Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版の最新刊です。
この巻で主要登場人物がほぼ、揃ったことになるのかな?
「のぶ」最大の敵(笑)ダミアンが、またまた店に襲来。まぁ、最後は白狐様の怒りを買って「神罰」が下されますが、自業自得ですね〜。
「魔女」こと、イングリドさんを捜していた、「大司教」=ロドリーゴさんもようやく、姿を見せてくれましたし、アルヌはついに家督を継ぐと宣言、その御披露目式も「のぶ」で行われ、錚々たる顔ぶれが店に揃います。
人が人を呼び、身分関係なくおいしいものをおいしいと言って食べて、楽しめる、あたたかい店、それが「のぶ」。みんな、この店が大好きなのです。
信之さんとしのぶちゃんは、改めて、古都に店が繋がったことにしみじみ、しているようです。
キャラ原案・くるりさんのイラストを基にした、ヴァージニア二等兵さんの描くキャラクターたちが、本当に素敵で、何度呼んでも面白い♪
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
やっぱり怖いわ…
0

    生きている人間が、一番怖い。

     

    もう、対人恐怖症というか…まぁ、言い過ぎかもしれないが、でも、なんか……怖い…

    これ、まずいよな……傾向的に。

    どこかで、爆発する前にどうにかしないと……

     

    おかしくなりそうなのは、あなただけじゃないよ……

     

    私も、ホントにどうにかなりそうだ……

     

    とにかく、明日、連絡してみよう。

    posted by: sasayan | つぶやき。 | 00:26 | comments(0) | - | - | - |
    まぁ、いろんな人がいるけれどね。
    0

      人付き合いがヘタな自分。

      人との距離感がうまくつかめないので、未だにそのあたりを誤解されてしまうこともしばしば。

      いい例が、まぁ……半年くらい前のドタバタだったのだが……ま、これに関しては、相手があることなので、私だけが言うことはフェアではないと思うので、あえて詳細は書かないけれど。

       

      勤務先でも、そのあたり、悩みながら仕事している。

       

      勤務先のほとんどが派遣社員で、いろんな会社からやってきている。

      人数もそこそこ多く、正直、ちょっとなぁ……と思うこともある。

      人が集まるということは、それだけ「小さな衝突」もあるということになる。

      特に女性同士の間だと、なにかと……ねぇ(苦笑)

       

      病気で長期療養させてもらっていたこともあるし、今もなにかと体調面・精神的な部分で不安定で、時間短縮での仕事をさせてもらっている分、引け目を感じているところもあって、あまり余計なことをしないように心がけているのだが、どうも私は悪目立ちをしてしまうらしい。

      病気での云々は気にするなと勤務先も派遣元も言ってくれているけれど、それでも、気になるのは私の性分なのかも。

      あんたが思っているほど、周囲は気にしてないよとも言われるが、でも、気になるものは気になる。

      これはもう、ある意味、病的な部分もあるのかもしれない。幼いころから積み重なった、周囲への「恐怖」もあるのは事実だろうな。

       

      勤務先の同僚で、どうしても苦手な人が複数、いる。

      こちらがあいさつしても、返答してくれない人もいるので、そういった人たちには、二度とあいさつはしないことにした。

      ガキのようだと言われそうだが、なんというのか、ツンデレっていうの?一部の人たちには媚を売るようにしているのに、自分たちが気に入らない人には見向きもしない、そういった性分の人たち。特に女性陣。

      中には、言葉は悪いが、

      「あざといなぁ」

      と、思っちゃう人もいるのだ。まぁ、そういう人たちとはとことん、合わないのも、私だなと思う。

      いつだったか、そういう人に対して、服装の注意はしないのに、私の服装にいちゃもんつけてきた上司がいて、私、はっきり言ってやった。

      「お言葉ですが……私の服装がダメだったら、ほかにもいますよね?そういう人には何も言わないんですか?」

      この上司、自分に懐く、かわいい子や美人さんには甘いというのは、もう最初からわかっていたので……

      私が反論するとは思っていなかったんだろう、その上司は返答に詰まっていた。この時、となりにいたもうひとりの上司が苦笑いしていたのを覚えている。その後、私がその場を離れてしばらくして、となりにいた上司が、メモを渡してくれた。

      「よく言ってくれた!(笑)大丈夫。あなたが言ってくれたことは、あながち間違いじゃないから」

      もちろん、その時も、今も、勤務先の服装の規定は守っている。何が間違っていたんだろう?

       

      極論から言ってしまえば、勤務先は勤務先なので、仕事上の付き合いだけにしている。特に今の勤務先に関しては…

      それでいいはずだし。

       

      人付き合いは難しい。

      でも、避けて通れないものだからなぁ……

       

      疲れる……

      posted by: sasayan | つぶやき。 | 23:18 | comments(0) | - | - | - |
      情報過多で。
      0

        正直、ネット社会もリスクがあるなぁと思っている。

        基本、あまり人付き合いが上手くないので、連絡を取っている人も少ない。

        かといって、性格的にインターネットもどうも……今ひとつ、あっていない気がする……というか、あっていないんだろう。

         

        ……あ、嫌なこと、思い出しちゃった……

         

        考えすぎの性格故、どうしても凹むことが多いの、どーにかならんかな、自分……

         

         

        posted by: sasayan | つぶやき。 | 08:42 | comments(0) | - | - | - |
        どうやって返答すればいいのやら。
        0

          学校の先生を経験し、今は主に塾講師や家庭教師を生業にしている人がいるのだが、この方に対して、どう対応していいのか、非常に困っている。

          というのは、なんというのか、いちいち、書き方が腹立たしいっていうのか、自分が優位に立ちたいというのか……大したことじゃないのに、上から目線というのか……

           

          今更なのだが……私は、どうやら「学校の先生」のような人が苦手らしい。

          同じ「学校の先生」でも、まぁ、いろんな人がいるのは理解しているけれどね。

           

          全部を同じ目線で見てくれとは言わないが、もう少し違う書き方・返答をしてほしいなって思うことも、しばしばある。

          前出の人は、同じ地域に暮らす、年齢的には私よりずっと年上の男性なんだけれど、どうも……うーむ…

          向こうはたぶん、保護者のつもりなんだろうけれど、私にはそれが非常に困惑してしまうのだ。

          自分の意見を言い出せないまま、半年が過ぎている。

           

          まぁ……適当に、なんとか切り抜けていくしかないんだろうなぁ……(遠い目)

           

          ホント、生きづらいっていうか、難しいよ、私には。

          posted by: sasayan | つぶやき。 | 07:12 | comments(0) | - | - | - |
          いやはや。
          0

            仕事を終えて、電車を乗り継いで帰宅して、なんやかんややっていると、23時を過ぎてしまう。

             

            まぁ、仕方ないんだけれどさ……

             

            それでも、仕事をしていて早退するということはだいぶ減ってきた。

            この数ヶ月は、なんとか勤務時間をこなせるようになってきている。

            ごくごく、当たり前のことなのに、それがなかなかできなかったし、今も正直、決して万全とは言い難い。

            それでもなんとか……うん。

             

            ま、経験者じゃないとわからないよ……

             

            いつまでも引きずっているわけじゃないけれど、忘れてはならないこともあるのだ。

            posted by: sasayan | つぶやき。 | 23:44 | comments(0) | - | - | - |
            行ってみたいところ。
            0

              砂漠のど真ん中とか、森の中とか、海のど真ん中とか。

              とにかく、人工的な音や光がない、静かな場所へ行ってみたい。

              何が見たいのかというと、夜空を見てみたいのだ。

               

              ネットかなにかで、時々、綺麗な夜空の画像があったりすると、それをしばらく眺めていることが多い。

              宇宙の画像も好きだ。星空なんて、最高じゃないか……

               

              今の日本だと、どうしても、人工的な光・音に囲まれていて、落ち着かないというか、星もそれほど見えるわけじゃないし。

              そういえば、ブラックアウトした北海道地震の時に、夜空を映した画像がtwitterなどでもみられたけれど…少し失礼なことかもしれないが……あれも見事だったなぁ。撮影した人のコメントも、

              「こんなに綺麗な夜空を見たのは初めてだ」

              と書いてあったのも印象的だった。

               

              いつか、綺麗な夜空を、この目で、自分自身の目で見てみたい。

               

              ……疲れているんだろうな……

              じわっと涙がにじんでくる。

              かなり不安定になっているなぁ……

              posted by: sasayan | つぶやき。 | 21:43 | comments(0) | - | - | - |
              懐かしいラジオ番組になりつつあるなぁ…
              0

                かつて、JFN系のラジオ番組で、21年という長きにわたって放送されていた番組がある。

                『サントリー サタデーウェイティングバー アヴァンティ』。

                この番組名を聴いて、懐かしいと思った方は、たぶん、私とそれほど年齢は変わらないか、それとも年上の方が多いと思う。

                 

                2013年3月31日付の当ブログの記事 http://colorofsky.jugem.jp/?eid=251 を読んでいただければ幸いなのだが、本当にこの番組が終わってしまうと知った時、なにがなんでも、このラストイベントに行こうと思い立った。

                確か、当時は色々あって、私自身は……仕事を休んでいたと思う。初めて、東京ミッドタウンという場所に行ったんだよなぁ。すっごい寒い日でね……幸い、私は建物の中でこのイベントを見ること(聞くこと)が出来たんだけれど、とにかくすごい人数が集まったんだよね。たぶん、主催者側も驚いたと思う。外にまで人がびっしりと……

                「寒くない?大丈夫?」

                と、「教授」が外にいる方に声をかけていたっけ。

                 

                色々言われていたけれど、やっぱりこの番組、面白かったんだよなぁ。

                制作には、あのホイチョイ・プロダクションズが関わり、出演者も個性的だったし、内容もその当時の流行りモノやら話題のものだけにとどまらず、古今東西、とにかく幅広いネタで楽しませてくれた。

                毎週土曜日の夕方に、この番組を聴くのが、当時、実家に暮らしていた自分の楽しみのひとつでもあった。仕事帰りのクルマの中で聞いていたこともあるし、録音しておいて聴くことも多かったし…ホント、懐かしい。後年は、ポッドキャストも利用させてもらっていた。

                 

                この当時、今も毎年8月に行われている「麻布十番納涼祭り」にも、アヴァンティは出店してくれていて、私自身も2度ほど、足を運んだことがあって、「教授」にお目にかかったこともある。とにかく、本当に優しくてねぇ。ダンディで、スマートで…本当に素敵な「紳士」だった

                それから、カクテルブックやCDも出されたが、そのうちのいくつかは、私も持っている。

                あと、アヴァンティオリジナルのエプロン。今も大事にしているんだよ。アヴァンティのロゴが大きく刺繍されていて、丈夫にできているんだよ。とある場所でこのエプロンをしていたら、

                「あ!アヴァンティじゃないですか!!」

                と、声をかけてもらったこともあったな。知っている人は知っているという感じがして、すごい嬉しかった。

                 

                でも、実はまだ、仙台坂周辺って行ったことがないんだよね。

                そのうちに、ふらっと……行ってみようかと思っている。

                もしかしたら、アヴァンティが見つかるかもしれない、「教授」と、すれ違うかもしれない……

                 

                きっと、今も「東京イチの日常会話」が、かわされているんだろう。

                それを聴きに通う「教授」、「いつもの」カクテルを飲みながら……

                私はそう、信じている。

                posted by: sasayan | つぶやき。 | 22:37 | comments(0) | - | - | - |
                疲れた…
                0

                  久々、かなりしんどくて…精神的に。

                  体力面は、まぁ、仕方ない部分もあるので、このあたりはあきらめもつくが、精神的な部分では、もう、どうしようもないことも多々、あったりするわけで。

                  精神的な揺らぎというか……高低差がかなりある。

                  自分でもまだ理解できている分、いいのかもしれないが……

                   

                  仕事の帰り道、いきなりボロボロと泣き出したりとか…

                  これは間違いなく、マズい傾向だ。

                   

                  また、いつもの病院の、カウンセラー・Kさんのところへ行こうかなぁ……あ、でも来週はスケジュールが組めないかもしれないな……いいや、明日、Kさんに連絡をとってみよう。それで決めればいい。

                   

                  これを打ち込んでいても、涙があふれてくる。

                  今日は寝よう、うん。

                  posted by: sasayan | つぶやき。 | 23:02 | comments(0) | - | - | - |
                  ニンゲンの不思議なところ。
                  0

                    抗がん剤の副作用の中で、避けて通れないもののひとつが「脱毛」だった。

                    初めて投与されてから14日目にして、ぱらぱらと髪が抜けてきて、その後、引っ張るとごそっとまとめて抜けていく。

                    さすがに私も一応、オンナだから、自分の髪が抜けていくサマは、泣くしかなかったんだけれど、まぁ、その分、楽しんでしまえという気持ちも大きくて、最終的に昨年の5月〜10月くらいまでは、ものの見事にスキンヘッドだった。

                    ついでに書いてしまえば、眉もまつ毛も、下世話な話し、アンダーヘアも腋毛も……ありとあらゆる「毛髪」が抜け落ちてくれた。治療とはいえ、化学療法の薬の恐ろしさというか、それもまのあたりにしたし……徐々に抜けていく髪を、毎日撮影していたし、スキンヘッドになった自分も撮影して、今もスマホの中に保存してある(笑)

                    人間の身体の不思議というか、とにかく、まぁ、めったに経験できないことだ(そこかよ、自分)。

                     

                    おかげさまで、今はまゆ毛もまつ毛も生え揃っている。が、腋毛は、まだ薄い(^_^;)まぁ、お手入れがラクといえばラクである。

                     

                    ところが困ったことがひとつ。

                    それは、頭髪なんだが……これがまた……薄いのだ。薄くて、細くて、コシやハリがないんだわ

                    もともと、病気をする前から髪が細くて、コシやハリも弱かったけれど、それにしても、なのだよ。

                    2度ほど、カットに行ったけれど、特に前頭葉の髪が短いんだな。笑ってしまうくらいに短い。

                    そして、相変わらず、髪が抜け落ちる。人間の髪は毎日100本以上は抜けるそうだが、なんだかそれ以上に……という感じ。

                    手足の痺れなどが取れていない=抗がん剤が完全に抜けていない状態なのかもしれないが……爪の下の皮膚の色も、まだ黒い部分が残っているし。

                     

                    年齢の割には、白髪は少ないのが幸い。

                    実年齢を言うと、美容師さんが、

                    「え?ホントですか?」

                    と聞き返してくるくらいだから、よほど白髪が少ないと思う。確かに、鏡で自分の髪を見ても、白いものは少ないし、白髪染めも一度も使ったことがない(これを言うと、数少ない友人たちがすごいうらやましがる)。

                     

                    まあ、この先、どうなっていくかはわからない。

                    今の病気が再発しないとも限らないし……そうならないように、今は通院しているわけだけれどね。

                     

                    だけど、ホント、ニンゲンのカラダって不思議で、面白いと思うよ。

                    posted by: sasayan | つぶやき。 | 23:23 | comments(0) | - | - | - |
                    淡々と過ぎていくだけ。
                    0

                      ただ、淡々と……日々は過ぎていくだけ。

                       

                      今は、何も考えたくないし、何もしたくない。

                      疲れているんだろうな……

                      こんなことじゃいけないんだけれどさ……

                       

                      周囲の目が気になって、身動き取れない状態が、また続いている。

                      周囲はそれほど、個人を気にしていないって言われても、やっぱり……苦手なものは苦手だ。

                      posted by: sasayan | つぶやき。 | 23:16 | comments(0) | - | - | - |