Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
待ってました、第4巻。今回は女性キャラ多め♪そうそう、女傭兵・リオンティーヌさん初登場。美しい…そして、とても健気なキャラなので大好きです。
ヴァージニア二等兵さんの描くキャラってみんな魅力的〜!
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

さて、私に彼を操ることはできるのでしょうか…(汗)
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
IZOD INDY 2011、最終戦・ラスベガス。
0

    朝から、大きな、衝撃的なニュースが私たちのもとにやってきました。
    インディカーシリーズの今季最終戦、ラスベガスでのレースで、ひとりの偉大なドライバーが天へ召されていきました・・・
    ダン・ウェルドン。
    スポット参戦した今年のインディ500で奇跡の大逆転勝利を収めたドライバー。それも、インディ500では2度目の優勝。そのダンが・・・多重クラッシュに巻き込まれ、帰らぬ人となってしまいました。
    あの瞬間、私もPCに向かって悲鳴を上げてしまい(早朝からご近所さん、すみませんでした)、言葉を失い、茫然とするしかなくて。
    私自身がモータースポーツファンになってから、初めて、あれだけの大クラッシュ、大事故を見たと思います。
    何度かリプレイが出ていましたが、特にウィル・パワーの車載カメラからの映像がめちゃくちゃ怖くて・・・中継カメラたちもしっかりとその瞬間を映していたわけですが・・・

    レースが始まる直前まで、ABCの実況・解説陣と言葉を交わしていたウェルドン。
    さっきまで話していたんだよ?
    一昨日は笑顔でインタビューに答えてくれていたんだよ?
    ねぇ、嘘でしょう・・・?

    ブリーフィングルーム(というかトラックかな?)に、ドライバーたちが次々に入っていきます。
    われらの佐藤琢磨くんもスクーターで移動している姿が映し出されました。
    ABCの画面を見て、ブリーフィングルームから出てくるドライバーたちやそのパートナーさんの姿、そしてピットクルーたちの空気が重く重くなってきたときから、嫌な予感はしていたんです。でも、信じたくなかった。信じちゃいけないって思ったし。だけど、身体が震えて仕方がない。ざわざわと全身が粟立つというか、背筋が凍るというか。
    この少し前に、ダニカ・パトリック・・・気丈なダニカさんが号泣している姿を見て、その時からもう・・・彼女はいくら気丈だといっても、やはり女性です。感情豊かな人ですから・・・
    そして、ブリーフィングルームから出てきたTKことトニー・カナーンが子供のように泣いている姿を見た瞬間、確信してしまいました。

    「本当に亡くなったんだ・・・」

    その瞬間、私も声を上げてしまいました。声を上げて泣いてしまいました。
    涙が止まらなかった。どうしようもなかった。
    私がレースを見始めたのはまだ数年だけれど、だけど・・・こんなに悲しい事故は初めてだ・・・あってはならないことだけれど、でも、いつかは起こることだと覚悟はしていた。だけど。

    病院へ運ばれたのは、ほかにも、JR・ヒルデブランドとピッパ・マン。そして、背中の痛みを訴えて、ウィル・パワーも病院へ。
    パワーは数時間後に退院したみたいですが、ヒルデブランドとピッパは引き続き、入院するとインディカー公式ツイッターは呟いてくれています。ふたりとも意識はあるそうで、これは本当によかったと思います。
    あれだけの大事故、15台がからむ大事故だったのにもかかわらず、です。

    だけど・・・

    追悼の5ラップ、ペースカーでマシンを率いたのは、ヴィットール・メイラでした。
    ドライバーたちも、動揺が隠せないようで、私の見間違いでなければ、ダリオ・フランキッティかな・・・ボロボロに泣いてコクピットに座ってたような。
    「アメイジンググレイス」が、とても悲しく響く・・・
    インディカーのエンジンが、あんなに悲しく聞こえたのは、初めてです。
    「マシンが泣いてる」
    と・・・TL上でもみなさん、書いておられましたね。

    来年のインディカーのシャーシは、ウェルドンが開発に関わった新しいシャーシ。
    安全性がさらに向上しているという話があります。
    来年の3月25日、セント・ピーターズバーグから、来年のインディカーシリーズはスタートします。
    ウェルドンが開発してくれたシャーシで、走るのです。

    インディカーシリーズは続きます。これからも・・・

    RIP to a great driver Dan Wheldon.

    posted by: sasayan | さとうたくま&もたすぽ | 13:55 | comments(0) | - | - | - |