Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(6) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(6) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版の最新刊です。
表紙に描かれているのは薬師・イングリドさんと、その弟子の薬師見習い・カミラちゃん。カミラちゃんはエーファちゃんの良き友人となります。
また、食の吟遊詩人・クローヴィンケルさんも登場。メインキャラが少しずつ揃っていきますね♪
しかし、またまた不穏な空気が「のぶ」に立ち込めている…この後のお話しには、またヤツが登場するはずです…
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
本当に良かった(号泣)
0

    実家の父、手術。

    少し前から聞いていたので、その日、仕事を終えてから駅のコインロッカーに預けてあった荷物を抱え(ノートPCも含む)、新幹線に飛び乗って地元へ戻った。

    幸い、手術は無事に終わり、一晩のICUを経て一般病棟(スタッフステーションの隣の部屋だけどね)へ移動できた。

    話しをすることが出来て、ホッとして、その日は実家に戻ったのだが……

     

    その日の深夜…午前2時ちょっと過ぎだと思う。

    実家の電話が鳴り響いた。相変わらず眠れず、うとうとしていた私、電話の音で飛び起きて、茶の間に走る。

    電話に出ると、父が入院している病院の担当看護師さんから。

    日ごろの疲れで爆睡していた母を起こして、電話を渡す。

    「血圧が急激に下がって、震えがきているので、今からICUに移動します」

    とのこと。

     

    夜明けを待ち、朝ごはんもろくにとらず、母と私は病院へ直行した。

     

    ICUに行くと、酸素マスクが取り付けられ、苦しそうな父がいた。血圧もかなり低いし、酸素量も多く入れてもらっているみたい。

    自分も経験があるから……わかるのだが……これ、薬を使って血圧をあげているなと思ったら、まったくその通りだった。

    「とーちゃん?わかる?」

    と、声をかけると、苦しいながらもうっすらと目を開けて、こっちを見た父、その目で、ホッとしたのがわかるくらいだ。

    一瞬、涙が出てきたが、でも、ここで泣いてはいかんと自分に言い聞かせ、そこへやってきた主治医のM先生と別室でお話しさせてもらう。レントゲン写真を見せてもらって……今の段階で、正直、どうなるかというのが……ひとつの山場だと言われた。要するに、覚悟してほしいということだ。

    「でも、お父さんも頑張っているのが、僕にはわかります。だから、できる限りのことはさせてもらいます。それが、お約束ですから」

    と、M先生。

    ふっと……私の主治医・A先生を思い出した。同じだ、と思ったから。

    ドクターとしての常套文句なんだろうが、でも、それに気持ちがこもっているか、こもっていないかは……仕事柄、声の響きでなんとなく読み取れる。

    その場で、母がM先生に、

    「この子、娘なんですけれどね……この子も、卵巣がんの手術をして、全摘したんですよ」

    というと、M先生、私を見て、きゅっと表情を変えた。その場にいた若手の男性研修医と、メモを取っていた看護師さんが息をのむのもわかる。

    「そうだったんですか…どちらの病院ですか?」

    「神奈川県なんですけれど、国立S病院です」

    「ああ、有名ですよね。いい病院と伺ってます。ステージは…お伺いしてもいいですか?今は体調はどうなんですか?」

    「ステージはaでした。去年の今頃、抗がん剤治療が終わりまして…今は月に一度の経過観察になってます。まだ後遺症はありますけれど……だから…なんか……」

    と、私が言葉を詰まらせると、看護師さんがそっと、背中を撫でてくれた。

    「お父さん、頑張っていらっしゃるの、わかるんですよね。箇所は違っても、同じ病気ですものね」

    「はい……」

    そのあと、M先生たちに頭を下げて、改めてお願いをしたあとに、もう一度、父のところへ行った。

     

    父がずっと、ベッドの上で言っていたのは、大阪に住む長男のことだった。

    会いたいというのが、痛いほど、わかった。

    しかし、あの西日本の集中豪雨の影響で、弟も身動きが取れず、どうしようもない状態が続いていたのは事実だった。

     

    翌日の昼少し前、長男は家族全員で、病院まで来てくれた。

    片道6時間近くかけて、クルマで飛ばしてきてくれたのだ。

    嫁さん、娘ふたり…そう、私には姪っ子であり、父母には孫……も一緒だ。

    本当はICUには小学生は入ることが出来ないのだが、特別にお許しをもらって一緒に入ることが出来た。

    「親父、来たぞ。悪かったな、遅くなって」

    と、長男……弟が声をかけると、ぱっと目が開かれて、長男の顔を見て……涙がこぼれたのをはっきりと見た。

    この時点で、薬を使わずとも血圧も安定し、酸素マスクもチューブに切り替わり、顔色も随分とよくなっていたが、手術した箇所が箇所だけに、痛く、呼吸も若干、苦しいながらも長男と嫁さんにお礼を言う父。

    「おじいちゃん、来たよー」

    と、姪っ子たちが声をかけたら、いきなり血圧が跳ね上がってアラームが鳴りだした(笑)

    担当していた看護師さん(男性。この病院では男性看護師が大活躍しているのだ)が、少し笑って、アラームを切ってくれた。

    本当にうれしそうな父。

    だけど、ベッドの上にいる父を見て、びっくりしているのは嫁さんと姪っ子ふたり。特に下の子は、びっくりして声も出ないようで……わかるわ、それ。

    それほど長くICUにいることはできないので、一旦、全員で病院内にあるコーヒーショップへ移動して、少し話した。

    現状を見て、弟夫妻は言葉が少なかった。

    母がM先生から書いてもらった、今の状況の用紙を見せると、絶句しているのもわかった。

     

    翌日の午前中、もう一度、病院へ行く。もちろん、弟家族も一緒だ。

    この日は、酸素マスクも完全にはずされていて、血圧もほぼ通常に戻り、顔色が本当に良くなっていて、表情もしっかりしていることに気づいた。看護師さんも、それを教えてくれて、油断はならないけれど、まずは大きな山場を越えたということを教えてくれた。

    「よかった……」

    姪っ子ふたりは、おじいちゃんに…と、御守りを買ってきてくれた。

    「よくなってね、またお話ししてね」

    掠れた声だが、孫からもらったものは大事にしている父、それをしっかり手にして頷いている。その後、少し話しをして。

     

    その後、弟たちは再び、大阪へ戻っていった。

     

    帰りの車の中で。

    「かーちゃん、ホントにごめん」

    「え?なにが?」

    「私、子ども……孫、見せてあげられなくて……まぁ、年齢考えたら、もう難しいというのはわかっていたけれどね…」

    というと、母、一瞬、黙って、でも、すぐにこう言ってくれた。

    「いいんだよ。あんたは。あんたは自分の命を優先したんだ。それだけで、お父さんもお母さんも充分。バカだねぇ」

    と、アタマを撫でてくれた。

    涙が止まらなかった。

     

    もうしばらく、実家にいる予定だったけれど、日に日に、父の様子が少しずつ回復へ向かっているということもあり、また、M先生からの進言もあったし、私自身も再診が待っているので、一旦、かながわに戻ってきた。

    なにがあったら、絶対に連絡してくれと、家を守ってくれている末弟と、母には言ってある。

    戻ってきた翌日、母からの連絡。

    なんと、ICUから一般病棟へ移動することができたんだそうだ。びっくりした、これには……

    もちろん、油断はしていないが、病院嫌いの父も、さすがに今回ばかりはきちんとM先生と看護師さんたちの言うことを守り、少しずつ、前向きになっていっているらしい。いいことだ。手術した日から固形物を取っていない父だったが(点滴で補っていた)、ようやく、おかゆを少し、口にすることが出来たそうだ。

    うん。少しずつでいい。

     

    また、父と話しがしたい。

    今度、帰ったら一緒に写真、撮ろうと思っている。

     

    とりあえず、大きな山場を越えてくれたことに、感謝。

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 21:57 | comments(0) | - | - | - |
    色々と考えないとならないことも増えてくる。
    0

      今週は、ちょいと実家に顔を出しに行く予定。

      色々……考えないといけない時期であることは確かだ。

       

      去年の今頃は、まだ療養中で、かながわのマンションと実家を行ったり来たりしていた。

      今年は仕事を再開したので、実家に戻る回数は、ぐっと減ったけれど、メールなり電話なりで連絡をとることはそれほど変わってはいない。

      実家の父の容態も心配だし、母も決して若いわけじゃない。

      家の一切合切をすべてを末弟に任せてしまっているうしろめたさと申し訳なさというのもあるのだが。

       

      この先、実家に戻るかどうかは、まだわからない。

      それぞれに生活はあるわけだから。

      いろんなことを鑑みて、周囲も考えながら、いろんなことを考えていかないとならないんだよなぁ。

       

      人より、少し遅れているだろうけれど、確実に、自分にもそういう時期はきているわけだ。

      posted by: sasayan | にちじょう。 | 08:22 | comments(0) | - | - | - |
      梅雨明けしちゃったよ。
      0

        関東甲信、梅雨明け宣言。

        今年はあっという間に梅雨明けしちゃった感じ。

        雨も決して多くはなかったから、節水の夏になるかなーって思っていますが……どうなんでしょうね?いきなり、短時間で大雨が降ることも近年は増えていますから……ねぇ……

         

        とにかく、暑い。

        去年の今頃は、抗がん剤治療の副作用でスキンヘッドだったなーと思い返してます。

        まぁ、仕方のないことではあったけれど、あのスキンヘッドの心地よさが忘れられないのも事実で(笑)、髪ってホントに暑いのよねって思ったりも…まぁ、スキンヘッドはお手入れが大変だけれど。

        当時の顔は、スマホに撮影済み(笑)。ホントに見事に毛髪も、まゆ毛もまつ毛もない状態なんですよ。

        おかげさまで、今はワッチキャップをかぶらなくてもいいくらいに、髪が揃いましたし、まゆ毛もあります。まつ毛もほぼ、戻ったかな。ニンゲンってすごいよなーって思ったりもします。ホント、すごい。

        まだ、手足の痺れや痛みは残っていますが、歩く時のスピードは、罹患する前のものにほぼ、戻っていると思います。

        小さな杖は手放せませんけれど……(いきなり膝の力が抜けることがあるからです)。あ、走ることは、まだできません。

        まだまだ様子を診ている途中ですからねぇ。

         

        ああ、しかし、これから暑い日が続くのか……やだなー……

        夏の暑さと湿度の高さには極端に弱いので、ホント、うんざりしてしまう自分がおります……

        posted by: sasayan | にちじょう。 | 22:38 | comments(0) | - | - | - |
        のんびりできる。
        0

          今や、ネットゲーム、スマホゲームも普通になりましたね〜。

          でも、私はあまりゲームをやらないんですが……が、最近、スマホゲームでのんびり、楽しんでいるのが、任天堂「どうぶつの森ポケットキャンプ」(ポケ森)です。

          難しいルールもないし、誰かと競争するわけでもないので、私には向いているんじゃないかと思って……最初にリリースされたときからずっと、やっております。

          実際、のんびり……マイペースでやっておりまして、現段階ではキャンパーレベル96。

          招待するどうぶつさんたちも、少しずつ増えていて、今は85匹……かな。躍起になってやるものでもないでしょうから、本当にのんびり、楽しんでいます。

           

          アバターで自分のキャラを作るとき、かなり悩みましたが、とりあえずは自分に似ているキャラを……でも、こんなにかわいくないけれどっていう感じになっています(笑)

           

          のんびり、ゆっくり……これがまたね、いいんですよね〜(^_^)

          スマホだけじゃなくて、本当はニンテンドーDSのシリーズもやってみたいんだけれどな。

           

          通勤途中で、ちらっとスマホを取り出して、様子を見て……

          電車の中では基本、文庫本を読んでおります(時々、コミックスも)。

           

          そういえば、また新しいイベントがあるみたいね、ポケ森。

          毎月イベントがありますが…よく考えてあるなぁと思っています。

          posted by: sasayan | にちじょう。 | 08:05 | comments(0) | - | - | - |
          どうしていいのか。
          0

            凹み具合は相変わらず。

             

            一番尊敬していて、一番大好きな人から言われたことを、未だに引きずっている。

            まぁ、言ったご本人は、今の状況を考えれば、それどころの話しではないとは思っているし、それはそれでそれぞれのことだからというのは、私も充分、理解している。

             

            しかし、今度、顔を合わせた時に、何の話をすればいいのか……

            どんなことを話しても、違和感しかないような……どんな顔をしていればいいのか。

             

            違和感はぬぐえない。

             

            私は、ビジネスライクという言葉が大嫌いだ。

            でも、それを人に押し付けるのは間違いだというのもわかってる。

            だからこそ、今度、顔を合わせるときに、どんな顔をしていいのか、どんな話をしていいのか……

             

            前回も、私が話したいことと、相手が考えている事の齟齬があって、それを訂正させてもらおうとすればするほど、なんだかドツボにハマってしまって、結局、言葉がなくなって黙り込んでしまった。

             

            少し前にも書いたが、私にやんわりと言ってくれたあの人にいちばん、言いたいことは……心の奥底にしまっている言葉は、絶対に言えない。

            それを言う時は、私に万が一のことがあった時だと、自分は思っている。

             

            どうしたものかね……

            このやり場のない、例えようのない気持ち。

             

            思いっきり泣きたいけれど……

            泣いてもいい相手がいれば、声を上げて泣きたいけれど。

             

            本当のことを言えたら、どれだけ楽になるか。

             

            でも、世の中、そんなに甘くはないよなぁ……

            posted by: sasayan | にちじょう。 | 08:06 | comments(0) | - | - | - |
            めずらしく。
            0

              町田駅前の、フレンチレストランへおでかけ。

              こちらのお店は何度も前を通っているけれど、入るのは初めてです。

              今回は、とあるブロガーさんにお誘いを受けての夕食会。

              ふだん、ひとりで食べ歩き・飲み歩きしている私には、非常にありがたく、めずらしいことではありました。

               

              初めましてのごあいさつのあと、スパークリングワインで乾杯。

              お料理は食通のみなさんにおまかせ。

              これがまたなかなか……ひとりでは食べないであろう、モダンなフレンチが……アミューズグール(前菜)も、5人分がたっぷり、盛られたものが出されました。なかなかの迫力。そして、おいしそうなのですよ。

              あっさり、さっぱりした味付けは、いかにもって感じがします。

              ワインは、ワイン通がおりましたので、色々、出してもらいましたが、最後にいただいたのが、口の中にドスンとくるというか、少し重い感じの赤ワイン。ずしっときましたね……私が今まで飲んだことがないタイプでした。

              スズキのソテーは、あっさりしたスズキに、まったりソースがよく絡んで、これがまたおいしい。

              一緒に出していただいた、お店の方の手作りフォカッチャ(パン)も、すごくおいしくて、香りもよくて……

              パスタもニョッキもおいしくて、最終的にはかなりの量のアルコールとともにおなかいっぱいになりました。

               

              私ひとりじゃ、まず食べに行かないなぁ。

              それでも、ランチタイムはそこそこのお値段で、おいしいものが食べられるとのこと。

              機会があれば、行ってみたいと思います。

               

              ディナータイムは予約必須のお店ですよ。こぢんまりしたお店なので……

               

              駅から本当に近いので、便利だと思うし、スタッフさんも気の利いた方が多いので、安心していただけます。

              おススメのお店です。

              posted by: sasayan | にちじょう。 | 02:30 | comments(0) | - | - | - |
              一難去って、また…
              0

                実家の母と電話。

                100歳の祖母を見送って半年、母も少しは落ち着いた感じがするのだが……今度は、父の調子があまりよくないときた。

                もともと、ここ数年は父もめっきり、体力が落ちてしまい、とある病気にも罹患してしまったのだが、今回はその中でも一番の山場になるかもしれない。

                といっても、すぐに云々というのではないのだが……来るべき時は来るだろうという「覚悟」は、必要なんだと……思っている。

                母が、ようやく話しをしてくれたので……まぁ、私が予想していたのが的中してしまったのだが……

                 

                でも……まだ……どこか……

                いや、認めたくないんだろうなぁ、私の中で。

                 

                わかってはいるんだけれど、ね。

                 

                詳しいことは、週末になりそう。

                ああ、自分も再診があるんだわ、そういえば。

                posted by: sasayan | にちじょう。 | 22:17 | comments(0) | - | - | - |
                困ったもんだ…
                0

                  大事なメールを送信したのに、なかなかお返事が来ないことがある。

                  様子を見ているんだけれど、なにせ相手のあることだから……これも、距離感というか、いつ、催促のメールを出そうかと悩ましいところがあったりするんだよね。

                   

                  これが一度や二度じゃないんだから、困ったものだ。

                   

                  自分のことを中心にして考えるなと言われるかもしれないが、こればかりはこちらも大事な要件をメールしているんだから、早めにお返事をいただきたいというのが心情である。

                  こちらにも都合というものがあるわけで……念のためにと思って、時間に余裕をもっているから、まだなんとかなるけれど。

                   

                  自分もメールをいただいたら、内容にもよるが、最低でも翌日か翌々日にはお返事を出すように心がけている。

                  今は、幸い、電子メールがあるからいいようなものの……電話が通じない相手だから、なおさら困っている。

                   

                  おーい……

                  早くお返事、くださいなー……

                  posted by: sasayan | にちじょう。 | 00:17 | comments(0) | - | - | - |
                  さてさて。
                  0

                    勤務先の契約更新、改めて完了したので、ホッとしているところだ。

                    10月頃には、なにやら少々、めんどくさいことになりそうだけれど、まあ、このあたりはなるようにしかなるまい……派遣法っていうのは、本当に落ち着かないなぁとも思っている。

                    そもそも、まだ本格的に仕事へ復帰しているわけではないのだ。

                    10か月で職場復帰したのは、次期尚早だったという気持ちも、少しだけ持っている。

                    でも、仕事しないとね〜、生活できないからね〜……だいたい、今は生活が成り立っていない状況でもあるのだから……まぁ、ぼちぼち、いこうと思っている。

                     

                    表向きは元気を装っていても、やはりしんどいものはしんどいのだ。

                    でも、自分の体調は自分で管理しないとダメ。

                     

                    カラ元気を出すのも、疲れるのよ(苦笑)

                    posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:09 | comments(0) | - | - | - |
                    お互いに。
                    0

                      「やっほー、久しぶり」

                      という文面とともに、むちゃくちゃ久しぶりな、遠方の友人からメールがやってきた。

                      モータースポーツファン仲間で、かつては一緒に鈴鹿サーキットでのF1観戦などで一緒の宿に泊まり、遊んだりなんだりした……少し年下の女性だ。

                       

                      彼女はいつも元気だ。

                      …なかなか壮絶な過去を持っているのだが、でも、それすらも明るく話しをしてくれる……私が、自分の病気のことを隠さない理由は、彼女の影響も強いといってもいいかもしれない。

                      というのは、彼女も若い時分から「がん」と戦っていて、私が罹患したときに、最初に思い出したのが、この彼女のことだった。特に彼女の場合は、あちこちに転移してしまう、特殊といってもいいかもしれない……そういう進行性のがんである。だけど、彼女はそれすらも、自分のパワーに代えていたような気がする。

                       

                      しばらくご無沙汰していたけれど、本当に久しぶりにメールがやってきた。

                      短い文面だったけれど、それによると、彼女、またまた抗がん剤治療に入るらしい。

                      「え……」

                      身体中に転移しているみたいで……

                      「なんで……」

                      メールを読んでいて、ボロボロと涙がこぼれた。止まらない。

                      これを打ち込んでいても、涙が止まらない。

                       

                      「ささちゃん、ブログ、読ませてもらってる。色々大変だったと思うし、今もまだ大変だと思う。でも、お互いに、ぼちぼち、いこうぜ!……私は、来週から、抗がん剤治療、また再開するよ」

                       

                      大変なのは、彼女自身のはずなのに。

                       

                      でも、文面から、彼女の声が聞こえてくるような気がして……嬉しいけれど、でも、あの抗がん剤治療の苦しさを思い出してしまって……なんだろう……この気持ち。

                       

                      Iちゃん、ありがとう。

                      そして、あなた自身、いつも前向きでいられる、その強さが、とてもすごいと思う。

                       

                      うん。

                      お互いに、顔を上げていこうね。

                       

                      どうか、彼女の抗がん剤治療が、無事に終えられますように……

                      posted by: sasayan | にちじょう。 | 10:24 | comments(0) | - | - | - |