Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
待ってました、第4巻。今回は女性キャラ多め♪そうそう、女傭兵・リオンティーヌさん初登場。美しい…そして、とても健気なキャラなので大好きです。
ヴァージニア二等兵さんの描くキャラってみんな魅力的〜!
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

さて、私に彼を操ることはできるのでしょうか…(汗)
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
若いっていいねぇ…(しみじみ)
0

    金曜日の夕方、渋谷駅前で待ち合わせ。

    週末の夕方、ものすごい混みあう渋谷……久しぶりに来たな、この時間帯。

    待ち合わせをしていたのは、娘ほども年齢が離れた女の子、Mちゃん。実は彼女、今私が住んでいるマンションの近所に住む女の子で、やっぱり近所のお店で顔を合わせているうちに仲良くなった子だ。

    新潟出身であり、若いのに……いや、若いからこそか?とにかく、酒豪。そして、上手にお酒を飲むの。

    そこで、私がいつもほかの仲間に連れて行ってもらっている居酒屋さんのことを話すと、行ってみたいということになった。

     

    予約を取っていて正解だったわ、さすがに週末の渋谷、お店の中はとても賑やか。

    ここに来るのも久しぶり。私は何度か通っているので、ここの料理のおいしさも知っているから、あとはMちゃんにお任せ。

    カウンターに並んだお酒の瓶を見た彼女、目を輝かせてる(笑)

    刺し盛りやちょっとつまめるものを適当に頼んで、互いに好みのお酒をチョイスして、話しをする。

    年齢が離れているから、何を話すのかと思われるかもしれないが、たわいもない話し。

    で、そのうちに、彼女が悩んでいるという、コイバナになった。

    詳細は割愛させてもらうが、聞いていると、なんだか贅沢な悩みではあるが、彼女の恋愛観、みたいなものがなんとなく読めてきて、なるほどね〜と思ったり。私自身は、ひと様に話せるほどの恋愛はしていないけれど、でも、人のコイバナを聞くのは嫌いじゃないので(笑)、ふむふむと聞いていると、なんというのか、若いなぁって思っちゃったのだ。

    私は聞いてあげるだけで、何もアドバイスはできないよと笑うと、

    「うん。聞いてもらっただけでもスッキリしたー」

    と、Mちゃん。ずっと、心の奥に閉じ込めていた思いだったんだろうね。

    ちょっとだけため息をついて、自嘲気味に笑った彼女は、お猪口に残っていた日本酒をぐっと煽った。

    目の前にあった刺し盛りをつつき、私もお酒をちょっとなめていると……

    「ささちゃんはどうなの?」

    と聞いてきた……ああ、やっぱり聞かれるのか(^_^;)まぁ、聞かれるわなー、このくらいの年齢の子だったら、気になるだろうし。Mちゃんのお母さんと同い年だというから(笑)、なぜ、未だに私がひとりなのかというのも聞かれてしまった。

    適当に話すのも失礼かと思ったし、かといって真実を話すのもちょっと……だけど、答えないと失礼だよね。

    私の恋愛観というか、今の状況なんかも話してみると、Mちゃん、ちょっと考えてから、こういった、

    「でも、ささちゃんのような人もいるってことだよね。私の会社の先輩でも、似たような人がいるよ」

    と。あら、意外とあっさり、受け入れてくれたわ。

    「いろんな人がいるからね。恋愛模様ってのは、人の数だけあると思っているし」

    そう言って、ちょっと遠くを見てしまう私。

     

    私の願いは、叶うことはない。どんなに願っても、叶うことはない。

    ……なぜか、そういうことばっかりなんだよねぇ、これに関しては。

    それに、あまり人に話したこともない……というか、自分で言うのもなんだが、とにかく奥手なんだとも思うよ。

     

    その後は、彼女の会社の話しとか聞いたり。

    今回は聞き役に徹したなぁ、私。うん、たまにはいいよね、こういうのも。

    おいしいお酒とおつまみで、コイバナ……あら、これって女子会ってやつか?(笑)

     

    帰りも同じ方向に帰るので、彼女が全席指定の特急の切符を取ってくれた。

     

    たまにはいいね〜、こういう夜も。

     

    その後、Mちゃんはあのお店、気に入ってくれたみたいで、会社の上司を連れて行くと、メールもくれた。

    よほど気に入ってくれたのね、うれしいなぁ。確かにいいお店だし。

     

    喜んでもらえてよかった。本当に。

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:45 | comments(0) | - | - | - |