゃんは中学生になりました。特にみゆきちゃんは、料理の腕もめきめきと上達し、友人たちに食事を作ったり、学校へ持って行くお弁当も自分で作ることが多いようです。

      長く続いている=子供たちが成長していく……というのを描いているのかな。うえやまとち先生も、そのあたりを意識しているように思います。とち先生にもお孫さんができて久しいですしね〜。

      たくさん登場するキャラたちが、少しずつ変わってきている……最近では、随分と懐かしいキャラが再登場することもあります。最新刊に登場した、懐かしのヨーロッパ編に登場したソフィアさんなんて、何年ぶりの再登場だか(笑)

       

      最初は料理好きなことを隠していた一味さんが、不器用ながらもようやく、自分の料理好きなことを周囲に言えるようになった時から、随分と話しの幅も広がりました(ちなみに、料理好きなことを周囲に話したのは、コミックスだと第51巻のあたりです)。

      とち先生が言っていたけれど、連載が始まったころは、男性が料理をすることを当時は不思議がるという世相があったからだといいます。今は逆だもんなぁ(笑)むしろ、料理する男性はデキる人、みたいな感じですもんね。

      逆に、虹子さんは不器用も不器用、なかなか料理が出来ないという設定だったのが、みゆきちゃんを授かったころから変わり始め、たまーに面白い発想をして一味さんに、自分よりセンスがあると褒められるようになっていき、今はふつうに料理をこなすくらいにまでなっていますが、今も時々、妙な料理を作りますね(笑)

       

      アニメ版は時代を感じることも多いですが、まことくん役が、高山みなみさんだったりするから侮れません。みゆきちゃんが生まれると、みゆきちゃん役もみなみさんが担当しています。まことくんは、大人びていない、素直なコナンくんとでもいうのか……(笑)声がほとんど、変わっていないです。

       

      Gyao!での配信はしばらく続くみたいなので、楽しんで観ようとおもっとります。

      posted by: sasayan | てれび&にゅーす。 | 23:10 | comments(0) | - | - | - |
      いろんな日があるねぇ〜世界対がんデー〜
      0

        2月4日は「世界対がんデー World Cancer Day」なんだそうな。

        今は毎日が「なんとかの日」みたいな感じだけれどさ(笑)

         

        一昨年はそれどころの話しではなく(抗がん剤治療の初回直後で副作用と戦っていた)、去年はバタバタしているうちに過ぎてしまって、ようやく今年になって、この日に気づいた私も私だが。

        おかげさまで、今はなんとか状態は落ち着いているけれど、毎月の通院はまだ続いている。

         

        最近、著名な方ががんで亡くなるというニュース、もしくは闘病生活云々というニュースも非常に多く聞こえてくる。

        それだけ、ポピュラーな病気(変な例えだが)になっているわけでもあるが、そうなるとどんな人でも罹患する可能性は高いという病気にも当てはまってくる。

        どんな箇所であろうが、進行具合(ステージやグレード)がどんなものであろうが、がんと闘う人たちは、みんな「仲間」みたいなものだと、私は勝手に思っている。老若男女問わず、だ。患者本人はもちろん、ご家族や医療関係者も含めている。

         

        早期発見すれば治療もできるし、寛解することもできるとは言われているけれど、それでも「がん」という言葉の「破壊力」「威圧感」というのはすさまじいものがある。発覚から手術まで20日間足らず、その後は再発しないようにと、抗がん剤治療で徹底的に根本を叩いたけれど、それでも万が一というのは、起らないわけではない。今もそうならないよう、主治医と相談しながら経過観察中。

        私自身も、この病気に関しては、上手に付き合っていこうと思えるようになったから。

        少しでも上手に「対話」して、再発させないようにする……気持ちだけでも、随分違うと思うんだ。

         

        無事に仕事に復帰することが出来て、今も時短での勤務が続いている。

        所属している派遣元と勤務先が非常に理解ある組織だというのも幸いしているのは確か。

        だけど、このあたりはまだまだ、日本では理解度が低いと思っている。

        治療しながらでも仕事をしたいという思いを抱いている人は少なくない。また、病気からの復帰後の治療・リハビリなどでの保険制度なども、なかなか難しいところ。このあたり、もう少しなんとかならないかなって思っている。

        ぶっちゃけ、治療費などがかなり高額になるので……生活が大変になることもあるんだよね。保険制度を使っても、ものすごいことになるから。ホントに……

         

        ある日突然、突き付けられた「現実」。

        突然の、がん宣告。

        あの日のことは絶対に忘れない。

         

        何度でも書きます。

        みなさん、がん検診・健康診断はぜひ、受けてください。

        がんのみならず、病気は早期発見が大事です。

        病気が早めに見つかれば、その分だけ精神的・体力的、そして金銭面でも負担が減らせます。

         

        抗がん剤治療の副作用…本当に辛かったし、今も後遺症として残ったまま。

        あんな苦しみ、できれば、みなさんには味わってほしくはないのです。

        言葉を絶する……泣いて這いずり回り、動くことすら、食べることすらできなかった、あの苦しみと痛みは……味わってほしくはないのです。

         

        がんと闘うひとりとして、切に願います。

        がんと闘う人たちへの理解を深めてほしいと思います。

         

        世界で、がんと闘う仲間たちへ。

        一緒に、前を向いて、空を見て、それぞれのスピードでいい、一緒に歩いて行きましょう。

        posted by: sasayan | にちじょう。 | 10:09 | comments(0) | - | - | - |
        気にし過ぎて。
        0

          今や自分で身動き取れなくなってる。

          まぁ、仕方ないのかもね。

          周囲が気になる性格故、どうしても自分で動きたくても、躊躇ってしまう。

          悪目立ちをするようで……目立たないようにしているつもりが、目立ってしまうという悪循環。

           

          あーあ……なんだかなぁ……

          posted by: sasayan | にちじょう。 | 13:58 | comments(0) | - | - | - |
          やっぱり怖いわ…
          0

            生きている人間が、一番怖い。

             

            もう、対人恐怖症というか…まぁ、言い過ぎかもしれないが、でも、なんか……怖い…

            これ、まずいよな……傾向的に。

            どこかで、爆発する前にどうにかしないと……

             

            おかしくなりそうなのは、あなただけじゃないよ……

             

            私も、ホントにどうにかなりそうだ……

             

            とにかく、明日、連絡してみよう。

            posted by: sasayan | つぶやき。 | 00:26 | comments(0) | - | - | - |