Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
待ってました、第4巻。今回は女性キャラ多め♪そうそう、女傭兵・リオンティーヌさん初登場。美しい…そして、とても健気なキャラなので大好きです。
ヴァージニア二等兵さんの描くキャラってみんな魅力的〜!
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

さて、私に彼を操ることはできるのでしょうか…(汗)
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
色々あるさー。
0

    4回目の投与を終えたその日、そのまま東京駅から新幹線に乗って実家に戻ってきた。

    やっぱりね、副作用がかなりきつくて……ひとりでいるのにも限界を感じた。本当は、実家に戻るのもちょっと……憚られるのだが、でも、素直に助けを求めるのも、娘としての「役割」なんだろうなって思って。

     

    抗がん剤って、治療をしているのに、むしろ却って身体的にも、精神面にも、ものすごい苦痛を感じる……しかも、回数を重ねるごとに……という、ある意味、矛盾したことをやっていることになる。

    私自身、副作用がかなり強く出るので、回数を重ねるごとに薬も体内に蓄積されていくから、正直、言葉を絶するくらいにしんどい。

    何度も書いちゃうけれど、これは経験者じゃないとわからないことだよ、真剣に。

     

    実家に戻ってから、ずっと……特に何もするわけでもない、のんびりさせてもらっている。

    副作用が強く出ている時、母は足をマッサージしてくれた。

    私は……マッサージをしてもらいながら、とうとう泣いて、母に訴えた。

    「ホントはね、しんどかったの。辛かったの。でも、それを見られたくなかったんだよ……」

    私が泣きながら呟いていることを、母は、

    「うんうん……そうだよね…」

    と、相槌をうってくれながら聞いてくれた。本当は、母だって……泣きたいと思う(というか、実際に泣かれてしまった)。

    「だから、今まではうち(実家)に戻るのを遠慮していたんだけれどさ……でも、もうさすがに限界で……ごめんね……」

    「大丈夫だって。おまえさんね、強くなったよ」

    母は絶対に「頑張れ」「頑張っている」という言葉は口にしなかった。それが、ありがたくて。

    「ひとりでずっと、耐えていたんだもんねぇ。こっちの都合で、手術の時以来、おまえのところに行けなくて、お母さん、申し訳なくて……ごめんね」

    もう、これだけでダメだった。

    母曰く、遠くで苦しんでいるより、実家にいてくれているほうが、心配の度合いが違うという。

    私自身も、そばに誰かがいてくれるというだけで、気分的に違うし、ごはんの心配をしなくていいという……本当にありがたい。

     

    ホントに、家では何もしていない。

    やっていることといえば、留守番だけだ。

    父と末弟は仕事へ行ったり、畑に行ったり。母も、近所の農家さんへお手伝いへ行くことも多く、超高齢の祖母と一緒にお留守番。祖母もデイサービスへ行くと、ホント、昼はひとりで実家にいてテレビを見ている。お昼には母が必ず、戻ってきてくれる。なにかあれば、携帯に連絡すればいい。

    ご近所さんには、特に私のことを話していないので、まぁ、そのあたりはうまくごまかしながら(苦笑)。

     

    こういう時でないと、実家に戻らないというのもある……次回の投与が終わったら、また戻る予定だ。

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 20:18 | comments(0) | - | - | - |