Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」 (8) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」 (8) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版最新刊!
ハンスが衛兵を辞めて、タイショーこと信之さんに弟子入り。傭兵稼業から足を洗ったリオンティーヌさんが、産休のヘルミーナさんに代わり、「のぶ」の給仕として仲間入りします。
自分の進むべき道を悩むニコラウスは、しのぶちゃんたちにさりげなく推され気味で(笑)、水運ギルド<鳥娘の舟歌>のエレオノーラさんと、なんとなくいい仲に…
それぞれの進む道が描かれる8巻。
信之さんとしのぶちゃんの「兄妹」のような仲も、ちょいと気になりますね♪
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【読書感想】この先の展開も楽しみ〜異世界居酒屋のぶ 六杯目〜
0

    なろう小説連載中の『異世界居酒屋のぶ』六杯目、ようやくゲットしました。

    今回の表紙は、もちろん、おなじみのイラストレーター・転(くるり)さん。店の軒先でタイショーこと信之さんと、エーファちゃん、そして、看板娘・しのぶちゃんがお客様をお迎えしている場面でしょうか。よく見れば、雪が舞っているようですね。新しい登場人物も増えていますし、レギュラーキャラたちも、色々な動きの中でそれぞれが、それぞれの立ち位置をしっかり踏まえて前を見据えているような、そんな感じがします。

     

    6冊目の中で、一番のメインイベント…は、個人的には、アルヌとオーサの結婚じゃないかと思います。

    古都に伝わる、独特の婚姻方法があるようで……なかなか一筋縄ではいかないような展開から、ハッピーエンドを迎える。

    アルヌも、最初に登場したころは、吟遊詩人を目指す放蕩息子でしたが、「のぶ」に通うようになり、憧れの詩人・クローヴィンケルさんに出会い、信之さんたちに触発されて、徐々に自分が「やるべきこと」を見出し、立派な侯爵様になるべく、邁進している感じがします。その中で、大事なパートナーを迎えるというのは、彼のこれから……古都とその周辺を治める重要人物……を、暗示しているような気がします。それにしても、立派な大叔母上がいたものです。加勢するリオンティーヌさんもリオンティーヌさんですが(笑)

    <四翼の獅子>亭のリュービクさんと信之さんが初めて、タッグを組んで料理するというのも、この中で初めて書かれています。

    それぞれがまったく違う世界の料理とはいえ、同じ料理人として、互いにシンパシーを感じたふたりのやりとりは、やがて、信之さんを「過去の束縛」のようなものから解き放ち、さらに前を見据えて行こうとする……その話に繋がっていきます。

    しのぶちゃんは、きちんと、それを理解する……いい場面です。

     

    水運ギルド<鳥娘の舟歌>マスターのエレオノーラさんと、その職員となったニコラウスの仲も気になります。

    とあるひとことが始まりで、「のぶ」の給仕をすることになってしまったエレオノーラさん。戸惑う彼女に、スッと助け船を出してくれるのはニコラウス。このあたりも、気になりますね〜。エレオノーラさんは、本当はニコラウスに惚れているんだろうなぁ…でも、素直に認めたくないという、乙女心がにじみ出ているのも面白いです。

     

    古都にある農産物で、トウフを作ろうと苦心するハンスの前に、ひょこっと現れたのは白狐様。

    文章的にははっきりとは書かれていませんが、白狐様は、信之さんやしのぶちゃんはもちろん、エーファちゃんやハンス、リオンティーヌさん、そして訪れるお客様たちをいつも見守ってくれているというのがわかるお話しがあります。ちゃっかり、自分が食べたいものを、さりげなくリクエストしていくおちゃめなところも好きだ(笑)

    信之さんとしのぶちゃんは、ハンスが出会った不思議な女性(白狐様)のことは、すぐに理解して、薄揚げをカミダナにお供え。きっと、喜んでいると思います。

    ハンスもすごい……血は争えないっていうか、彼も根っからの「職人気質」なんだなぁ。

     

    ほかにも、色々な出来事が書かれていますが、書き出すとキリがない(笑)

    青年商人・マルコが連れてきた、東王国からの客人は、ヴェルダン家の出身(東王国が舞台のスピンオフ「異世界居酒屋げん」に通じるお話し)、エーファちゃんのお兄さん、ベルトホルトさんが連れてくる新人衛兵さんたち、アルヌとイーサクさんが銀行家の男性とする会話など……

    というわけで、実際には読んでほしいなぁと思います。面白いよ〜♪

     

    原作者の蝉川先生、体調を崩されて自宅静養・通院中ということがtwitterでも書かれておりました。

    体調面が非常に心配ではありますが、今のところ、だいぶ安定していらっしゃるのかな……物語の続きが気になりますが、まずはお医者様のいうことを守り、ゆっくりしてほしいなぁと思います。

     

    私自身も、入院直前にこの物語に出会い、入院中から1年間の療養中、このお話しに随分と救われました。

    本当に大好きな物語です。

     

    「のぶ」は、のんびりゆっくり、楽しみたい物語ですから……のんびり、待っていましょう。

    posted by: sasayan | まんが・しょうせつ。 | 07:17 | comments(0) | - | - | - |