Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
待ってました、第4巻。今回は女性キャラ多め♪そうそう、女傭兵・リオンティーヌさん初登場。美しい…そして、とても健気なキャラなので大好きです。
ヴァージニア二等兵さんの描くキャラってみんな魅力的〜!
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

さて、私に彼を操ることはできるのでしょうか…(汗)
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
1年検診。
0

    朝早くに家を出て、病院へ向かう。

    こんなに早く出るのは、抗がん剤治療の時以来かな。

    今日は1年検診。12月22日が手術した日なので、まだ少しだけ、時間はあるのだが、まぁ、そのあたりは置いとく。

    いつもの病院の総合受付の自動発券機に診察カードを入れて、受診票を引っ張り出して、予約を確認したあと、広い病院内を歩いて、生理検査室へ。超音波検査から始まるんだけれど……この部屋がある区域は、薄暗い。脳波検査室のようなところもあるから、静かにしていないとならないし。

    診察開始のチャイムと同時にすぐに呼ばれた。超音波検査はちょうど一年前の、入院前検査でやった時以来だ。あの時は本当に痛くて、苦しくて……大変だったなぁ。

    20分くらいで終了して、そのまま一旦、外来診察棟へ移動。皮膚科での診察。

    慢性蕁麻疹……かなり楽になったんだけれど、でも、まだ痒い。引き続き、薬をもらうことにして、さて、今度は中央採血室へ。いつもの通り、2本の採血。そのうちの1本は、いつもより少し、多めに採血されていた気がする。

    採血してもらった後、しばらく待って、放射線科でCT撮影。ああ、造影剤が怖い。ホントにこれ、何度やっても慣れないなぁ。

    これも無事に終わり、少しふらふらになって(検査のため、朝ごはんは抜き)、ようやく婦人科外来へ。中待合室の長椅子に座った瞬間にうとうと。眠いよー……

    呼ばれたので、診察室に入ると、主治医の先生が、パソコンのプリンターから早速、検査結果を出してくれた。

    「今回も合格。1年め、クリアだ」

    「おおお……よかった…よかったです」

    「うん。でも、ひとつだけ注意ね。ちょっと痩せようか(笑)」

    「あ……(^_^;)」

    前にも話しがあったけれど、今回、改めて言われてしまった。

    見た目はそれほど変わっていないんだけれど、もともと、内臓脂肪の多い体質らしいので……あと、この1年間、運動を控えていたことも大いに影響している。運動ができないのは仕方ないことではあるのだが……単に、食べる量に運動量が追い付いていないのだ。答えは非常に簡単なことだ。

    「一番は歩くことね。といっても、今はなかなか歩いて仕事するってことがないから大変だと思うけれど」

    「食べることも工夫が必要ですねえ」

    「うん。だからといって、モノを食べないっていうのはダメだからね」

    「むー……」

    ものすごい久しぶりに、試してみたい食事方法がある。ちょっとやってみるか。大したことじゃないけれど、難しいことでもないので……

    「先生、本当に今年もありがとうございました」

    「いやいや、あなたはマジメに通ってきてくれるから、僕もホッとしてる。正直、クリアしたといっても、まだ油断できない部分もから、来年も通ってもらうことになるけれど(笑)一年、よく頑張ってくれたと思うよ」

    そういって、先生と笑う。

    笑って話しができるのが、本当にうれしい。去年の今頃は痛くて、苦しくて、怖くて仕方なかったんだから。

     

    次回の予約を取って、お礼を言って診察室を出た。

     

    会計をしてから、正面玄関を出る。

    空気は冷たいけれど、空は晴れている。1年前……どうだっただろ……思い出そうとしたけれど、覚えていない。

    たぶん、空を見ることをしていなかったんだと思う。ずっと、下を向いたまま、歩いていたんだろう。

     

    ああ、よかった、ホントに……

    ホッとしたらおなかが空いたし、処方箋も出してもらったから、院外薬局へも行かないとならない。

    少し考えてから、バスで最寄り駅まで戻った。

     

    まずは安心。

    でも、この先も経過観察は続く。

    posted by: sasayan | つぶやき。 | 17:02 | comments(0) | - | - | - |
    とりあえずは。
    0

      午後、母が最寄りの私鉄の駅に送ってくれるという途中で、地元のラーメンを食べに行った。

      このお店、私が子供のころからある、老舗中の老舗で、決して派手な宣伝はしていないし、流行りの味でもないけれど、昔懐かしい、中華そばというか……私のラーメン好きの原点のお店だ。母の娘時代からあったというから、かなりの老舗だということがお分かりいただけるかと思う。

      「ばーちゃんも、ここのラーメン、好きなんだよねぇ」

      と、私が言うと、母も、

      「そうそう」

      と返事をしてくれる。

      細いちぢれ麺に刻みネギ(地元産よ)、クリーミーなしょうゆスープがたっぷり、お店手作りのチャーシューが4枚(大きさもしっかりあるよ)にメンマ。なんの変哲もない、ふつうのラーメンは550円である。すごいでしょ。

      母とふたりで食べつつ、雑談。

      この先、あと数ヶ月は……頑張らんとならん、自分。果たしてこの先、どうなるか……でも、なんとなく先は見えているので、なんとかなるんじゃないかとも思っている。

      母には迷惑をかけることになるけれど……きちんと、アタマを下げてお願いをした。

       

      新幹線に乗って、東京へ戻る。

      軽井沢を越えて、いくつかのトンネルを抜けると、関東平野。すでに真っ暗。ぽつぽつと、光の数が増えてくる。

      高崎の観音様を通り過ぎ、田んぼと住宅が交互に現れるところを走り抜け、戸田のスポーツセンターの真横を通り、千葉ロッテマリーンズの練習場を見て……鷲のマークの大正製薬の工場が見えてくると、大宮だ。

      大宮のあたりまで来ると、ああ、東京に戻るんだなっていうのが実感として沸いてくる。10数年前までは、通っていた首都圏に、今は暮らしているんだなと……わかる。

      いろんな意味で……変わってきた、この10数年。

       

      東京駅のホームに降りる。

      あ、空気があったかい。マイナス気温の土地から帰ってきたんだもん、当たり前だよな……暖かく感じるのは……

      だけど、私のふるさとは、信州。長野県だ。それは、間違いないことなんだよ。

      離れてわかる、地元の良さ。うん。

       

      自宅マンションの最寄り駅で降りて、スーパーで買い物をして帰宅。

      食事関連も、ちょっと工夫してみようと思っている。とにかく、これは長続きさせないとな。飽きないように、自分でも色々、やってみるつもりだ。

       

      さーて、年末年始は、こっちで過ごすぞー。

      年が明けて、仕事の様子を見て、また実家に顔を出すつもりだ。

      posted by: sasayan | にちじょう。 | 22:56 | comments(0) | - | - | - |
      底冷え…
      0

        実家に来た。

        来たんだが……寒いわー(汗)

         

        首都圏に暮らして10数年、気づけば、寒さは首都圏のほうに慣れてしまったせいか、とにかく、底冷えする……地元。

        足元からくる寒さっていうのは、かながわにはないからなぁ。

        ただし、風の冷たさは、かながわのほうが……首都圏のほうがあるかもしれない。ビル風なんかもそうだし。

        だけど、雪が積もってしまうと、実はあまり寒いと感じなくなるのが、地元の不思議なところでもある。

        雪ってあったかいんだよ〜(マジで)。

         

        実は、実家に戻る前に、久しぶりに善光寺さんに行ってみた。

        JR長野駅から150円バスが出ているので……簡単に行くことが出来る。足の様子さえよければ歩いても行ける距離だが、今の自分には無理……寒さもあったし。

        午後も遅かったので、参道も静かだったけれど、びっくりしたのが、山門の上が解放されていたこと。これはめずらしい。

        少し悩んだけれど、結局は上らなかった(入門料がかかる)けれど、ホント、機会があればこれは上がってみたい。

        境内には、お正月の準備が少し、あったなぁ。お札などを配布しているところにも、戌の絵馬とかいっぱい、あった。

        来年は戌年だぜ……(遠い目)

        あと、インスタ用、twitter用に、手作りの「枠」が置いてあったりして……ああ、外国人観光客も多いんだろうなと思わせるような感じがした。私が乗っていたバスにも、子供を含めた6人の欧米人観光客がいたなぁ。カタコトの日本語で話しかけてきてくれたっけ。

        そういえば、やたらとテレビカメラとか取材班が入っていたけれど、なにかあったのかな?地元のテレビ局や制作会社の名前が入ったカメラ・カバンを抱えて歩いている人がいたな……

        もう12月も半ばだもんなぁ。そろそろ……ラストスパートってところだろうか。

         

        実家に戻ることは母にしか言ってなかったから、父・祖母、弟その2がびっくりしていたっけ。

        特に、祖母。

        「ばーちゃん、ただいまー。ちょっとだけ帰ってきたよ」

        というと、最初はきょとんとしていたが、私だとわかると、ぱああああっと笑顔になってくれる。

        少し前に緊急で病院に搬送・入院した影響で、自分で歩くことが出来なくなってしまった。今は要介護5である。

        耳こそ遠いが、ボケていないので、話しは通じる。

        「おお、おお。けーってきたか(帰ってきたか)」

        祖母の、にっこにこの笑顔を見て、いつも一緒にいる母が、

        「あらまー、かあちゃん(母の母…なので)、うれしいねー。ささなお(仮名)、少し(家に)いるって」

        というと、ご機嫌で私のアタマを撫でる祖母。髪が生え揃ったことを、ちゃんと、確かめているみたいだ(笑)

        まぁ、母に言わせると、さすがに食べる量は減っているそうで……でも、自分の意思ははっきり持っているし、食べることは食べるから、もう少しは大丈夫だろうということだけれど……でも、さすがに年齢考えたら……うん。

        今回、年末の忙しい時に帰省したのは、祖母に会いたかったということもある。一緒に写真撮ったり(祖母はカメラのことをちゃーんとわかっていて、スマホのカメラを向けても反応してくれる)、ゆっくり話しをしたり。できるだけ、そばにいるけれど、うとうと、眠っている時間のほうが長くなっている祖母。それでも、大きな声で私を呼ぶんだよね。

        「そばにいてくれや」

        「はいよ。となりにいるから大丈夫だよ」

        正直、目が離せない状態ではある。が、母も弟も仕事があるから、ヘルパーさんや看護師さんたちの助けを借りている。さらにいうと、父が今は身動きが取れない状態なので(もとからの体調不良もあるが、今は怪我をしてしまったことのほうが大きい……ただいま自宅での療養&リハビリ中。主に留守番と家の周辺のことを担当してくれている)、ヘルパーさんたちの助けというのは本当に大きいのだ。

        家族の協力はもちろん、行政からの力も借りる。これ、本当に大事なことなんだよね。

        今は自分の親の面倒すら見ない人もいるけれど、私は自分の両親、弟その2を誇りに思うよ。本当に。

         

        しばらくは、母の手伝いを兼ねて、実家にいる予定だ。

        posted by: sasayan | つぶやき。 | 23:29 | comments(0) | - | - | - |
        12月だよ、早いねぇ……
        0

          12月2日は、今の病院へ通うようになって1年になる日でもある。

          先日のブログでも書いたように、ホント……もう1年になったのかと……しみじみしてしまう。

          最近は気温も冷え込んできて、だいぶ……傷が疼く。

          おなかをばっさり、切ったので、手術跡がシクシク、じわじわと痛む。

          仕方ないんだが、20数年前の顔面の古傷も含め、身体中が痛い。ああ、トシくったなぁ……(涙)

           

          今の病気……まぁ、まだまだ先は長いんだけれどさ。

           

          今や、ふたりにひとりは罹患するという「がん」。

          改めて思うと、やっぱり怖い病気ではある。

          今は早めに発見すれば、治療できるとは言っても……だ。

          これね……また後日、書くつもりだけれど……本当に、なってみないとわからないことも多いよ。

          言葉にできない、複雑な気持ちっていうのか。

           

          今も……抗がん剤による副作用は出ている。

          抗がん剤治療が終わって半年経っても、まだ残っている。薬の威力はすごいと思うよ……

          私も、いわゆる「がんサバイバー」だ。

           

          自分は大丈夫、なるわけない……って思っている人も多いと思う。

          でも、絶対に大丈夫とは……言えないとも思う、私自身の経験上。

           

          がんにならない家系だから〜なんて言っている人もいるが、主治医のA先生によれば、今はその「がん家系」というのは、あまりアテにならないんだそうだ。

          「なる人はなる」

          と、きっぱり、言われてしまった。

          また、自分自身の不摂生だからとか……私は心ない人から言われたことがあるが……そんなもの、なりたくてなったわけじゃない。

          だれが、こんな病気になりたくてなるものか。

          なってみなきゃわからん、その立場になってみないとわからんだろう。

           

          ……去年の今頃は、怖くて仕方なかったんだ……今よりも、ずっと。

          自分の命にかかわる病気なんだから。

           

          幸い、私は今、こうしていられる。

          それは、S先生や今の主治医・A先生、そして病院スタッフのみなさんのおかげでもあるし、家族や周囲の支えもあるからだ。

          命を繋いでもらったから……

           

          去年の今頃から、ぼちぼちと病気に関する写真をスマホで撮影していたりする。

          それは、消さない。自分への戒め、そして、記録でもあるのだから。

           

          また後日、このことについては書いてみたいと思っている。

          posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:01 | comments(0) | - | - | - |
          1年になる。
          0

            11月1日は、今の病気が発覚して1年になる日。

            去年のこの日に、街の開業医のS先生のところへ行って、ほぼ、病気が疑われたわけだ。

             

            今年はこの日は仕事で、今の時間の定時に上がろうとデスクを整理していたら、SVのIさんが、

            「お疲れ様」

            と、声をかけてくれた。

            「お疲れさまでした。いやー、1年が早いわ」

            と言ったら、Iさん、書類を整理していた手を止めて、私の顔を見て、しばらく考えて……

            「何が?」

            と。私が、単に「1年になるんですよ」と小さく言ったら、ああ、そういえば……と、すぐにわかってくださった。

            「もうそんなに経つんだなぁ。ささやんにとっては、早かった?遅かった?」

            「う〜ん……そう言われると、どちらかと言えば、早かったなぁって思いますね」

            特に仕事に復帰してからの数ヶ月は(笑)

             

            実を言えば、入院⇒治療・療養中のほうが遅く感じていたんだよな。

            なんだか、永遠に感じてしまうくらいに長く。

             

            今年の12月から1月にかけてはきっと、しみじみしてしまうんだろうなぁと思う。

             

            電車を乗り継いで、とある駅で降りる。

            この駅前には毎年、目の前にある木に、商店街の人たちがクリスマスの電飾をしてくれるんだが、去年はそれを見ることが出来なかった。毎年楽しみにしているんだよね、実は。だから、今年は見られるかなと……思っている。

             

             

             

             

            えー、突然だが、来年度の目標。

            体重を減らす(爆)

            いきなりなんだが、ちょっと…この1年、病気のこともあり、そして年齢的な問題もあるんだろう、ホルモンバランスが崩れてきているのか、さすがに体重増えすぎた。まともに動けなかったというのももちろん、ある。

            主治医の先生からは、簡単な運動は許可をもらっているから、まずは歩くこと、だな〜、うん。

            今までは、病気のために、体重が減ることがなかなかできなかったけれど、今度からはちょっと……楽しみにしている。

            ゆっくりやっていくつもりだ。

             

            明日から12月。

            早いよ、うん……もう、あれから1年になろうとしている……

            posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:07 | comments(0) | - | - | - |