Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(6) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(6) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版の最新刊です。
表紙に描かれているのは薬師・イングリドさんと、その弟子の薬師見習い・カミラちゃん。カミラちゃんはエーファちゃんの良き友人となります。
また、食の吟遊詩人・クローヴィンケルさんも登場。メインキャラが少しずつ揃っていきますね♪
しかし、またまた不穏な空気が「のぶ」に立ち込めている…この後のお話しには、またヤツが登場するはずです…
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
そんなに…
0

    そんなに、簡単に割り切れることじゃない。

    何をこだわっているんだと、言われても、はいそうですか、と、簡単に返事なんてできない。

    それは、誰に言われても同じことだ。

     

    だから、前に進めない。

    行きたい場所にも行けない。

     

    私だって、行きたい場所、聞きたい声、うたがある。

    遊びに行きたい。

    でも、今はいろんな都合もあるし、体調も決していいわけじゃない。

    一番は、生活が成り立っていない部分もあるからね。

    もうしばらく、自分が生活していく基盤を、少しでも元に戻していかないとならない。

     

    ……こんなこと……言えるわけ、ないでしょう……

     

    うたうことだけは、辞めないけれど。

     

    複雑な気持ちを理解してくれとも思わないし、理解してほしいとも言わない。

     

    …………。

     

    ま、色々、あるんだよ……

    遠い眼をして、ちょっと、ため息をついてみたりして、ね。

    posted by: sasayan | つぶやき。 | 21:46 | comments(0) | - | - | - |
    言っていいこと、悪いこと。
    0

      本当のこと、本当のことを言えない自分が嫌だと、常々、思っている。

      どこかで、自分を許せない自分がいるのも、嫌だと思っている。

       

      とある人と、ひょんなことから、本音をしゃべらないことは……という話しになった。

       

      本当の自分を見せるのが嫌で、外面を繕っていること。

      言い出したことを、途中でやめてしまって黙り込むこと。

      人に疑問を投げかけておいて、それを自分で回収しようとせず、周囲を引っ掻き回してしまうこと。

      言っていいこと、悪いことの区別が、できている部分とできていない部分の落差が激しすぎること。

      本来、言わなくてもいいことを、言ってしまう悪い癖があること。

       

      そのほかにも、色々。

       

      「自分が知っている中で、あなたは一番、子どもかもしれないね。あなたは、損得を計算して行動できるほど、器用ではない……だから、純粋だということにもなるけれど、そのことを理解できない人から見たら、あなたは単なる子どもなんだよ」

       

      正直、この言葉には参ってしまった。

       

      本音を話したら、周囲が離れて行ってしまうんじゃないか。

      本音を話したら、本当の自分をさらけ出してしまうんじゃないか。

      本音を話したら、もう、二度と、相手にされなくなってしまうのではないか。

       

      ……怖いんですよ。

       

      このことだけは……その時、話せなかった。

      怖いんです、と……

       

      話すべきだったのかな……とも思っている。

      だけど、その時は、言葉にならなかった。

       

      自分は、それほどアタマが切れるとは思っていない。

      どちらかというと、非常に不器用な生き方をしてきているとも思う。

      でも、それは、言い訳にしかならないと言われてしまっても、これが自分自身なんだから……としか返答できない自分が、実は一番、許せない。

       

      唯一、話せなかった。

      「怖い」

      ということ。

       

      話してもいいのだろうか……

      今後、話すことはできるだろうか。

       

      私が……人を信じるということが出来ていないのかなぁ……

       

      改札口で、相手の背中を見送りながら、ふと、そんなことを思ってしまった。

       

      たぶん、この先も、ずっと……このことは心のどこかでひっかかり、悩むんだろうな。

       

      でも、私は、この言葉を言ってくれた人を、恨むことはない、いや、絶対にできないだろう。

      むしろ、ちゃんと、向き合っていかなきゃならないんだとも思っている。

       

      今更なんだけれどね。

      posted by: sasayan | つぶやき。 | 19:59 | comments(0) | - | - | - |
      ちょっと…
      0

        未だに引きずってるわ……

         

        仕事にも支障が出てくるくらいに凹んでる。

         

        それくらい、ショックがあるし、かといって、これ以上、なにかを口にしたら……なぁ……

         

        だけど、このままじゃ、自分が押しつぶされそう…

        posted by: sasayan | つぶやき。 | 08:42 | comments(0) | - | - | - |
        どうしたらいいのやら。
        0

          ここで吐露するのが精いっぱい。

          周囲にも、こぼせないし、かといって言ったところで、相手にされないこともわかってる。

           

          さすがに疲れてきた。

           

          仕事帰りの電車の中で、ため息ついて。

           

          ストレスで、食べることに意識が傾いているのも、非常に危うい。

           

          助けを求めるにしても……言う相手には、本当に慎重になってしまう。

           

          聞いてほしい人はいるけれど、でも、最終的には自分が判断しなきゃいけないことなんだよなぁ。

          posted by: sasayan | つぶやき。 | 23:10 | comments(0) | - | - | - |
          一度、気持ちが低空飛行に入ると……
          0

            なかなか、気分的に再浮上できない……再浮上するのに、時間がかかるのが私。

            特に、ここ10年くらいは、気分的な浮き沈みが激しくて……まぁ、きっかけは、新百合ヶ丘で仕事をしていた時の「パワハラ」なんだというのも、まぁ、わかっている。

            その時から、心療内科に通っている。今は、入院・手術、通院している総合病院にある心療内科にお世話になっている。

            カウンセラーのKさんからも、

            「時々、愚痴や毒は吐き出したほうがいいかなぁ、ささなおさんの場合は」

            と、言われている。

            ひたすら話しをするだけなんだけれど、それが私の場合は必要なんだとのこと。

            「連絡くれればいくらでも」

            と、Kさんが言ってくださるので、それに甘えさせていただく……ことにしている。遠慮はいらないから、とにかく、話においでと。

            また後日、予約を入れて、話しをしに行こうと思っている。

             

            勤務先でも、言われたのだが、どうも……私は「甘え方」が非常にヘタ、というよりも、よくわからないというのがあるようだ。

            甘えすぎてもダメ、かといって、黙っているものダメ。

            「ならば、どうすりゃいいのさ?」

            と、叫びたくもなる。

            さじ加減が非常にヘタなんだよなぁ……どんなことに関しても。助けを求めるというのが、非常にヘタな人間なんだろう。

             

            ……生来の負けず嫌いってのも、災いしているんだとも……

            どこかで、勝ち負けばかりにこだわるというか、勝負事じゃなくても、イラッとするというか。

             

            まぁ、人間、死ぬまで勉強するっていうのもあるから……きっと、この先も悩むんだろうなぁ。

            posted by: sasayan | つぶやき。 | 15:01 | comments(0) | - | - | - |
            なぜだろうねぇ…
            0

              今の職場のみならず、派遣社員として色々な会社を渡り歩いてきて、ずーっと思っていることなんだけれど……

               

              どうして、女性って群れたがるんだろう。

               

              まぁ、勤務先だけじゃないんだけれどね。

              posted by: sasayan | つぶやき。 | 23:29 | comments(0) | - | - | - |
              ううむ…
              0

                嫌だと思ったら見なきゃいいだけの話し。

                気になるから見に来るわけで……または、見に行ってしまうという……ああ、ニンゲンって悲しいイキモンだわな。

                 

                人生をリセットできたら、どれだけ楽になるかなぁと考えてしまう自分がいる。

                posted by: sasayan | つぶやき。 | 23:01 | comments(0) | - | - | - |
                もしも、あなたが…
                0
                  日本で未承認の抗がん剤は、当然、保険が効かない、それが大抵、ひとつ100万円単位で、下手すりゃ一か月で治療費が一千万円を超す場合もある……
                  というお話しを読んだ。
                  まぁ、いろんな意見があって然りのことなので、喧々諤々になるのはわかっているのだが……

                  ここから先は、私個人の考えによるいち意見なので、軽く読み流していただきたいと思う。

                  時々、稀に……だが、
                  「抗がん剤治療なんてしなくていいからね」
                  「意味ないじゃん。抗がん剤は逆にがんを引き起こすんだから」
                  などといった意見が散見される。
                  こういうのを読んでいると、ため息というか、勝手なことを言う人っているもんだな〜と、思わず毒を吐きたくなる。
                  いろんな意見があってもいいことなんだけれど……過去にも何度も書いたけれど……でも、
                  「そういうことを書いているアナタ、あなたは抗がん剤治療、経験したことがありますか?」
                  と、問いたくなる。
                  いや、いいんですよ、ご自分の考えで。
                  だけど、実際に治療を受けている側としてみれば、これは非常に難しいところであり、実際問題としては、最終判断は医者でもなんでもなくて、患者自身の判断になるとしか言いようがないのだ。

                  とにかく、薬品代・治療費は高い。
                  それでも、今は保険会社やらなにやらである程度は補ってもらえるものも増えてきたが、でも、根本的に非常に高い。
                  私自身、社会保険を使っても、例えれば、そこそこ、グレードの高い車両……乗用車ね……が、1台から2台は購入できる金額がかかっている。
                  抗がん剤治療費、ぶっちゃけると、私は1回の治療で数万円単位の支払いをしていた。そのうちの薬品代は、とにかく診療得点が高い(今も領収書を見ると、あまりの高さに目が回る)……ただし、最初の投薬は、2泊3日の入院が必要だったから、それ以上、経費がかかっていることにもなるが……それが6回……(遠い眼)。
                  ほかにも副作用による、急な通院などもあったから、とにかく莫大な医療費がかかっている。
                  今も月に一度は病院に通っているから、数千円ではあるが、しっかり、かかっていることになる。

                  それでも、自分が決めたことだから、私は続けた。
                  おかげさまで、現在は数値もそこそこ、安定していて、若干の差はあるけれど、とりあえずはクリアしてきている。
                  でも、いつ、再発するか、転移しているか……わからないのがこの病気。
                  だから、今でも通院しているし、血液検査やCTなどもきちんと定期的に撮影している。
                  自分の生死に直接、関係していることだから、慎重になるのも当たり前である。

                  このブログでもよく書いていたが、あれほど「矛盾した」治療はないとも思う。
                  治療という名の地獄と言ってもいい。
                  細胞レベルで効いていく薬なので、正常な細胞すら、破壊していく=副作用になる。
                  もちろん、がんの種類・進行具合などで薬は色々と変わってくるし、抗がん剤投与の回数も違う。でも、そんなことは関係なく、本当にあの治療は「苦しい」のだ。痛み、吐き気などの肉体的な苦しさは、想像を絶する。文章では表現しきれない。
                  実際、あまりの痛みに耐えかねて、挫折する人もいるというのだから、どれくらいの苦しみか……少しは理解してもらえるだろうか。私自身も、
                  「いっそのこと……このまま……!もうやめたい。痛い、苦しい!!」
                  そういう気持ちすら、過ったことも、ここで初めて書いておく。

                  「そんな辛い思いをしてまで、治療する必要あるのか?」
                  という意見をぶつけられたことがあるし、今も問われることがある。
                  その時に、私はこう答えている。
                  「言葉は悪いが、病気の経験をしてみないと理解できないよ。あとは、自分自身が決めたことだから、これからも治療は続ける。自分が死ぬまでのおつきあいなんだから」

                  がん患者の集いなどでも、この話はよくあがる。
                  通っている病院の、がん患者の集いに初めて行ったとき、泣きながらこの話をしたら、諸先輩方がみんな、頷いてくれた。
                  「わかる、わかる」
                  「無責任なことを言う人はいっぱいいるし、わかってくれとも思わないが、罹患したからこそ、わかることってあるよねぇ」
                  みんな、経験してきたことでもあるのだ。
                  もちろん、つらいことを黙っている人もたくさんいる。
                  私はこうして書いたり、時々、話しをしたりするけれど……世の中にはいろんな人がいるうのは、わかっているつもりだ。

                  前にも書いた。
                  「私は明るいがん患者、がんサバイバーでいたい」
                  と。

                  日本で未承認の抗がん剤を使ってまで治療する人がいるというのは、わからないことはない。
                  でも、一般的な庶民である私にはその金額は出せるものじゃないし、万が一、未承認の抗がん剤で「なにかあっても」責任を負うのは、患者自身なのだ。
                  なにがあってもいい、金額なんぞ、いくらでも出す。それでもいいという「相当の覚悟」は必要である。
                  だから、先ほども書いた通り、治療を受けることを決めるのは、医者でもなく、家族でもなく、患者自身なのだ。

                  海外で使われている薬を、とっとと日本でも承認してくれという声が上がるのも、自然なことだとも思うよ。
                  だけど、それだけの金額を出せる人って、どれくらいいるのか?
                  薬の開発費だって、莫大なものだから、高額になっているのも事実だろう。
                  ここがすごくポイントだと思うのだ。
                  医療保険を使ったって……高いものは高い。
                  「患者の足元を見ている気がして嫌」
                  という意見もある。これもわからんことはない。

                  あとは……これも重要な部分だと思うのだが、治療しながら仕事をしたくても、なかなか難しい。そういった環境はなかなか整っていないし、今の日本では整えるとしても、なかなか進んでいないこともあるこのあたり、日本は、まだ充分、理解があるとは決して思ってはいない。

                  抗がん剤なんて必要ないという発言をする人の中で、どれくらいの人が実際に治療をうけているのかなんてのはわからないが、でも、やはり、一度経験した人の大多数は、こう思っているはず……である。

                  「抗がん剤治療が無意味なんてことはない。少しでも、意味があるからこそ、治療を続けるのだ」

                  私は……少なくとも私は、抗がん剤治療は無意味だとは思っていないし、これからもきっと、思わないだろう。
                  だって、その治療のおかげで今、こうしていられるのだから。
                  命を繋いでもらったのだから。

                  明日は我が身。

                  もし、突然、がん宣告を受けたら、あなただったらどうしますか?

                  これを考えれば、安易に、無責任なことは決して、言えないはずだと、私は思います。
                  いざ、自分がその立場になった時、人は絶対に……一度は立ち止まってしまうはずなのです。

                  現在進行形で、身をもって経験しているからこそ……私は、そう思っています。
                  posted by: sasayan | つぶやき。 | 22:59 | comments(0) | - | - | - |
                  なんとなく、いろんな思いを抱えている。
                  0

                    周囲が気になると、なかなか身動き取れなくなるのが自分。

                     

                    いい意味でも悪い意味でも、開き直りというのが、いまひとつできないらしい。

                    行きたいなって思っていても、どうしても……周囲が気になるので……遠慮してしまう。

                     

                    きっと、今回もそうなんだろうなぁ(ため息)

                     

                    なんか……嫌なんだよなぁ……

                    窮屈なんだよなぁ……

                    posted by: sasayan | つぶやき。 | 07:52 | comments(0) | - | - | - |
                    読み返していて。
                    0

                      去年の今頃あたり、何を書いていたのかしらと気になって、自分のブログを遡って読み始めたら、止まらなくなった。

                      ちょうど、抗がん剤治療も終盤になろうかという頃で、痛みやらなにやらが酷い時だったということを思い出す。

                      人によって、千差万別の副作用だが、私の場合はとにかく、強く出てきたようで……ありとあらゆる副作用が襲ってきた。

                       

                      あー……

                       

                      今も、まだ、副作用は残っている。時々書いているけれど。

                      これを打ち込んでいても、打ち込みミスは連発するし、指関節は痛いし、両手首にも痺れがある……それでも、打ち込むスピードは少し、戻ってきたのかなとも感じている。指先の痺れもあるよ。左脚側面・外側の麻痺、両足裏の麻痺もまだ残ってるし……

                      せっかく通い始めたフィットネスクラブも、ここしばらく、行ってない。

                       

                      ちょっと、精神的な低空飛行がまた、来ているのも事実だ。

                      来週のライブ出演が終わったら、いつもの病院のKさんのところへ行こうと思っている。

                       

                       

                       

                      ここにきて、タレントさんやアイドルさん、役者さんやスポーツ選手の方々など、怪我や病気などを公表している方のニュースが増えているな、とも思う。それに、闘病の末、亡くなったスポーツ選手などのニュースを見て、びっくりしている。

                      受け止め方は様々だと思うけれど、でも、知ったつもりというか、やってもいない、なってもいないことに対し、辛辣な意見を述べる方々もちらほらとお見受けする。

                      前にも書いたことがあるけれど……病気やケガは、その立場になってみないとわからない。すなわち、経験してみないと絶対に理解できないことがある。それは、私自身が一昨年からずっと、感じていることだ。

                      彼ら・彼女たちは、自分の意思で、世間に公表している。

                      それは、私がこうして、自分自身のことを書いていることと……通じるものがあると思っている。

                       

                      明るいがん患者でいたいと、私は常々、思っている。

                      そうじゃないと……泣いているばかりになってしまうから。

                      私は、こうやっていられる。命を繋いでもらったから、こうしていられるんだよ。

                       

                      今も時々、夢に見る。

                      絶対に自分では覚えていないはず、見ることができないはずの、自分自身が手術を受けているところを、なぜか見下ろしている自分がいたりとか……そういう、不思議な夢を見ることが今もあるんだよな……

                       

                      朝、起きて、急に泣き出したりとかも……

                       

                      日によって、気持ちや体調が不安定になっているのは自分でもわかっているからね。

                       

                      とりあえずは……体調整えていくようにしないと…夏を乗り切る自信がないわ……

                      posted by: sasayan | つぶやき。 | 21:24 | comments(0) | - | - | - |