Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(5) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(5) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版最新刊。なんと、今回はコミック版オリジナルのお話しも入っております♪

信之さんとしのぶちゃんを中心とした「のぶ」の個性豊かな常連さんたちって、一度は実際に会ってみたいキャラばかりです(笑)
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

さて、私に彼を操ることはできるのでしょうか…(汗)
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
電車の中の光景。
0

    仕事に復帰して、およそ半月。

    電車を乗り継いで仕事に行くというのが、どれだけしんどいかということを、改めて感じていたりする。

    今は体調面を考慮して、かなり遅い時間に出勤するので、通勤ラッシュは避けられているのだが……

     

    自分は今、杖をついて歩いている。

    歩いているうちに足が痺れてきて、膝や脚そのもののチカラがいきなり抜けて、ガクッと膝をついてしまうことがあるからだ。

    それでもだいぶ痺れは収まってきているものの、ふつうに歩くことが怖いという気持ちがある。

    電車に乗って、座れるときはとても助かる。だけど、混んでいるときは混んでいるわけで、特に帰りの電車は気を付けている。

    まぁ、特に何かあるわけでもないので、混んでいる電車を1〜2本見送って乗ることも多い。

     

    座席が埋まっているとき、席を譲ってくれる方も、中にはいてくださるのが、とてもありがたく、そして優しさが身に染みる。

    意外と席を譲ってくれるのは、若い男性。スーツを着たサラリーマン風の方が多いかなと感じる。20代〜30代とお見受けする女性も譲ってくださる方が多い。

    で……意外と譲ってくれないのが高校生だ(笑)座ったまま、スマホを見たりゲームをしたりしている。

    あとは、壮年の男性。狸寝入りする人とかもいる。その人の性根(しょうね)がわかろうというものだ。

     

    別に、是が非でも譲ってくれとは言わない。

    みなさん、お疲れになっているのはわかるし、座りたい気持ちだって、わかる。

    でもね、顔を顰めたり、舌打ちしたりする人もまれにいるのは、なんだか腹が立つというよりも、悲しくなってしまう。

    中には、

    「優先席に行けばいいのに」

    と言った壮年の男性もいて、なんなんだ?と、さすがにこれは腹が立った。

    かといって、優先席に行っても、なかなか座れないことも多いのだ……このあたり、まだまだ難しいというか、どうなっているのかなって考えてしまうこともあったりする。

     

    日本人はシャイだから、お声がけするのに勇気がいるんだろうという意見もあるけれどね。

     

    療養中、新幹線に乗って、実家に戻るとき、荷物を持って座席に座り、その荷物をどうしようかと悩んでいたら、

    「お荷物、棚にあげましょうか?」

    と、お声をかけてきてくださった方がいた。見れば、若いサラリーマンさん。その方は、パソコンの入った少し大きめのカバンひとつを持っているだけ。旅慣れている方なんだろうなとお見受けした。

    「ありがとうございます。お願いできますか?」

    というと、彼は私の荷物を持って、軽く棚へ上げてくださった。

    実家近くの駅で降りるときも、なんとなく気配を察してくださったのか、スッと立ちあがり、棚から荷物を降ろしてくださった。

    その一連の行動が実にスマートで、言葉も決して多くはなかったけれど……カッコいいなって感じたんだよ。

    「ありがとうございました」

    というと、ペコっと小さく頭を下げて返してくれた。本当にスマートだったなぁ。

     

    ちょっとした気遣い、心遣い、大事なことだなと思いつつ、電車通勤は続く。

    posted by: sasayan | てつどう&駅の光景。 | 05:09 | comments(0) | - | - | - |