Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版の最新刊です。
この巻で主要登場人物がほぼ、揃ったことになるのかな?
「のぶ」最大の敵(笑)ダミアンが、またまた店に襲来。まぁ、最後は白狐様の怒りを買って「神罰」が下されますが、自業自得ですね〜。
「魔女」こと、イングリドさんを捜していた、「大司教」=ロドリーゴさんもようやく、姿を見せてくれましたし、アルヌはついに家督を継ぐと宣言、その御披露目式も「のぶ」で行われ、錚々たる顔ぶれが店に揃います。
人が人を呼び、身分関係なくおいしいものをおいしいと言って食べて、楽しめる、あたたかい店、それが「のぶ」。みんな、この店が大好きなのです。
信之さんとしのぶちゃんは、改めて、古都に店が繋がったことにしみじみ、しているようです。
キャラ原案・くるりさんのイラストを基にした、ヴァージニア二等兵さんの描くキャラクターたちが、本当に素敵で、何度呼んでも面白い♪
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ようやく。
0

    主治医からも許可をもらっているので、葛根湯を服用した。

    できるだけ、初期段階で治したいので……

     

    でも、体力的には……病気に罹患する2年前には戻れないのは、よくわかっているつもり。

    だからこそ、労わってやらんとならんのだ……

     

    ふたつの病気を抱えているニンゲンとしては、もうこれ以上は勘弁だからね。

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 22:19 | comments(0) | - | - | - |
    しんどい…
    0

      眠れん…

      吐き気もある、頭痛もする。

      かぜだというのはすぐにわかったのだが……いやー、しんどいわ。

       

      吐き気はそれでも、うとうとと……数時間ほど眠って治まってくれたんだけれど、頭痛だけはまだ残ってる。

      とにかく、かぜの引き始め。頭痛と吐き気があるので、お風呂はキャンセルして、額を少し冷やし、水分補給しつつ、身体そのものを温めながら身体を横にするのが一番。

      CPAPを装着していることも関係しているのかな……吐き気は、ホントにラクになった。頭痛も、最初よりはずっと、ラク。酸素不足になると頭痛が起こると言われているのはホントだなって実感している。

       

      とにかく、寝よう。

       

      ……寝られれば、の、話しだが……

      posted by: sasayan | にちじょう。 | 03:07 | comments(0) | - | - | - |
      うわ!
      0

        CPAP治療を始めて1か月ちょいが過ぎた。

        毎晩、鼻マスクを装着して寝るのも慣れてきて、データを読み取るのも毎日の日課になっている。機械の表面にある画面で簡単に読み取ることが出来るので、これはありがたい。

        最近は加湿器も取り付けた。よくできている機械だな、ホントに。ちなみに、加湿に使っているのは、高純度精製水。水道水ではカルキ臭があるし、使っているうちに白い汚れがこびりついてしまうとのことで、精製水を使っている。精製水……ドラッグストアだと、どうしても500mlのボトルしかない。いちいち、それを購入するのもめんどくさいな……毎日使うものだし、乾燥も気になってくる時期なので、今月からは、20LのハコものをAmazonさんで購入する予定だ。ついでなので、部屋の加湿器にも使おうと思っている。

         

        で……

        最近になって気づいたのだが、このCPAP、1時間の間にどれだけの空気を送り込んでいるんだろうと思っていたら、私の場合は平均で1分間に14Lの空気が送り込まれてくるらしい(その日によって若干の差はある)。

        2年前(もう2年前になっちゃうのか…)に、全摘手術した直後にICUに放り込まれたときにも、酸素マスクをつけていたが、あれもかなりの量が強制的に送り込まれてきた覚えがある(あれはあれで、めちゃくちゃ苦しかった……)。

        ニンゲンの呼吸って、すごいものがあるな〜と、改めて思っちゃうね。

        ちなみに、私が使っているCPAPは、空気圧が自動調整なので、マスクを取り付けて、私が寝入ったことを感知してしばらくすると、自動的に上がったり下がったりしているようだ……本当によくできている……在宅医療機械ってすごいね、本当に。

         

        これを使ってから、体調が少し、ラクになったのは確かだ。

        めんどくさいとかいう人もいるようだが、やはり自分の生命を守るためでもある。

        きちんと手入れをして使ってあげようと思う。

         

        そういえば、呼吸器科の先生が言っていた。

        「睡眠時無呼吸症候群は、終わりがない治療だと思って、毎日続けてくださいね」

        と……今は、自分の体調と相談しながら、食事も緩〜く糖質制限を続けている。これも、体調が少しラクになっている理由のひとつかもしれない。

         

        あ、持ち運び用のカバンに「精密機械」のタグをつけてあげよう……自分でタグを作ろうと思っている。

        今はそういったものを簡単に作れるグッズもあるからねー。

        posted by: sasayan | にちじょう。 | 21:22 | comments(0) | - | - | - |
        最近の食事のこと。
        0

          先月末から始めた、CPAP治療と同時に始めたのが、ゆる〜い糖質抜きダイエット。

          もともと、食べることが好きなので、どうしても食欲を満たすために大量に食べてしまう悪癖があるのだが、さすがにこれではまずいと…まぁ、ウォーキングも、この10か月くらいはできるときには続けているし、なるべく身体を動かすようにはしている。

          手足の痺れや痛みが取れないので、無理はできないのだが、それでも、歩く距離は、昨年にくらべて格段に増えた。

          歩く時も、強弱をつけたりする。心臓に軽く負荷をかけないと意味がないと教えてもらったので、出来る範囲で……ということにはなるけれどね。

           

          私の母は、年齢の割には、背筋も伸びているし、元気があると思っている。

          本人の努力もあるのだろうし、体質もあるんだろうけれど、体重が若い時からあまり変わらないそうだ。いわく、40kg台の後半を、ずっとキープしているとのこと。増えても50kgを少し超えるくらいだそうで……(身長は150センチくらいである)。あと、若い時から身体を動かすのは好きだったそうで、学生時代には陸上やら器械体操やらをやっていたこともあり、今もかなり股関節などが柔らかい。うらやましいくらいに柔軟なのだ。

          で、よくよく考えてみると、母、あまり「白飯」を食べない。パンは好きだから、糖質を完全に食べないわけではないのだが、食べる量が極端に少ないんだよな。でも、野菜(特に根菜類)とか、魚介類などのたんぱく質は、きちんと摂取していることに、今になって気づいた。

          私や弟たち(ふたりいる)は、基本的には好き嫌いなく食べるように育てられた。

          子供の頃(特に食べ盛りのころだね。小学生〜高校くらい)、弟ふたりがいると、どうしても競争するようにして、食べる。だから、私は今も同じ年齢の女性に比べると、食べる量は多いんじゃないかと……まぁ、2年前の手術以来、分量はガクッと減ったのは確かなんだが……でも、食べると思うんだよね。

           

          運動量はどうしても少ない。これも、よくないことのひとつ。

          まぁ……今の状況ではどうしようもないこともある。

           

          そこで、考えたのが、食べることは辞められないけれど、何かを節制することはできるんじゃないかと……思い切って、夕食に白ご飯を食べることを辞めてみることにしたのだ。つまり、おかずだけ。その代わり、朝夕には、白ご飯(またはパンなど)は、食べる。

          あと、長い治療中の生活で気づいたのが、食用油の使い方。

          2年前の入院・手術の時などの食事を考えてみると、食用油が非常に少ない使われ方をしていることにも気づく。このあたりは管理栄養士さんなどの賜物なんだろうが、やってやれないことはないだろうと思ったのだ。

           

          モノは試し。

          色々やってみようという気になったのも確か。

           

          とにかく、せっかちな自分、どうしても結果を急ぎがちなんだけれど、今回ばかりは……特に減量に関しては、もう長い目で見ていくしかない。年齢的にも無理は出来ないし。

           

          でもね、うれしいことに、CPAPを始めて3週間めに、呼吸器科の先生のところで体重を計測したら、最初に計測した時よりなんと2垓瓩、体重が減っていたのだ。

          CPAPを始めたことにより、無呼吸・低呼吸の回数が激減、それによって夜も眠れる時間が増えたし、カラダが休んでいるということにもなる。また、副交感神経への酸素供給量なども少しずつ良くなってきているそうで、これが今までの体質への「いい影響」が出てきているんだそうだ。

          確かに、まだ眠りが浅いというか、寝つきが悪いので、主治医のA先生から処方してもらった導入剤のチカラを借りることはあるが、朝、起きた時に、だるいなっていう感じがあまりしなくなっている日が増えている気がする。

          「睡眠時無呼吸症候群の人が、しっかり治療していくと、人生変わりますよ、本当に。記憶力も鮮明になってくるし、身体も軽くなることが、少しずつわかると思います。しっかりした終わりがない治療でもありますから、頑張って続けましょう」

          と、呼吸器科のT先生が笑ってくれたことを思い出す。

           

          まずは減量8kgが目標。

          食事、そして治療を、A先生やT先生からご指導いただき、ゆる〜く、長く、続けて行こうと思う。

          posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:55 | comments(0) | - | - | - |
          カゼをひかないように…
          0

            今の病気に罹患し、抗がん剤治療をしていた時から、主治医に言われていることがある。

            「カゼをひかないようにすること」

            これ、まぁ、ふつうに生活していてもできれば避けたいものではあるけれど、抗がん剤治療中は、特に免疫力が低くなる「骨髄抑制」期間中が一番怖くて、怪我をすることもできなければ、カゼもひくことが許されない。

            というのは、怪我をすると「血が止まらなくなる」し、体調を崩せば治療が途中でストップしてしまうことにもなりかねないからだ。これの恐怖と、ずっと、戦ってきている。

            今は抗がん剤治療からだいぶ経っているし、腫瘍マーカーも落ち着いてはいるのだが、やはり完全には、免疫力は戻っていない。そこそこ、体調がよかった、あの頃には戻れない。だから、今も体調を崩すのは出来れば避けないといけない。

            しか〜し……カゼを引きたくなくても、やっぱり、だるくなることはあるわけで……(汗)

             

            「あ〜……ダメだ、こりゃ」

            とうとう、仕事帰りのある日、電車の中でかなりのだるさを覚えた。

            よれよれになって駅を降りて、マンションまで辿り着く。うがいをして、手洗いをして、着替えて……でも、だるさは抜けない。

            冷蔵庫にあるモノやら、キッチンにあるものをしばらく見て、具沢山の味噌汁をつくることにした。幸い、翌日はシフト休みだ。

            お湯を沸かし、具材を刻んで、出汁を入れて、味噌を溶いて……最後に取り出したのはニンニク。ひと欠片、すりおろして、出来上がった味噌汁の中に溶いて入れる。

            「おお、すごい匂い」

            とはいうけれど、決して嫌な香りではない。ニンニクの独特の香り。

            ここしばらく、ゆる〜い糖質抜きダイエットで、夕食には、白ご飯を食べないようにしているので、温野菜と味噌汁で夕食だ(そもそも、私の夕食は仕事から帰宅すると、22時を越えてしまう……)。

            「ん〜……」

            鼻から抜ける独特の香り。でも、具沢山にしたので(ジャガイモとニンジン、わかめにもやしまで入ってる)おいしい。ああ、やっぱり、味噌は信州味噌だよねぇ。身体があったまる感じがしてきた。

            食べ終えたものを片付けたり、その他こまごましたことを済ませてから、CPAPを装着して、おふとんに入る。

            ありがたいことに、私が使っているCPAPマシンには「加湿機能」というものもついていて、付属の加湿器に精製水を入れて、セットすると、自動的にその加湿器が稼働して、鼻マスクから緩く潤った空気が、鼻の気道を通り、喉の奥まで送り込まれてくるのだ。その加湿の度合いも、自分で調整できる。今はとりあえず、最低限のメモリに合わせておいた。

            眠りが浅いのは相変わらずなので、処方されている薬のチカラも借りて、なんとか寝ることに……

             

            翌朝。気づいたら9時ちょっと過ぎ。よく寝ていたな。

            「お?」

            だるさはとれてる。気分も悪くはない。

            特にCPAPを始めてから、目覚めも決して重苦しくないのも確かだ。

            起き上がり、装着してたCPAPのヘッドギアを外す。液晶画面で確認すると、低呼吸・無呼吸の数が1時間の間に3回くらいまで激減している。ホント、これについては劇的に改善されている。

            だるさがないのは、嬉しかったな。どうやら、ニンニクと具沢山味噌汁は功を奏したらしい。身体を温めて寝るというのは、本当に大事なことで、さらに睡眠の質というものも大きく関わっていることを、実感している。

             

            空気が乾燥してくるこれからの季節、とにかくカゼをひかないこと、体調を極端に崩さないようにしないと……

            あー、室内用の加湿器、今年は買い直そうかなぁ……

             

            posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:06 | comments(0) | - | - | - |
            やっぱり、大切よねぇ。
            0

              仕事柄、お客様からのクレームも受け付けるわが部署。

              最初に電話が入る部署でもあるので、場合によってはクレーム処理などを受け付けなければならない。

              仕事だから、そのあたりは仕方ないにしても、やっぱり不思議に思ってしまうことも多々、ある。

               

              日本人は、なんでも低価格、もしくは無料でサービスを受けられるという考えが強いと思う。

              私も、もう少し若いころはそういう気持ちがあった。

              でも、サービス=タダ、というわけではない。

              それらに見合った料金なり代価を支払って受けるものが「サービス」なんだという考えになったのは、社会人生活を始めて、数年経った頃だった。

               

              今の仕事も、年会費というものをお客様からいただいて、その中でサービスを提供するという仕事。

              ロードサービスなんてのは、本来、何もなければそれでいいわけだが、そういうわけにもいかない。

              で、やはり利用していただくには「利用約款」……つまり、ルールに則っていただく、というのが大原則になる。

              このあたりで、時々、お客様との「攻防戦」になることがある。

              出来ること、出来ないこと……その線引きが非常に難しい部分があるのも事実だ。

              解釈の違いというのもあるし、そのあたりの説明をうまくお話しするのもオペレータの話術のひとつになると思っている。

              ある意味、テレオペっていう仕事は「技術職」みたいなところが大きい。特に、今の仕事に関しては、技術系の話しがどうしても不可欠になってくる。だが、私たちテレオペは自動車整備士の国家資格を持っているわけではない(実はいたりするのだが、絶対数は少ない)。それでも、着台するまでに、2か月近い座学やOJTを経て、仕事に就く。私自身はクルマ・バイクが好きだから、ある程度は予想がつくし、自分も運転免許を持っているから、簡単なトラブルであれば、どうしてそうなるのか…というのも、なんとなく想像がつく(バッテリー上がりとか、走行中のエンストなど)。

              今の仕事、いっちょ前にひとりで受電できるようになるには、最低でも3か月はかかる(経験上)。

               

              利用していただくには、ルールに則ってもらう。

              これは、どんなサービスでも「あたりまえ」のことのはずだ。

              出来ること、出来ないこと……これがねぇ……本当に……なかなか大変なのだ。

               

              確かに、利用約款なんぞ、細かくて読んでいられるか!っていうのもわかる。

              でも、今はネットで公式サイトなどもあるし、利用するのであれば、こちらのルールに従ってもらわないとならない。

              それに、ルールっていうのは、いつも同じとは限らない。

              長い年月の中で、少しずつ変更されていくものでもあると思う。

               

              まぁ、前はできても、今はできないってのもおかしいという話しもあるのだが……でも、ルールは変わるからね……

               

              今日は、ちょっとしたことで30分ほど、お客様との攻防戦を繰り広げ、最終的には、ご了承いただけた部分とそうでない部分があって、上司と色々話しをして、なんとかその場は収めることができた。

              私が出来ることはきっちり、やってから、上司に引き継いだ。その後、どうなったのかと聞いてみたが、電話の向こうのお客様はまだ、怒りが収まらなかったらしい。

              「まぁな、わからんことはないんだがな……こちらもルールがあるからねぇ」

              とは、上司のボヤキにも似た呟きだった。

               

              出来ないことは出来ない。

              それを、きっぱり、やんわりと説明し、お断りする話術。

              ホントに難しい。

              何年やっていても、難しい。

              posted by: sasayan | にちじょう。 | 20:11 | comments(0) | - | - | - |
              色々、便利な機能が…
              0

                最近は、出勤前の朝ごはんや、休みの時の食事は自炊することが多くなった。

                それだけ、手の痺れや関節の痛みがようやく楽になってきたということもあるのだが(日によって、差があるけれどね)、自炊の楽しさが、ちょっと思い出されたのも確かだ。

                 

                で、去年、療養中に思い切って買い換えたもののひとつに、炊飯器がある。

                それまで使っていた炊飯器は、とある方からいただいたもので、基本的な機能しかついていなかった。まぁ、基本的な機能だけでも充分なんだけれどね。

                さすがに10年以上、使っていて、炊き加減もなんとなく悪くなってきたので、思い切って新品に買い替えたのだ。

                今の炊飯器ってすごいね〜。いろんな機能がついてるんだもん。買い換えるときに、いろんなメーカーのものを見比べたけれど……

                あまり低価格のものを購入するのもナンだし、かといって高いものは必要なし。炊く量だって、それほど考えなくてもいいし……と、散々考えた末に購入したのが、象印さんの炊飯器だった。3合炊きだけど、厚釜で、しっかりしてる。

                 

                さて……その炊飯器は、療養中にも活躍してくれたのだが、あえてふつうにご飯を炊くだけに限って使っていたんだけれど、実はいろんな機能がついてる。

                で、今、少し体調不良というか、風邪っぽい。

                「……おかゆ…」

                そう、おかゆさんが食べたいなって思って考えてみたら、その炊飯器には「おかゆモード」っていうのがついていたのを、すっからかんに忘れていたのだ。

                お米を研いで(お米は実家産。そろそろ新米も届く予定)、説明書通りに多めに水を張り、炊飯器にセット。「おかゆ」に矢印を合わせて、スイッチオン。意外と時間がかかる……まぁ、鍋でイチから作ることを考えれば、同じようなものなのだが。

                 

                出来上がりを知らせる音楽が鳴る。

                「お〜、ちゃんと、おかゆさんだわ」

                確かに、出来上がっている。

                刻みネギをぱらっとのせて、細かく刻んだ梅漬けを添えて…はい、典型的な、基本のおかゆさん。

                あまり塩分を摂り過ぎないように気を付けないとならない。

                 

                おかゆさんは、ダイエットにもいいという。

                ちょっとこの先、おかゆさんをマイレシピに加えようかと思っている。色々、アレンジもできるみたいだし……おもしろそうだ。

                 

                本格的な風邪をひくことは許されない体調ではあるので……(ええ、罹患している病気の影響もあるのよ)

                とにかく、早めに対処。

                しっかり食べて、暖かくして寝る。これが一番。

                posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:43 | comments(0) | - | - | - |
                無題。
                0

                  なんか……すごい凹んでる。

                  カラ元気を出してみても、すごいむなしい気分だし、惨めな気持ちになるだけ。

                   

                  必要のない人間だったのだろうか……

                  posted by: sasayan | にちじょう。 | 09:56 | comments(0) | - | - | - |
                  利用しないともったいないよ!
                  0

                    少し前のことなんだけれど、派遣元の営業担当と話しをしていて、話題になったことがある。

                    それが、病気で休職する時とか入院時、医療費が高額になった時のことなのだが……

                    私は病気が発覚してから時間がドタバタしていて、手続きが後回しになってしまったことも多々、あるのだが、意外と知られていないっていうか、せっかくあるのに利用されていない社会保険制度っていうのがある。

                    それが、高額医療費制度と限度額認定申請書。そして、長期療養・休職中に使える傷病手当給付金だ。

                    仕事している人はたいてい、社会保険に加入していると思うのだが、これを利用しない人もいると営業担当から聞いた時、

                    「え、本当ですか?」

                    って声に出して呟いてしまったくらいだ。

                     

                    詳細は、それぞれの会社の健保組合や社会保険担当者などに聞いてほしいのだが(場合によっては健保組合がサイトを持っているところもあるので、要チェック!)、簡単に説明すると、その前の年の収入額によって、支払われる金額などにはルールがあるんだけれど、高度医療費制度と限度額認定申請書は、必要な用紙に書き込みをして健保組合に送付、認定されると数日のうちに手元に郵送されてくる。

                    これを病院の窓口に提出すれば、医療費を支払う時の金額がグッと楽になる。

                    また、傷病手当給付金については、ちょっと時間がかかるし、休んでいる間は毎月、お願いしなければならない。

                    まず、必要事項を会社が出している専用の用紙に記入して(今はパソコンでDLできるところが多いらしい)、通院している病院へ持って行く。それに主治医が診断を記入、仕事ができない理由などをしっかり明記してくれるので、記入されたら受け取り、健保組合へ郵送。認定されれば連絡が来て、およそ1か月後には一定の金額(これも前年度の給与額によって違うのだが)が振り込まれる。

                    大病を患った、大怪我をしたなどの時、これらを使わない手はない(ただし、仕事中による怪我や病気などは「労災」扱いになるものもあるので、このあたりはお勤め先の健保組合などに聞いてほしい)。

                     

                    私は高度医療費制度と限度額認定書は、ドタバタに紛れて後回し&一部利用できなかったが……でも、これで本当に助かった。

                    また、毎月の傷病手当は、何も収入源がない時期には本当に助かった制度なんだよな。手術費用でなけなしの貯金はすべて使ってしまったし……(それだけ莫大な金額がかかるのよ)

                     

                    がん保険などに入る前に病気が発覚してしまったので、いわゆる生命保険系のものは一切使えなかった。

                    これらにも色々細かいルールがあるらしいし、ルールもコロコロかわるらしいので、生命保険会社のサイトなどを見てほしい。

                    フィナンシャルプランナーとかいう仕事に就いている方に聞くのも手ではあるんだろうけれど……私はあまり信用してない。

                     

                    仕事していて、社会保険に加入している限りは、毎月支払うもの。

                    それらをいざという時のために利用しない手はない。

                    確かに、書類に記入するのはめんどくさいかもしれないけれど、これはもう、絶対に利用をお勧めする。

                     

                    私は派遣社員だけれど、幸い、派遣元と派遣先がとても理解を示してくれて、契約を切られることもなく、その間に社会保険も利用できて、安心して入院・手術、通院、長期療養をさせてもらったし、今も1年ほど前に元の職場にも復帰できて、仕事をいただいている(ちなみに休養している間にも社会保険には加入していることになるので、仕事を再開したあとに休職していた間の保険料は給料から天引きになるので要注意)。

                    色々、ラッキーなことが重なったこともあるだろうけれど、派遣だからと言って、病気やケガなどで簡単に契約を打ち切るようなところは、やはり気を付けたほうがいいと思う。

                    特に「悪性腫瘍(がん)」という病気は、ステージ(進行度)具合によっては、かなり長期療養、そして莫大な金額がかかることになるので……生命保険会社系だけじゃなくて、社会保険も利用してほしいなと思う。

                     

                    詳細は、みなさんが勤務されている会社の健保組合や人事部、または社会保険の担当さんへ。

                    もし、お知り合いに社会保険労務士という方がいたら、そういう方に聞いてみてもいいかもしれない。

                    posted by: sasayan | にちじょう。 | 08:52 | comments(0) | - | - | - |
                    しばらくは。
                    0

                      特に動きも何もない…はず。

                      そういう時期もあるってこと。

                       

                      まぁ、今は、今の生活を立て直すのに精一杯だからな。

                       

                      ……つまらんとは思うけれどさ……

                      でも、今は仕方ないのよ。

                      posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:05 | comments(0) | - | - | - |