Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」 (7) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版の最新刊です。
この巻で主要登場人物がほぼ、揃ったことになるのかな?
「のぶ」最大の敵(笑)ダミアンが、またまた店に襲来。まぁ、最後は白狐様の怒りを買って「神罰」が下されますが、自業自得ですね〜。
「魔女」こと、イングリドさんを捜していた、「大司教」=ロドリーゴさんもようやく、姿を見せてくれましたし、アルヌはついに家督を継ぐと宣言、その御披露目式も「のぶ」で行われ、錚々たる顔ぶれが店に揃います。
人が人を呼び、身分関係なくおいしいものをおいしいと言って食べて、楽しめる、あたたかい店、それが「のぶ」。みんな、この店が大好きなのです。
信之さんとしのぶちゃんは、改めて、古都に店が繋がったことにしみじみ、しているようです。
キャラ原案・くるりさんのイラストを基にした、ヴァージニア二等兵さんの描くキャラクターたちが、本当に素敵で、何度呼んでも面白い♪
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ひとり飲みも悪くないよ。
0

    10年近く通っていた、小さな居酒屋さんが閉店してしまった。

    決して苦しい経営ではなかったはずなのだが、その店の中心を担っていた方が、とあるお店に引き抜かれてしまったらしい。

    なんとも厳しいというか、世知辛いというか…どうなんだろうなって思うけれど、まぁ、それが現実なんだろうな。

     

    で、もうひとつ、私が月に1〜2度ほど、通っているパブがある。

    いわゆる、アイリッシュパブという…全国チェーンではないが、都内と都下に数店舗、あるお店で、私は都下のお店がもっぱらの贔屓。駅から歩いて2分くらい。営業時間も、15時から翌朝5時くらいまでやっているし、基本的に休みはないので……いつでも、気が向いた時に行けるというのもあるし、お店のスタッフさんたちも覚えてくれたようで、最近はカウンターに通していただくことも多い。まぁ、ひとりで行くからというのもあるのだが、ある程度の顔なじみになってくると、決まった席ができてくるというか(笑)

    大抵は、仕事帰りにフラッと立ち寄る。

    たまたま、この日も仕事帰りで、カウンターの中にいたなじみのおねえさんが、

    「いらっしゃい!お仕事帰りですね?おつかれさま」

    と、声をかけてくださった。

    まぁ、決して安いお値段ではないのだが、今の私には贅沢な時間と言ってもいいかもしれない。もちろん、お財布事情との相談になるんだけれどね……とは言っても、私は中ジョッキにすれば2杯くらいのアルコールで充分だし……それほど高くついているわけでもない。それでも、今の私には贅沢なひとときになる。

    アルコール摂取は週に1〜2度と決めているし、そもそもが飲まない週もある。

    ここのお店はビールのタップ数が、常時20種類を超えている。中には、なかなかドラフトでは飲めない貴重なものもあるし、ビール以外にもアルコールのレパートリーは多い。そして、お料理にも妥協はない。調理担当者は、もともとが都内の某店で修行していた方だそうだ。

    なかなか侮れないお店。もとは、とある方に紹介してもらったお店でもある。

    それほどアルコールに詳しいわけじゃないから、わからなければ、素直にお願いすると、スタッフさんたちが色々と教えてくれるし、オススメもしてくれる。店内も少し照明が抑え気味。テレビもあるけれど、もっぱら洋楽がメインで流れている。

    こういうお店では、タバコやシガーはふつうなので、そのあたりはちょっと注意しないとならないけれどね。

    この日、最初にオススメしてもらったのは、ベルギービールの「ヒューガルデン・ホワイト」。

    飲み口がさわやかで、ビールが苦手な人でもすんなりといけるものじゃないかと思う。

    私はたいてい、ひとりで座っているので、時々、ふっとしたタイミングでスタッフさんが声をかけてくれる。穏やかに話しをしてくれるので、安心して飲んでいられるのだ。

    周囲を見ると、友人同士で来ている人もいれば、彼氏彼女、またはご夫婦、もちろん、ひとりで来ている男性や女性もいる。

    みんな、グラスを片手に、おいしいお料理を食べながらおしゃべりに余念がない。ひとりで来ている方は、スマホを見ていたり、本を読んでいたり、何かを描いていたり……思い思いに過ごしているのだ。

    カウンターに肘をついて、ぼんやりとビールを飲みながら、物思いにふける。

    まぁ……色々、ね……あるんだよ……今は、特にどうしても、ひっかかっていることがあって……それがこの先、どうなっていくのか、非常に不安でもあるのだが……まぁ、焦っても仕方ないと思いつつ。

    今日のお料理は、茄子とプチトマトとモッツアレラチーズの冷菜。オリーブ+バジルソース。

    あっさりしていて、おいしい。

     

    ふっと、気づくと、椅子がふたつ、空いた向こうに若い兄さんふたり組が座っているんだが……

    (あー……この人たちか)

    実は、ずっと気になっていたのが、かなり強烈な香水の匂いがしてくることだった。カウンターの椅子の距離にはそれぞれ、余裕がから、それがふたつ離れた向こうから匂ってくるのだから、どれくらい強烈か想像してもらえるだろうと思う。私は香水に詳しいわけじゃないけれど、これ、ウルトラマリンかな……むー、きついなー……若いころはそうは思わなかったけれど、この年齢になると、かなりきつく感じるぞ、これ(笑)

    例に漏れず、ふたりはタバコを吸っている。かなりのスモーカーだ。

    「ささなお(仮名)さん、どうしました?」

    キッチンの奥から顔をだしてくれた、男性スタッフさんが私の様子をみていたらしく、そっと声をかけてくれた。小さく笑って、手元にあった自分の手帳に、さらさらっと書いた。

    「いや、ちょっと……おにいさんたちの香水がきついのよ…私、鼻が効くから、かなり強く感じる」

    すると、それを読んでくれたスタッフさんも苦笑いする。

    「ま、こういうお店だから仕方ないよ」

    と、これは小さく声に出して言うと、スタッフさんも小さく笑ってくれた。

    お兄さんたちが飲んでいたのは、スモーキーなタイプのウイスキー。年齢的には私よりずっと、若いだろうな(笑)そのうちのひとりはソフトモヒカンだし、もうひとりは金髪。まぁ、いかにもっていうふたりだ。

    あれだけガンガンとタバコを吸って、ウイスキーを飲んで、せっかくの味が壊れないだろうかと余計なことを考えてしまったのは、ここだけの話し。

     

    おいしいお酒をいただき、チェックしてもらってから外へ出ようとしたとき、さきほどのスタッフさんが外へお見送りにきてくれた。

    「いつもありがとうございます。足元、気を付けてくださいね」

    「ありがと。ごめんね、わがまま言っちゃって。こういうお店ではタバコやシガーはふつうだってわかっているんだけれどさ」

    「いやいや、わからんこともないですよ。お気遣い、感謝します」

    「また近々、来るね。ごちそうさま。おやすみなさい」

    「おやすみなさい」

     

    お店から駅まではすぐなので、フラフラ歩いて、各停に乗って、最寄り駅で降りて、また歩き出す。

    蒸し暑いなぁ……もうすぐ8月も終わるのに。

    posted by: sasayan | つぶやき。 | 23:44 | comments(0) | - | - | - |