Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
待ってました、第4巻。今回は女性キャラ多め♪そうそう、女傭兵・リオンティーヌさん初登場。美しい…そして、とても健気なキャラなので大好きです。
ヴァージニア二等兵さんの描くキャラってみんな魅力的〜!
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

さて、私に彼を操ることはできるのでしょうか…(汗)
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ある日の一場面。
0

    仕事に復帰して1か月半になる。

    まだまだリズムが取れないし、体力も精神面も不安定な状態だけれど、まぁ、なんとかぼちぼち……という感じ。

     

    その日も仕事を終えて、ロッカールームで帰り支度をしていたら、Mさんという先輩も帰り支度をしていた。

    「ねぇねぇ、さっき気づいたんだけれどさ」

    と、声をかけてくる。

    Mさん、私のアタマを見て、髪が随分生えてきたんじゃない?と。

    「一瞬、帽子を外していたでしょ?その時に後ろから見ていて、あ、黒いって(笑)」

    「ああ(笑)」

    今は許可をいただき、医療用キャップ(ワッチと呼ばれるタイプ)をかぶっている。

    たまたま、外していた時の私を、Mさんは見ていたようだ。

    数か月前の、完全スキンヘッド状態の写真を、ちらっとMさんに見せたら、

    「うわ、ホントにスキンヘッドだ。え、まゆ毛もないの?これ、いつの?」

    「今年の6月から7月にかけてですかね。最後の抗がん剤を入れたあとだから……全身の毛が抜けますよ(笑)」

    「へぇ……」

    改めて、驚いているみたい。そのあとにもう一度、写真を見て、

    「尼さんみたいね」

    と、ふたりで笑った。

     

    笑っていられるのがいい。今だから、笑えるんだよね。

     

    帰り道、駅まで一緒に歩いたMさんにも言ったし、何度か書いたけれど、あんなに苦しい思いは……ほかの人にはしてほしくはない。言葉や文章にしてしまうと、どうしても軽く聞こえてしまうのが……どうしても、あの時の感覚を伝えきれないのだけれど。

    もちろん、私だってなりたくてなったものじゃないし、今も再発しないように経過を見ている。抗がん剤だって、身体の中に残っているかもしれない、根本的なものを叩くための治療だ。

    あんなに苦しくても、今後の自分のためだった。

     

    ……再発は絶対にない、とは言えないからね。

     

    この間の血液検査では、問題なくクリアしている。

    来月は手術から1年になるので、いつもの血液検査のほかに、CTとMRI、超音波検査が入ることになっている。

     

    病気とは、怖がらずに、上手につきあっていく。

    それが、1年前、病院のベッドで苦しみながらも、決めたこと。

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 08:29 | comments(0) | - | - | - |
    まぁ、今更なんだけれど。
    0

      この数年、とある一件から、随分と自分自身が振り回されている気がする……自分に、自分が振り回されているみたいな感じだ。

      もちろん、自分が原因の発端になっている部分もあるだろうけれど、でも、今更ながら……話しを聞いてほしいっていうか、こっちの話しを聞いてくれないんだなっていうか。

      まぁ、もう……あきらめている部分もあるけれどね。

      住み分けっていうのも、大事だと思うし。

      私のほうが圧倒的に…周囲に人はいないけれど。

       

      病気療養中に、いろんなことを考えた。

      正直言って、だいぶショックだったなってことも多い。

      あまり、療養中に聞かされる話しじゃなかったなとも思う。

      ま、仕方ないわ……と、自嘲気味に笑ったりしてみる。

       

      なんだかね、ホントに。

       

      自分に正直になればなるほど、周囲から孤立していく。

      たぶん、それはもう、仕方のないことだと思う。

      どうしても……敵を作るほうが多いから。

      まぁ……それを指摘してくれた友人も、自嘲気味に笑っていたっけ……

      「自分も似たようなものだから」

      と。

       

      生きづらいなぁ……

      posted by: sasayan | つぶやき。 | 02:23 | comments(0) | - | - | - |
      少しの間だけでも。
      0

        金曜日、1年ぶりにとあることを再開することになって、実際に再開させた。

        しばらく前に、やはりおよそ1年ぶりに会った友人がいて、その時に、ちょっと……話題になったことでもある。

        随分悩んだし、今も悩んでいるけれど、でも、いつまでも悩んでいても仕方ないし、立ち止まっているわけにもいかないから。

         

        確かに、今も周囲が気になるし、怖い。

        だけどね……自分は自分なんだよ。だから、自分がやりたことをやってみたい。

        そりゃ、もちろん、限度はあるけれど……でも、いちいち、考え込んでいたら前に進めない。

         

        昨日、友人ととあることで、あーでもない、こーでもないと色々話した。

        自分は関わらないからね、なんて言いながらも、なんやかんやいって、

        「やっぱり気になるんだよね」

        と、一緒に考えてくれるところが、この人の優しさというか……うん。嬉しかったんだ、本当に。

        だけど、ホント、不思議な人だからな、この人は。いや、それがこの人なんだけれどね(笑)

         

        1年ぶりの件は、とっても……ハードだった……でも、やると決めたんだから。

        今までとは違うものにもチャレンジするって決めたんだから。

        ……とはいうものの、ちょっとだけ…後悔していたりするけれどね(笑)

         

        帰り道、友人の背中を見ながら、とあることを呟いたけれど、友人には聞こえていなかったようだ。

        「え?なに?聞こえなかったよ」

        今は聞こえなくてもいい。いつか、きちんとした言葉にして伝えるから。

        それまでは、今回の再開させたものをやり通さないとね。

         

        ああ、指関節というか、両手が……痛いわ……

        月曜日が再診だから、その時に、改めて処方してもらわないとなぁ。重要な薬が終わっちゃったからなー。

         

        ……今夜は、少しは眠れるだろうか……

        まとめて眠りたいんだよ……

        posted by: sasayan | にちじょう。 | 21:37 | comments(0) | - | - | - |
        なかなか抜けてくれない痛み。
        0

          抗がん剤治療を終えてから半年ほどになるけれど、未だに副作用が抜け切れていない。

          特にひどいのは、両手首から先の痛みだ。下手すりゃ、手首から先に痛みが走り、手をついて立ち上がるということができなかったり、文字を書く時にペンを持つことがつらかったり、ご飯を食べるときに箸を持つのもしんどい時もある。こうやってキーを打ち込むときも、角度を考えないと悲鳴をあげたり、打ち込むスピードも極端に遅くなる。

          仕事柄、PCを使った仕事なので、ちょっと……この辺り、考えながらやって行かないとならない。幸い、勤務先のみなさんにはご理解をいただいているので、少し甘えさせてもらっている部分もある(ホントにありがたいです)。

          未だに……痛みを緩和する薬などを服用しているなどし、8月から続いている慢性蕁麻疹の薬もあったりして……

          それに、夜もうまく眠れない日が続く。どうやら、更年期というものが来てしまったようで……主治医とも、その関係での相談もするようになった。更年期障害については、手術の関係上、無理やりに閉経してしまったので、近々、来るかな〜とは思っていたのだが……まさか、軽い不眠症から来るとは思っていなかった。精神的というか、心理的な問題も少しあるんだろうな。

          ほかにも、右の指先の痺れ、左脚外側の痺れと麻痺が続いているし、足の裏も少し痺れが残っている。

           

          仕方ないことだとわかっているけれどね……

           

          もうすぐ1年になる。

          12月にはたぶん、再検査が入ってくるだろうなぁ。

          毎度の再診で毎回、血液検査が入っているから、ある程度は今の状態は把握しているけれどね。

           

          ああ、じわじわとおなかの傷……内臓をとっぱらっちまったあたりが痛い……疼くんだよ……

          仕事から帰宅すると、やっぱり疲れているのか、家事などやることをやってしまってから、身体を横にしている時間が長い。

          性格上、せっかちで前のめりなもので(苦笑)、どこかで焦りなどを感じている。早く、前の生活パターンに戻らなきゃ、とか、仕事も元の時間帯に戻さなきゃとか、スピードも戻さないと、とか……

          でも、これについては勤務先のSVのひとりから言われたのだ。

           

          「あなたが病み上がりなのはみんな知ってる。どれだけの病気なのかっていうのも、わかる人にはわかる。大丈夫なんだよ、焦らなくても。すぐになんて、元にもどるわけがないんだよ。誰も今のあなたを叱るとか、遅いとか言わないでしょ?怖がらなくていいんだ(笑)疲れたら休んでいい。それは、ふつうに仕事をしている人たちにも言えるけれど、今のあなたには特に大事なことだし、こうやって、うちの会社に戻ってきてくれただけでも、俺たちは本当にうれしいんだよ。いや、マジで。気にするなっていうと、あんたの性格上、気になるかもしれないけれど(笑)、でも、本当に大丈夫だから。ダメだと思ったら、休む。焦って仕事のスピードも戻すことはない。徐々にでいいんだ。まだ手術して1年にならないでしょう?無理はしない。これ、大事なことだよ」

           

          このSVは男性なんだが、私が職場に復帰するのが遅いことに、とても心配してくださったおひとりだった。

          職場に復帰して1か月経つが……この言葉に、救われた。ホッとしたというか……嬉しかった、本当に。

           

          のんびり行きたい、ホントに。

          なんで、こんなに緊張したり、焦ったりしているんだろう。

          いや、緊張するのは悪いことじゃない。仕事柄、大事なことなんだけれど……でも、うまい言葉が見つからないんだけれど、バランスのとり方の問題なんだろうとも思っている。

           

          あう、こんな時間になっちゃった。

          もう少し寝ていたい……(涙)今度の再診の時、先生に相談しよう……

          posted by: sasayan | つぶやき。 | 04:03 | comments(0) | - | - | - |
          ふと、思い出した…
          0

            昨年、入院しているときのこと。

            手術して2日後かな……個室の病室にいたんだけれど、ずっと身体をベッドに横にしたまま、テレビを見ていた。

            誰もいない病室で、しかも寝ているしかできなかったし、手術後の痛みがかなりきつくて……まだ身体中に点滴の管が通っていたときのことだ。

            NHKのEテレ「みんなのうた」の時間になって、その時に流れて来た曲を聞いた瞬間、

            「あ!」

            と、小さく声を上げた。

            その曲は、私がずっとうたいたいと思っていた曲で、覚え始めたばかりのものだったから。ヴォーカルレッスンで、その曲を練習しようとした直後に、病気が発覚して、結局はレッスンを休止せざるを得なかった。この曲が好きになったきっかけは、まさに「みんなのうた」で初めて聞いたから……この時に放送してくれたのは、リクエストでの放送だったようだ。

            メロディだけは覚えていたので、一緒にうたおうとしたけれど……声が出ない。掠れてしまう。

            「……」

            ボロボロに涙がこぼれた。この曲の歌詞そのものも、私の涙腺を直撃状態なのに……うたえない、掠れる……声に力が入らない。

            それは仕方のないことだと、アタマでは理解していても、どうしても納得したくない自分がそこにはいたわけで。

            「うたえないよ……うたいたいのに」

            と、小さく……呟いて、泣き出してしまったのだ。

             

            うたうことが、自分の中で、大きなウエイトを占めていることに、この時、初めて気づいた。

            入院中もずっと、なにかを口ずさんでいた。

            ああ、うたいたいんだな、自分……と、改めて思ったのだ。

             

            だけど、いろんなことが邪魔をする。

            すごい悩んだし、今も悩んでいる。

             

            あれから、もうすぐ一年になる。

            この先、どうなるかはわからないけれど、でも、少しずつ前に進もうと思って、改めて、その曲の楽譜を探し出した。

            本当のことを書いてしまうと、過去にあった「とある出来事」のせいで、私は譜面を読んでうたうということができない。幼いころはピアノをやっていたから、楽譜を見て弾いていたはずなのに……覚えようと思っても、思い出そうとしても、どうしても……できないのだ(これは、ある程度、お医者様からも指摘されている)。

            だから、私が「うた」を覚えるのはほぼ、耳コピである。

            それでも、リズムをとるには、楽譜が一番で、それだけははずせない。だから、譜面を見る。

             

            うたいたい曲、数曲ある。

            幸い、今のところはその数曲の楽譜が手に入った。今はホントに便利だね。

             

            どうなるかな……

            posted by: sasayan | うたうこと。 | 22:55 | comments(0) | - | - | - |