Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版の最新刊です。
この巻で主要登場人物がほぼ、揃ったことになるのかな?
「のぶ」最大の敵(笑)ダミアンが、またまた店に襲来。まぁ、最後は白狐様の怒りを買って「神罰」が下されますが、自業自得ですね〜。
「魔女」こと、イングリドさんを捜していた、「大司教」=ロドリーゴさんもようやく、姿を見せてくれましたし、アルヌはついに家督を継ぐと宣言、その御披露目式も「のぶ」で行われ、錚々たる顔ぶれが店に揃います。
人が人を呼び、身分関係なくおいしいものをおいしいと言って食べて、楽しめる、あたたかい店、それが「のぶ」。みんな、この店が大好きなのです。
信之さんとしのぶちゃんは、改めて、古都に店が繋がったことにしみじみ、しているようです。
キャラ原案・くるりさんのイラストを基にした、ヴァージニア二等兵さんの描くキャラクターたちが、本当に素敵で、何度呼んでも面白い♪
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
3度目。
0

    3度目の入院が決まった。

    帰宅して、入院するためにもらってきた手続き用書類を拡げて、記入している。

    最初の入院は卵巣がんの摘出手術のため、2度目は抗がん剤治療の初回での入院。

    そして、今回は……

    「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)

    が発覚したため、精密検査をするための検査入院である。

     

    睡眠時無呼吸症候群は、いわゆる「現代病」とも言われているもので、その名の通り、眠っている間に呼吸が一瞬止まってしまう病気だ。それが眠っている間に何度も繰り返されると、心筋梗塞などの危険性もある。

    私の場合は、先月、治験で行ったとある簡易検査でそれが見つかり、しかもかなりの重度という数値がはじき出されてしまった。

    「治療が必要」

    という診断が出されたため、いつも通っている病院の、耳鼻咽喉科のドクターを紹介していただくことになった。

    こういう時、総合病院ってラクよね……

     

    耳鼻咽喉科の先生は、男性のI先生。

    これまた、見た目が豪快な方で(笑)、すごい体力派だと一見してわかる。ぱっと見た目はコワモテだし(失礼…)、浅黒く日焼けした筋肉質の腕、話し方もざっくばらんではあるのだが、それほど怖いという印象は受けなかった。

    「ん〜…確かにこの数値じゃなぁ…」

    と、皮膚科のH先生からの電子カルテと、婦人科のA先生からのもの、そして簡易検査のデータを見てから、私にいくつか質問してくる。それらに答えていると、

    「あなたはいい声をしているね。返事も、はっきりしてくれる」

    と言われた。ほめていただいたのだろうか……?

    「あ、ええ、しゃべる仕事なので…」

    すると、

    「そういうことか」

    ニカッと笑ったI先生。

    「でも、なにか気負っている感じもするなぁ。いいんだよ、そんなに緊張しなくても。この病気も早めに見つかったから、今から治療をスタートできる。婦人科のAくんにも話しをしておくから、こっち(耳鼻咽喉科)でもしっかり、診ていこうな」

    「はい。よろしくお願いします」

    なんだろう、I先生もA先生も、そしてH先生も……この病院の先生方、幸い、私はとてもいいドクターに出会っている……なんというのか、総合病院らしくないというか…歴史も長くて、県内では中核的な位置を占めるところだ。でも、堅苦しくないっていうか、話しをさせてもらうのがすごくラクだ。

     

    その場で検査入院の予約を入れる。

    なんでも、この病院のSASの検査機械が1台しかないそうで、予定が少し詰まっている様子。私は8月末の会社のシフト休みにあわせてもらうことができた。

    でも、必要経費を聞いて、思わずため息。どうしようか……どうやって工面しよう。高額医療費には届かないのよね…これが。でも、今の私にはかなりきつい。

     

    I先生のところを出て、毎度おなじみの中央採血室へ行って今回は試験管に3本、採取してもらう。

    すっかり顔なじみになってしまった、採血室の技師さんが、

    「あれ?今回は耳鼻咽喉科なの?」

    と、シールを見て言う。そうね、いつもは婦人科だから。

    「あー、はい。睡眠時無呼吸症候群で…」

    というと、

    「ああ、自分もそうなんですよ。寝ているときはマウスピースを付けて寝ていますよ」

    という返事が来た。びっくりだ。

    中央採血室から放射線科へ行ってレントゲン撮影。

    耳鼻咽喉科、中央採血室、放射線科は、同じ並びにあるので、これはとても助かった(それぞれ距離はあるけれど)。

     

    最後に、入院受付センターへ行く。

    3度目の入院なので、詳細な説明はかなり省略(笑)

    今回は検査入院なので、どうしても個室になるという。まぁ、仕方ないわなぁ…検査機械もあるし。

    ひとつ、懸念していたことがあるので、それについての相談もさせてもらい、詳細は後日、入院する時になってからということになった。

    必要書類を受け取り、最後に総合受付でお会計を済ませて、さて……と少し考えてから、抗がん剤治療でお世話になっていた外来治療センターへ行ってみた。これも、ほぼ、恒例になっているのだが(笑)

    「あら、今日はどうしたの?」

    と、看護師のTさん。

    外来治療センターの中はがらんとしていた……そう、患者さんの姿がないのだ。なんでも、今日はお昼前に終了してしまったらしい。ここは完全予約制だから、急患がくることもない。つまり、午後は誰も来ないということだ。

    少し話しをさせてもらってから、センターをあとにする。

     

    そういえば、I先生に言われたんだった……

    「もう少し痩せないとダメだな」

    ああ、耳が痛いです(涙)

    「でも、抗がん剤の副作用、まだあるみたいだから、それも考えればあまり無理はできないだろ?お散歩でもいいんだ、少しずつ歩く距離を増やすといい」

    とも教えていただいた。

     

    8月末……また入院か〜……

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 21:06 | comments(0) | - | - | - |