Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」 (8) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」 (8) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版最新刊!
ハンスが衛兵を辞めて、タイショーこと信之さんに弟子入り。傭兵稼業から足を洗ったリオンティーヌさんが、産休のヘルミーナさんに代わり、「のぶ」の給仕として仲間入りします。
自分の進むべき道を悩むニコラウスは、しのぶちゃんたちにさりげなく推され気味で(笑)、水運ギルド<鳥娘の舟歌>のエレオノーラさんと、なんとなくいい仲に…
それぞれの進む道が描かれる8巻。
信之さんとしのぶちゃんの「兄妹」のような仲も、ちょいと気になりますね♪
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【小説】まったりとしているようで、実は…
0

    友井羊さんの最新刊『スープ屋しずく』シリーズ4冊目でございます。

    決して異世界とかに飛ばされるわけじゃない、現代の日本…たぶん、東京都内の某所が舞台のお話し。

    今回は5編(うち、ひとつは書下ろし)が収められています。

    「しずく」店主の麻野さんが作るスープは、ちょっと珍しいものが多いのですが、決して突飛なものではなく、彼が下調べをして、こつこつとイチから手作りをする、優しいスープ。

    都内の某広告代理店で仕事をする理恵さんも、毎朝のように「しずく」へやってきます。理恵さん、やっぱり麻野さんのことが好き……という気持ちがあるようで、でも、それを言い出せず……麻野さんも決して、彼女のことを邪険にしているわけではないのですが、なんとも……もどかしい展開になっているのは確かです(笑)

    麻野さんのひとり娘・露ちゃんも、人見知りは相変わらずですが、感受性豊かな、年頃の女の子として描かれており、また、露ちゃんの学校の同級生に関するお話しも今回は入っています。

    理恵さんの後輩・伊予ちゃんとそのお友達が登場する、ジビエ関連のお話し、亡くなった人が残した「お宝」のお話しなど、どこかにありそうな物語が展開するのが、このシリーズの特徴でもあります。

    スープを作りながら、話しを聞く麻野さんは、優しくも厳しく、しかし、決して人のこころを踏みにじることなく、物事を推理していく手際は、見事なものです。今の麻野さんは、彼自身が背負ってきた「過去」があるからこそ、人のこころを踏みにじることは決して、ありません。

    理恵さんも、結局のところは、彼に相談を持ち掛けていく……自然と、そういう展開になっていくという……

    今回の最終話(5話め)では、理恵さんの「これから」も描かれます。たぶん、彼女が進む道については、また続巻があるでしょうから、それを楽しみにしていたいと思っていますが……さて、ホント、麻野さんとの「展開」、どうなっていくんだろうなぁ……読んでいても、なんだかじりじりしちゃうのですよね(笑)だって、麻野さん自身の反応も、すごい「思わせぶり」なんだもの。

     

    空の上で、しずくさん(麻野さんの亡くなった奥様。彼より、ちょっと年上の女性です。彼女と麻野さんのなれそめなどは、また別の物語の中で描かれています。お察しの通り、お店の名前は、このしずくさんからのもの)が、苦笑いしているんじゃないかな……しずくさんだったら、きっと、麻野さんの肩に優しく手をのせて、笑ってくれると思うのです。

     

    何の変哲もない生活の中で沸き起こる、ふとした疑問や不思議なことなど……

    身近なテーマのお話しも、いいものです。

    posted by: sasayan | まんが・しょうせつ。 | 22:50 | comments(0) | - | - | - |