Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
待ってました、第4巻。今回は女性キャラ多め♪そうそう、女傭兵・リオンティーヌさん初登場。美しい…そして、とても健気なキャラなので大好きです。
ヴァージニア二等兵さんの描くキャラってみんな魅力的〜!
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

さて、私に彼を操ることはできるのでしょうか…(汗)
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
つれづれ。
0

    今日はいつも行っていた、とある歌い手さんのライブの日だが、私は今回も遠慮することにした。

    まだまだ、長時間のライブなどに行くのは難しいというのもあるし、精神的な面でも、ちょっと……色々、複雑な気持ちがあるからだ。

    今月アタマにも、好きで好きで仕方ない……本当に大好きな歌い手さんのライブがあったけれど、これは当日、実家にいたのでお伺いすることが出来なかった。でも、こちらでは、当日、とあるものをご本人に届けていただいたというのがある(ご本人には手渡しされる当日まで黙っていたので、かなり驚いてくれたみたいで、個人的にはサプライズ大成功!)。

     

    本当はね、死ぬほど行きたいんだけれどね……

     

    今の自分を、あまり見られたくないという気持ちは、まだ、ある。

    某所では元気に呟いていたり書いていたりしているが、本当のことをいうと、あまり……大勢の人がいるところに行きたくないというのが……正直なところなのだ。

    だから、病気をした後の私に会っている人は、本当に限られている。

    あと、私が行くライブって、縦横のつながりが強いところなので、なんとなく疎外感を覚えるというのもある。

    いつだったか、とある人が言い放ったひとこと、数年経った今でも忘れていないぞ……

     

    私は、それほど強い人間ではないから……一度、気になると、それがずっと尾を引く。

    まずいことだと理解はしているが、こればかりは、どうしても、今でも脱出できない部分だ。

    いい意味でも、悪い意味でも、開き直りというのが出来ないタイプなんだろうねぇ。

     

    こないだの、療法士・Kさんとの話しを思い出す。

     

    言霊とはよくいったものだ……

     

    自分自身に正直でありたい反面、それらを外部へ出すというのは憚られるなぁ……うん。

    まぁ、そのうちに、どうしても話したいことは、ちゃんと話せるはずなので、もう少し整理しておこう。

     

    やりたいことは山のようにあるし、話したいことはいっぱいあるんだよ〜……

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 16:58 | comments(0) | - | - | - |
    「焦ることはないよ」
    0

      数日前。

      どうしてもお刺身が食べたくて…で、買い物に行って、買ってきたのが光もの。

      どういうわけか……光ものが食べたかったんだな、めずらしく。

      ところが。

      「げ……」

      食べている途中で、かゆくなってきた。

      途中で食べるのをやめる。もったいないとは思ったけれど。

       

      昨日今日は、正直、体調が優れない。

      特に日曜日は、めずらしく朝から天気がぐずついているせいか……手足の痺れ、膝の関節痛が酷く、身体を横にしている時間が長い。

      日によって、体調面も精神面でも、かなりのブレがある。

      仕方ないとはわかっているのに、でも、どこかで焦っているのかな。もう、これは性格上、どうしようもない部分なのかも。

       

      ほぼ、日課となっている母への電話で、ちょっとだけ愚痴をこぼしてしまった。

      「バカだねぇ。光ものは、元気な人でもかゆくなることあるのに、今のお前じゃなおさらだよ」

      と、母が電話の向こうで笑った。

      「表面上は元気でもね、あれだけの病気なんだから、まだまだってこと。長い目で見ていかないとダメってことさ」

      どうしようもないってのは、理解しているつもりなのだが……ううむ……

      あー、食べたいものが食べられないのは、ちょっと辛いなぁ。

      一応、食事制限は解除されているんだが、気をつけなさいねとは、担当医と看護師さんから言われてはいる。

      「お刺身食べるんだったら、赤身や白身の魚にしておきなさい」

      「うん、そうする」

      電話の向こうの母も、そう言った。

      「あとね、精神的なストレス、あるんじゃないの?まだ、どこかでなにか我慢しているところ、ないか?」

      と、母。一瞬、言葉に詰まった。返事ができない。

      精神的な面、これはやっぱり先日も書いた通り、療法士さんに会ってきたほうがいいな。

      週明けにでも予約の電話を入れておこう。

      「あんたのことだから……でも、どこかで吐き出さないとダメだよ」

      「……うん」

       

      もう少し、もう少し待っていれば……うん。

      posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:52 | comments(0) | - | - | - |
      のんびり、やっていくさ。
      0

        手術した傷跡のあたりが鈍く痛いです…

        仕方ないとは思うんだけれどね。

         

        暑すぎて、外へ行く気力が全く出ません。

        で、何をしているかというと、Amazonプライムで、アニメやらドラマを見ていたりする。

        最近のアニメは、正直、あまり見る気がしないのだけれど……難しい話しをされたくないっていうか、やたらめったら伏線を張って、それを回収していくのも大変というのか(※あくまでも個人的見解です)。個人的に、あんまり難しいことを考えたくないというのもあります。

        だから、今、見ているアニメも、なるべく何も考えず、気楽に見られるものを選んでいます。

        ドラマは、恋愛ものは好きではないし、かといって推理物も苦手(^_^;) ただ、前から気になっていた深夜ドラマがあったので、それを通してみていたりしますが、これはこれで面白いです。

         

        もともと、Amazonプライムも入るつもりはなかったのですが、まぁ、物は試し…勧められたので、入ってみるかと。

        そうしたら、なにかと便利だな、なんて(笑)Amazonさんも、この病気を患ってから、ちょいちょいとお世話になるようになったし、使わない手はないなーと。

        なんやかんやで、便利に使わせてもらっています。

         

        のんびり……なるべく、のんびりしているつもりですが、どこかで、うしろめたさを感じているのも、事実です……

         

        posted by: sasayan | にちじょう。 | 19:25 | comments(0) | - | - | - |
        ありゃりゃりゃ…
        0

          久しぶりに、いつもの病院へ行ってきた。

          というのは、お昼を食べに出かけて、そのまま帰宅してから身体がおかしい。

          全身から汗が噴き出してくるわ、痛くなってくるわ、目は回るわ……汗のかき方が尋常じゃないのだ。うっすらとうぶ毛が生えてきた頭皮まで汗がびっしょり。

          実は、まだ抗がん剤の副作用は続いていて、手足の痺れと関節痛があるんだけれど、それも痛みが増しているような……

          日曜日だったが、いつもの病院へ連絡を取ると、婦人科の入院病棟へ電話を繋いでもらった。幸い、入院していた時にもお世話になった看護師長さんが出てくれて、私の担当の先生も当番日で在院しているとのことなので、とにかく早めにおいでなさいと言ってもらえたので、タクシーを呼んで、病院へ。

           

          ホント、かかりつけでもある、今の総合病院が、自宅近所にあってよかったわ…

           

          応急処置室に行くと、担当の先生がいてくれた。

          「大丈夫ですか?かなり顔色悪いね」

          「すみません〜…」

          「いやいや、連絡もらって正解だよ」

          とりあえず、ベッドに横になったら、今度は少し過呼吸になってきた。応急処置室の看護師さんが色々と動いてくれる。

          苦しいが、ここは病院で、先生がそばにいてくれるという安心感もあったのだろう、しばらくして呼吸も落ち着き、脈も落ち着いてきた。汗もひいてくる。

          どうやら熱中症とは違うようで、暑さと副作用と疲れが同時に出てきて、身体が一時的にパニックになったらしい(ほかにも原因はあるようだが、これが一番の原因とのこと)。

          「こまったねぇ…」

          と、私が小さく呟くと、先生が苦笑いして、

          「まだまだ、無理はできないということですよ。でも、半年前に比べれば、今のささきさん(仮名)は、随分、違って見えるかな。明らかにね、いい方向に向かっていると思いますよ」

          という返事が来た。

          「今年の夏も、かなり暑いと思う。水分はマメに摂ってね。室内温度も高くなり過ぎないように」

          「低くてもダメですよね」

          「もちろん。難しいとは思うけれど、調整、がんばってやってください」

          その後、ちょうど、飲んでいる薬も終わったことを話すと、まだ一部の副作用がつらいということもあり、一番やっかいな、手足の痺れを抑える薬を出してもらうことになった。

          先生が病棟へ戻った後もしばらく横になって、休ませてもらった。

          落ち着いてから、時間外窓口で会計を済ませ、院内処方ということで、病院内の薬局へ行き、薬を出してもらって、再びタクシーでマンションに戻った。

           

          いやー……びっくりしたわ、ホントに。

           

          いずれにしても、8月中旬には再診が待っている。

           

          去年の今頃のことを考えると、体型が明らかに違う。もちろん、今のほうがずっとずっと、身体的な負担は楽なはずなのだ。

          単に、体力が戻りきっていないだけ。どれだけの大病なのか……改めて痛感する。

          抗がん剤の副作用については、まだまだ長い目でつきあっていくことになるだろう。

          あれだけ強い薬を半年の間、身体に入れていたのだから、それが抜けていくのも半年はかかるのかな〜などと思っている。

           

          しかし、この暑さ……尋常じゃないよなぁ…

          posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:14 | comments(0) | - | - | - |
          暑いっ!
          0

            どうしても出かけないといけない用事があって、朝から動く。

            「あちぃ…」

            あまりの暑さに、足が進まないわ……それでも、まだ少し風があるから楽。

            目的地の駅に降りて、ペットボトルの蓋を開ける。蓋を開けるには、ちょっと……まだ手に力を込めるのがうまくいかなくて。タオルハンカチを利用して、少しずつ開ける。

            久しぶりの駅。そこから目的地へは少し距離があるので、少し考えてタクシーを使った。バスもあるけれど、いつ来るかわからん。庇もないところで待っているのはさすがにつらい。あと、すんごくわかりづらいのも、都内でバスを使わない理由のひとつかも。

             

            目的地に到着。

            久しぶりの場所でもあるので、私用を済ませる。

            相変わらず忙しそうだな……今は特に、西日本の案件でバタバタしている。

            ……戻ってこられるのはもう少し先になりそうだけれどね。

             

            用事を済ませてから、最寄りの地下鉄駅まで徒歩。そこから電車を乗り継ぐ。

            急ぐ旅でなし、のんびり暑さをよけながら。

            しかし、暑いわ……水分補給、どれだけやったかな。

            そして、相変わらず、歩き続けると足の痺れが酷くなってくる。感覚がなくなってきちゃうんだよなぁ…

             

            帰宅して、洗濯機を回して、その間にシャワーを浴びて、ほかにこまごましたことを済ませる。

            身体が熱いな……火照る。

            エアコンを操作して一定の温度に下げて(下げすぎないようにして)、そのまま横になったら眠ってしまったらしい。気づいたらこんな時間。まだ体力は、戻っているわけじゃないからなぁ……疲れやすいというのが顕著に出てきている。

             

            まだ梅雨明けしてないんだぜ〜……

            posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:24 | comments(0) | - | - | - |
            いろんな人がいるなとは思うけれど〜とあるビールパブでのお話し〜
            0

              やっぱり、その日その日によって、体調・精神面が不安定である。

              実家に戻ると、最近は日常的な作業を少し、任されるようになってきた。今までのようにはいかない。

              まぁ、じっとしていても仕方ないので、動くようにはしているけれど。

               

              でも、正直、実家にいると、どうしても甘えてしまう。

              だから、できれば、かながわのマンションに戻りたかった。

              荷物をまとめて、実家近くの私鉄の駅まで送ってもらって、JRのターミナル駅まで移動して、そのまま新幹線に乗る。

              ……今日はだいぶ……ラクだ。

               

              いつもの駅。荷物をロッカーに預けると、とあるお店を目指す。

              ずっと考えていたことがあったんだよね。

              半年ぶりに、ビールを解禁すること。もちろん、担当医からはお許しをいただいている。

              解禁するんだったら、おいしいビールが飲みたいし…ということで、楽しみにしていたお店へ足を運んだ。

              が、ここでちょっと……残念なことに遭遇してしまった。

               

              平日夕方だけれど、とにかく賑やかな店内。決して広くはないけれど、清潔感あふれた店内で、みんながそれぞれ、ビールやおつまみなどに舌鼓をうち、会話を楽しんでいる。

              窓際の席に通してもらって、ビールをかたむけていると、私の隣のテーブルにいた男性客の団体が、なにやら重苦しい雰囲気。

              私から見える位置に座っている若い男性が、涙目になっている。向かいに座った男性(私からは背中しか見えない)が、なにやら怒鳴るというか、ものすごい威圧感でその若い男性に脅しをかけるようにして話しをしているのだ。

              アルコールの入った勢いというのもあるかもしれないが、その様子はただ事じゃないなという感じ。

              話しを聞きたくもないが、なにせそれほど広くはないので、嫌でも内容は聞こえてきてしまう。

              涙目の彼は、どうやら、プロジェクトの新人さんらしい。なにかやらかしたのか、ちょっとしたお小言のようなものを受けているのだが……そのうちに彼本人の人間性に対する愚痴になっていくのが、よくわかった。

              (う〜ん……)

              ふたりの先輩からくどくどと言われ続ける彼。何か言いたくても言い出せない雰囲気になっていく。

              余計なことは言いたくはないし、聞いていたくないけれど、どの席へ行っても同じかなと思ったので、そのままテーブル席に座っていたけれど、私の席からは、ほかのお客も、迷惑顔をしているのがよくわかる。お店のスタッフも困惑気味だ。

               

              しばらく経って、ようやくおひらきになるみたい。

              やはり新人さんらしき若い男性が、会費を集めて回っているけれど、その時の言葉遣いが、ちょっとその場の雰囲気にそぐわず、上司らしき男性が、

              「おまえな、もう少し言葉を勉強してこい」

              と強い口調で言い放った。萎縮する若手くん……まぁ、仕方ないな。私が聞いていても、その言葉はどうかと思ったから(苦笑)。ちょっと間違った用語も使っていたし。でも、こうやって覚えていくんだろうね。

              例の涙目の彼は、最後までうなだれていたが、最後に残っていた、さきほどとは別の上司らしき男性が、なにやら穏やかに話しかけている。少しは救われたかな……その人に連れられて、涙目の彼はお店を出て行った。ちらっと見ていると、上司らしき男性は、スタッフに頭を下げていた。お詫びをしていたのだろう。

               

              いろんな人がいるのはわかるし、こういうお酒の席でしか言えないこともあるだろうけれど、でも、個室じゃないんだから、周囲の雰囲気を読むというのは大事なことだろうに……と、思ってしまった。

              どこにでもいるよなぁ、ああやって、酒の席で怒鳴り散らす人って。

               

              半年ぶりのビールだったけれど、ちょっとだけ、苦い結果になってしまった私。

              でも、気を取り直し、新たにビールとおつまみをオーダーして、飲みなおした。

               

              あの涙目の青年が、周囲に潰されず、無事に仕事をやり遂げられるといいな……

              posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:42 | comments(0) | - | - | - |
              実家にいると…
              0

                実家の家庭菜園(というにはかなり敷地が広いんだけれどね)が、実りの季節を迎えている。

                そろそろキュウリが収穫できる時期で、とにかくうっかりすると……でっかくなりすぎてしまう。あと、サニーレタスにナスも採れ始めた。朝の採れたてが毎日、食卓に実家で採れた野菜があがるっていうのは、ある意味、とっても贅沢なことなんだろうなとも思う。

                あと、母に頼まれて……赤シソをちょきちょきと枝から切り落とす。これは、梅漬けの中に入れるシソだ。

                これを徹底的に水洗いして、きれいにして、塩にまぶし、小梅と一緒に漬ける。数か月後には美味しい、天然の赤い色で染まった梅漬けができる。

                少しずつ、畑からいろんなものが出来て、それを収穫して、食卓へ。

                 

                母が手伝いに行っている農家さんでは、早生の巨峰(ハウス栽培)を農協へ出荷する時期になった。

                初モノということで、母がいただいてきて、それもありがたくいただいた。

                 

                実家にいると、自然を感じることが多い。

                それだけ、田舎にいるんだけれど……でも、ここ数か月、こうして実家にいると、かながわにいると感じられないものもあるとも思う。日本本来の季節を感じるんだよね、実家にいると。

                 

                幸せなのかもね、こういうことを身近に感じることが出来るっていうのは。

                posted by: sasayan | にちじょう。 | 18:00 | comments(0) | - | - | - |
                眠い…
                0

                  眠くて眠くて仕方ない。

                   

                  もともと、眠りが浅いし、特に病気が発覚してからまとめて睡眠時間がとれない日が続いていたというのに……この数日、眠くて仕方ないのだ。

                  朝ご飯を食べてから、デイサービスへ向かう祖母を見送り、母が仕事へ行き(この時点で父と弟は仕事に行っている)、それらを見送ってから、そのまま眠り込む…気づけば、お昼。帰ってきた母に起こされるまで寝ていたようで、お昼を食べてから、またそのまま眠ってしまった。

                  翌日も似たような感じで、日中のほとんどを寝ていたらしい。

                   

                  今まで眠れなかった分が返ってきているのか?

                  それとも、ほかの理由からなのか?

                  これを打ち込んでいても、眠気は残っている。

                   

                  両手足の痺れは相変わらず続いている。

                  指関節の痛みも酷い。

                  キーを打っていても、いつもよりスピードは遅いし、打ち損じも多い。

                  仕方ないことなんだけれど、やっぱり、まだまだ……と、思う。

                   

                  ……眠い。無理せずに、まだ、身体を休めろということなのかなぁ……

                  posted by: sasayan | にちじょう。 | 07:31 | comments(0) | - | - | - |
                  通販。
                  0

                    今の病気をしてから、ちょっとお世話になっているのが、通販。主にAmazonさん。

                    登録はしてあったけれど、通販にはちょっと……引け目を感じていて、今まではあまり使わなかったんだけれどね。やはり、身動きできなくて本屋さんなんかにはなかなか足を運べないし、実家にいると、むしろ通販のほうが楽だったりも。

                    実際に使ってみると、やっぱり便利なんだよねぇ。再配達になることは、今のところはほとんど、ないので……本当に助かっているし、書店で取り寄せるより、遙かに早く手に入るのも魅力的かもしれない。ふだんはなるべく書店に足を運んでいるが、今回、書店で探しても、どーしても手に入らないものがあった。で、少し考えてから、Amazonさんでポチったら、翌日には届いたという……

                     

                    ちょっと、考え直してもいいかなぁ、Amazonさんの通販を使うこと。

                    モノは考えようともいうしね。

                    posted by: sasayan | にちじょう。 | 10:29 | comments(0) | - | - | - |
                    つらいけれどさ。
                    0

                      実家に戻って療養中。

                      数日前にも書いたけれど、最後の抗がん剤治療(点滴)が終わって、9日目。実はまだ……痛い。

                      最後の治療がつらいとは言われていたけれど、ほんっとにしんどい。

                      未だに両足膝と両足首が痛くなる。集中して痛いというよりはだいぶ楽だけれど、それでも痛くて。

                      そして、手足の痺れが酷い。ピリピリしていて……感覚が鈍い。この痺れがとれるかどうかは、この先の状況を見ていないとならないんだよね、実は。副作用が長く続くか、取れないか、それとも……わからないんだよなぁ。

                      足の裏も相当な痺れだし……気を付けて歩かないとならない。

                      顔面にも痺れが出ているんだけれど、目の周囲が少し痙攣している。

                       

                      来週半ばにはまた、かながわに戻る。その後はどうするのか、担当医と相談。

                      検査などが入ってくるはずだ。

                       

                      身体の調子を戻すには、やっぱり1年近く、かかるんだなぁ…

                       

                      週末、かながわで暮らす友人夫婦が、私を訪ねてきてくれた。

                      実はかながわでは、同じ町内で暮らすのだが、なかなか会えなくて(笑)、友人夫婦は、長野の某所に田圃を借りていて、ちょうど田植えに来ていたとのこと。たまたま、私の実家の近所ということもあり、田植えが終わりに、かながわへ戻る途中で足を延ばしてくれたのだ。うれしかったなー。

                      久しぶりの再会で、某インターチェンジ近くのお店でコーヒーを飲みながら、話しをした。

                      私の病状をずっと心配してくれていた友人夫婦にコトの真相を話すと、ふたりとも一瞬、黙り込んだ。ずっと、もやっていた気持ちも吐露させてもらった。私の話を聞いてくれたふたりは、

                      「いい病院、いい先生たちに会ったってことだよな?よかったよなぁ、早めに見つかって」

                      「うん。それが一番だよ。こればかりは、病気になった人じゃないとわからないこともあるからね……好きなことを言っているやつは、器が小さいんだよ。私も(病気の)経験あるから、ささちゃんの気持ち、わかるわ」

                      と言ってくれたのが、とっても救われた。

                       

                      楽しい時間はあっという間。

                      帰り際に、ふたりに、近所の農家で朝の採れたて野菜詰め合わせをプレゼントした。

                      「え?こんなにいいの?」

                      「うん。この近所の農家さんの採れたてだからさ、かながわに戻ってから食べてよ」

                      「うわー、うれしい!すげー!」

                      すごい喜んでくれた(^_^)採れたて野菜ほど、おいしいものはないからね。うちの近所には、そういうお店がいくつかあるし、JAが経営している店もある。実家の畑は、まだ収穫前だけれど……これから、わんさか、採れるようになるのだ。

                      かながわでの再会を約束して、ふたりを見送った。

                      ホント、ありがとうね。うれしかった。

                       

                      今日は穏やかな天気。

                      実家も田植えが終了……ああ、そういう季節なんだよなぁ。

                      posted by: sasayan | にちじょう。 | 15:53 | comments(0) | - | - | - |