Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版の最新刊です。
この巻で主要登場人物がほぼ、揃ったことになるのかな?
「のぶ」最大の敵(笑)ダミアンが、またまた店に襲来。まぁ、最後は白狐様の怒りを買って「神罰」が下されますが、自業自得ですね〜。
「魔女」こと、イングリドさんを捜していた、「大司教」=ロドリーゴさんもようやく、姿を見せてくれましたし、アルヌはついに家督を継ぐと宣言、その御披露目式も「のぶ」で行われ、錚々たる顔ぶれが店に揃います。
人が人を呼び、身分関係なくおいしいものをおいしいと言って食べて、楽しめる、あたたかい店、それが「のぶ」。みんな、この店が大好きなのです。
信之さんとしのぶちゃんは、改めて、古都に店が繋がったことにしみじみ、しているようです。
キャラ原案・くるりさんのイラストを基にした、ヴァージニア二等兵さんの描くキャラクターたちが、本当に素敵で、何度呼んでも面白い♪
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
職業病(笑)
0

    テレオペの仕事に就いて、10数年。

    自分が「客」の立場でコールセンターへ問い合わせする時も、どうしても気になるのが言葉遣いと声色などなど……

    もう立派な「職業病」(笑)

     

    ある日、とある企業のコールセンターへ電話したのだが、この時のオペレーターの対応の酷さには、唖然としてしまった。

    こちらの話しを聞こうともしない、自分の都合を押し付ける話し方で、ひと呼吸も置かず、話すスキを与えないぞという、威圧的な感じがミエミエの状態。

    さすがに、アタマに来たので、少しだけ空いたスキを狙い、

    「上司、出してください。あなたでは話しになりません」

    と言ってしまった。「上司を出せ」という言葉にビビったのか、オペレーター、そこで怯んだみたい(笑)

    「さっきから、あなた、私の話しを聞こうともしませんよね?私が言いたいこと、聞いてました?それの復唱はしてくれませんでしたよね?」

    「あ、では、お話し、伺いますので話してください」

    「はぁ?!」

    もう、これで決定。断固として、上司を出せと貫いて、ようやく交代してもらった。

    「用件を話す前に、同じオペレータの仕事をしている者として言いたいんですが……どういう研修をされているんですか?あとで私と、今のオペレータの会話を通録で聞いてください。酷いですから。私も長くオペレータやってますし、後輩の面倒を見たりしていますが、こんなに酷い対応をされたのは初めてです」

    平謝りの上司らしき男性。で、その後は、だらだらしても仕方ないので、すぐに話題を切り替えて、本来の問い合わせをさせてもらい、5分ちょいで終了。

    たいしたことじゃないのに……無駄な時間、使っちゃったよ。

     

    いろんな企業でテレオペさせてもらっているけれど、今、勤務している会社はマニュアル通りには絶対にいかない仕事で、臨機応変な対応が必須となる。また、私たちオペレータとお客様の会話は、ランダムに担当SVたちが聴くので、そのあたりもかなり厳しいと思う。

    顔が見えない分、声色と言葉遣いで「勝負」することになるので、やはりこのあたりは「慣れ」が必要だし、ある程度の社会経験は絶対に必要だと思っている。だからだろうか、テレオペをやっている人は、まぁ、企業にもよるが平均年齢が高いと思うのだ。

    一種の「特殊技能」でもあるんだろうなぁ……と、思ったりもする。

    そのせいか、リアルで顔を見て話しをしていても、相手の「声色」「声の表情」などから、相手の「見えない部分の感情」が、なんとなくだが、読み取れることもあったりする。

     

    私自身、完璧にできるわけじゃないし、日々精進と思っているが……

    ホント、酷い対応だったわ、あれは。

     

    応対品質向上のために録音させていただいております……なんていうアナウンスが流れるのが普通になった今のコールセンター。

    まぁ、もちろん自分たちの向上のためでもあるが、一番は、お客様とオペレータの齟齬が怖いということもあり……先日も、勤務先で、解釈の違いでとんでもないことになっていたみたいだ。

     

    日々精進……うん。

    苦手じゃない仕事ではあるので、続けるためにも、このあたりは精進しないとならんのだ。

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 18:02 | comments(0) | - | - | - |