Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
待ってました、第4巻。今回は女性キャラ多め♪そうそう、女傭兵・リオンティーヌさん初登場。美しい…そして、とても健気なキャラなので大好きです。
ヴァージニア二等兵さんの描くキャラってみんな魅力的〜!
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

さて、私に彼を操ることはできるのでしょうか…(汗)
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
いやはや、参った。
0

    先週の土曜日あたりから、あまり体調が優れない。

    顔面疼痛も少し出ていたし、痙攣も……ありゃ、これはちょっと…

     

    月曜日、横浜市へ用事を済ませに行ったのだが、あまりの暑さにヘタる……

    用事を済ませると、早々に脱出。

    しかし、帰宅してからも、どうも調子が上がらない。

     

    火曜日は完全にダウン。

    身体を横にしている時間のほうが長かった。

     

    水曜日……つまり、今日。

    午前中に、いつもの病院へ行く。心理療法士さんに会うためだった。

    子どもたちの夏休みが始まっているので、とにかく賑やかな病院の中。

    療法士のKさんに会う前に、書類受付センターへ行って書類を提出していると、そこに通りかかったのは、外来治療センターのクラーク・Sさん。

    「あ、ささなおさん!」

    「うわ、Sさん?!」

    久しぶりにお会いしたことになる。あとで外来治療センターへ行こうとは思っていたので、その旨もお伺いすると、

    「はい、待ってますよー」

    ということで……

     

    内科外来の受付で通してもらい、心理療法士のKさんにお会いする。

    それから、ひたすら……Kさんと話をする。ずっと、抑え込んでいた気持ちを、吐露するというか、吐き出すというか。

    精神的に低空飛行気味だというのは、自分でもわかっていたことだが、とにかく……思っていたことを吐き出す。

    2時間近く話しをさせてもらった。

    「ささなおさんが、ずっと気持ちを抑え込んでいるっていうの、すごくわかるの。周囲に迷惑かけたくない、それは、ご家族や周囲の人たちに対してもそうだし、私に対してもそう思っていると思うのね。だけど、私には遠慮はいらないから。お話しを聞くっていうのが、私のお仕事だから(笑)」

    「……」

    「さっき、素直になれない自分が嫌だって言ったでしょ?そういうことに気づいただけでも、いいことなんですよ。それを素直に認めるっていうことが大事なんです。だけど、そういうことはすぐに治せるものじゃないから」

    「はい……」

    「いつでも、私には連絡ください。待ってますよ。どんな話でもいいんです。今回の治療の話しだけじゃなくて、ささなおさんがずっと、抑え込んでいた気持ちを少しずつでいいから、開放してあげる、自分を楽にするっていうことをやっていきましょう」

    Kさんの言葉は、本当に嬉しかった。

    ありがたくて……部屋を出るときも、アタマを深々と下げた。

     

    その後、外来治療センターへ行ってみると、さきほどのSさんと、お世話になっている看護師のYさんが待っていてくれた。

    爪の色が気になる、と手を差し出すと、Yさんはしばらく見てから、

    「ああ、爪にしわが寄っているのも、抗がん剤の影響なんですよ。爪の色(正しくは爪の下の皮膚の色)がどす黒いのもそうだし……それはA先生もお話ししてくれたと思うけれど」

    「はい」

    そうなのだ。特に両手の親指と人差し指の爪、そして両足の親指の爪……かなりしわが寄っている。

    抗がん剤はかなり強い薬だから、それが投与を終えて一か月以上経つ今も影響は出ている。だからこそ、手足の痺れ、指の関節痛というのもあるのだが。

    「そういえば、さっき、A先生も婦人科も外来にいたけれど…どうする?先生にも言っておこうか?」

    「先週の日曜日にもちょっと、お会いしたんですよ」

    と、その時の話をすると、Yさんはなるほど…と頷いてくれた。日曜日にもらった薬は手足の痺れと関節痛を抑えるものだったが、もうひとつ、気になることがあったので、そのことを話すと、Sさんが院内PHSを手にして戻ってくる。

    結局、A先生にはもうひとつ、新しい薬を出してもらうことになったので、婦人科外来へ行くことになった。

    YさんもSさんも、

    「大事にしてね。またいつでも来てください」

    と言ってくださった。

     

    外来治療センターから、婦人科外来へ(その前に総合受付を通してもらう)。

    行くと、すぐにA先生が顔を出してくださった。

    あれ?いつもだったら、婦人科のほうなのに、今日は産科の診察室にいらっしゃる(産科と婦人科は同じフロアで、中待合室を挟んで向かい合わせになっているのだ)。

    「あ、僕、今日は産科の当番なんですよ」

    いつものように、にこやかな笑顔でA先生は言った。

    「ん〜、ささなおさん、やっぱり副作用が強いんだねぇ…」

    「でも、先月よりはだいぶ楽なんですけれど……だけど、やっぱり痛いし、痺れるし」

    「ふむ……」

    電子カルテに打ち込んでくれながら、前回のCT検査の所見についても教えていただいたが、詳細はまた後日ということになった。

    お礼を言って総合受付に戻り、会計を済ませ、病院を出る。院外処方せんだったので、病院の向かいにある薬局へ行き、すぐに出してもらうこともできた。

     

    マンションに戻ってから、そのまま爆睡してしまった……

    Kさんに話を聞いてもらったのも、安心した材料のひとつなのかもしれない。いや、確実に「ホッとした」んだろうな。

     

    それだけ、大きい病なのだ……

     

    うまく言葉や文章にはできないけれど、まだどこかで葛藤している。

    それは、当事者でないとわからない部分でもある……こればっかりはね。

    posted by: sasayan | つぶやき。 | 19:48 | comments(0) | - | - | - |