Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」 (8) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」 (8) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版最新刊!
ハンスが衛兵を辞めて、タイショーこと信之さんに弟子入り。傭兵稼業から足を洗ったリオンティーヌさんが、産休のヘルミーナさんに代わり、「のぶ」の給仕として仲間入りします。
自分の進むべき道を悩むニコラウスは、しのぶちゃんたちにさりげなく推され気味で(笑)、水運ギルド<鳥娘の舟歌>のエレオノーラさんと、なんとなくいい仲に…
それぞれの進む道が描かれる8巻。
信之さんとしのぶちゃんの「兄妹」のような仲も、ちょいと気になりますね♪
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
そういう時期だなぁ。
0

    夕方、てくてくと自宅へ向かって歩いていると、どこかからか、かすかに何かを燃やしたようなにおいがしてくる。

    それで、今日は送り盆だったと思い出した。

    「ああ、だからか」

    思わず小さく呟いてしまう。

     

    子どものころから、カンが強く、今でも時々だが、なんとなく「霊」を「視たり」「感じたりする」ことがあるけれど、毎年8月は、ちょっと気を付けていたりもする。やはり、お盆の時期でもあるから、いつもより若干だけれど「視える」ことが増えるからだ。

    まぁ、このあたりは、いつも身に着けている「お守り」がいてくれるので、大抵のことは、この子が守ってくれているらしい。

    お守りは「風水」の「九生龍子」(きゅうせい・りゅうし)の七番目のこども「ヤアズ」。

    「風水」の考え方では、龍は九匹のこどもがいるそうで、その中でも「ヤアズ」は、かなりパワーの強い子だとか。

    私は数年前、某所で出会って、ひとめで気に入った子。以来、ずっと一緒に暮らしている。

    とある人に言わせると、

    「すごいあなたに懐いているねぇ」

    だそうだ。

    私もこの子が大好きだから、どこへ行くにも一緒だし、病院へ入院した時もずっと、身に着けていたし。

     

    信じる、信じないは人それぞれだけれど、やっぱり「あの世」ってのは、あると思う。

    あ、言っておくけれど、私は基本、無宗教。

     

    実家では、昨年末に亡くなった祖母の新盆も無事に終えたとか。

    今頃、ばあちゃんは、先に逝って、待っていたであろう、じいちゃんと一緒に穏やかに暮らしていると思っている。

    自分の兄弟にも再会しているかもしれないし、友人のみなさまにも会っているだろうし、私にとっての、曾祖父・曾祖母にも、きっと、ね。

    長い人生だったもんねぇ、ばあちゃん……100年だもんねぇ……おみやげ話しに花を咲かせている事だろう。

     

    マンションの前まで来て、ふと、足を止める。

     

    きっと、この時期は、あの世からこの世に「里帰り」して、ゆっくり過ごしてから、また帰っていく人たちが、街の中を歩いている。「視えないだけ」で、たくさん、いるはずだ。

    いつか、自分もその中のひとりになるだろうと……ちょっと、考えたりもした、不思議な送り盆の夕方だった。

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 01:03 | comments(0) | - | - | - |