Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
待ってました、第4巻。今回は女性キャラ多め♪そうそう、女傭兵・リオンティーヌさん初登場。美しい…そして、とても健気なキャラなので大好きです。
ヴァージニア二等兵さんの描くキャラってみんな魅力的〜!
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

さて、私に彼を操ることはできるのでしょうか…(汗)
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
お守り。
0

    首都圏に戻る新幹線の中、手にしていたのは小さなお守り。

    これは、今回の帰省の時に、母が手渡してくれたものだ。

     

    私がいつも、肌身離さず身に着けているお守りがある。

    これは私がひとめ惚れして手に入れたもので、少し重みがあるものだけれど、ペンダントにして、ずっと身に着けている。

    今回の病気で入院しているときも、ずっとそばにいてもらった。

     

    母が渡してくれた小さなお守りと仲良くしてもらわないとね。

    よろしくね。

     

     

     

    新しい症状が出てきて、薬を処方してもらったんだが、これがまたかなり眠くなるもの。少し頭痛も出てくる。

    症状を抑えるためには仕方ないものなんだけれど、残薬感がすごい。

    それでも、楽になるのであれば、という思いのほうが強いからなぁ。

     

    しばらくは様子をみるしかないか……

    posted by: sasayan | にちじょう。 | 22:56 | comments(0) | - | - | - |
    毎回、繰り返されるけれど。
    0

      実家にいる日を一日、伸ばした。まぁ、急ぐこともないし……

       

      さっき、荷物をまとめていたら、祖母が気づいたらしい。

      「帰るんか?」

      「うん。帰るよ。病院に行かないといけないからね」

      超高齢の祖母には難しいことを言ってもわからないことも多いので、私が実家に来るのは、病院の先生からお許しが出た時だよ、と言ってある。帰るのも、病院へ帰るんだよということになっている。一応、私の病気のことは話してあるので、それは覚えてくれているみたいだ。

      「帰るんか……」

      すっごいがっかりして、肩を落として呟く祖母。これがホントに、がっかり……というのがわかるくらいに肩を落とすんだよ。マンガみたいにがっかりする。

      実家に帰ってくるときに、必ずこれは繰り返されるんだけれど、でも、これにはホントに申し訳ない気持ちになる。

      「病院の先生に怒られちゃうからね」

      「ほうか(そうか)……帰るんか…」

      がっかり……あー、ごめん、ばあちゃん。ホントにごめん。

      すごいがっかりしている祖母を見て、少し笑っていた母が言う。

      「また来るからさ。それまで待っていようね」

      というと、

      「うん」

      と頷いてくれる。まぁ、しばらくすると、また忘れちゃうんだけれど……

      私は初孫だから、随分とかわいがってもらった。20年以上前に亡くなった祖父にもかわいがってもらった。

      祖母は今、99歳。来年、年が明ければ100歳だ。

      まだらに認知症になっている部分があるから、まだ自分の意思や考えを伝えてくれるから……暴れることもないし、暴言吐くこともない。かなりゆっくりだけれど、自分の足で歩くこともできるし……穏やかに日々を過ごしている。

       

      出来るだけ、元気でいてね、ばあちゃん。

      また来るからね。

       

      posted by: sasayan | にちじょう。 | 22:37 | comments(0) | - | - | - |
      何をしていいのかわからない。
      0

        なにかに夢中になれる……今はそういうのが、みつからない。

        うたうことについても、少し考えたいことがあり、今は家でできる基礎練習以外は、特に何もしていない。

        これについては、もう少し時間がかかりそうなんだよな…どうしても、相手があることなので、モノゴトが片付くというか自分の中で決心がつくまで、整理するまでは、もう少しかかりそう。テレビやドラマ、アニメはもともと、あまり見ないので……かといって、ネットゲームなどもやるわけじゃなし。

        集中力が切れるというのか、なにか、勢いがないっていうのか……「やる気」そのものを失っている今は、無理して何かに夢中にならなくてもいいんだろうけれどね。

         

        まぁ……色々、複雑な気持ちを抱えているのは確かだ。

         

        いろんな意味で、勝ち負けの問題じゃないとは思いながらも、それらにこだわってしまうのは、どうも……育ってきた環境にもよるんじゃないかと思っている。

        やたらと、勝ち負けにこだわってしまう……そうじゃない、違うんだと自分で自分に言い聞かせても、どこかでわだかまっているというのか、ひっかかっているというのだろうか。

        あと……先日、とあるDVDを見ていて、ふっと気づいたことがあって……それが妙に「腑に落ちた」。

        自分がこだわっている「負の部分」が、一体何なのか。なんとなくだが、自分の中で繋がった気がするんだよね。

         

        今は、特に何か……夢中になれるものを作らなくてもいいだろう……

        無理矢理作っても、面白くないよね。

         

        だけどさ……置いてけぼりを食らったような感じがして、やっぱり……嫌なんだよな、悔しいんだよ……

        ある種の挫折感を覚えているというのだろうか。

         

        わかってもらおうとは思わないけれど……

         

        あーあ、なんにも考えたくないなぁ……

        悩みたくないよ……重苦しいのは嫌なんだ、今は、特に。

         

        今の病気が、いろんなことの引き金になっているのは否めない。
        それだけじゃないんだろうけれど。

         

        ……どうしたらいいんだろう。

        正直、疲れている……

        posted by: sasayan | にちじょう。 | 21:12 | comments(0) | - | - | - |
        笑うことも大事ね。
        0

          今週アタマに、数少ない友人・Mちゃんから連絡が入った。

          なんでも、週末に東京グローブ座で行われる某ステージを観に行こうと思っていたら、急遽仕事が入ってしまったそうで、チケットが宙に浮いた状態になってしまったんだとか。

          「最近、ずっと凹んでいるんじゃないの?たまには、くだらないコントとか見てさ、笑っておいでよ」

          彼女からの言葉。ありがたかったし、うれしかった。

          チケットは長野のMちゃんのところから速達で送られてきた。

           

          12日、土曜日。東京グローブ座……

          『カンコンキンシアター〜クドい!31〜味方は孫だけ』

          そう、関根勤さんが座長を務める、ナンセンスコメディのステージライブ。時事ネタはもちろん、男性でもドン引きするという下ネタも満載、ナンセンス・不条理……なんでもあり。休憩時間を挟んでも4時間近くはあるという、とんでもないはちゃめちゃステージ。

          出演者はけっこう豪華で、関根さんを筆頭に、浅井企画所属のタレントさんやオーディションで選ばれた女性演者さんなども入り乱れて、観客を巻き込んでの大騒ぎのステージなんだな(笑)

           

          まだ歌舞伎町にシアターアプルがあったころ、一度だけ、Mちゃんと観に行ったことがある。

          あの時は、どうしても笑えない部分が多すぎて……それ以来、行ってない。だから、10数年ぶりだよなぁ、カンコンキンも。

           

          グローブ座は初めて入った。

          ちょっと窮屈かなという感じのスペースだけれど、1階席でもステージが見やすくて、私が座った場所からは1階席の客席が見渡せる。

          ぱっと見た目、男性客が多く……でも、女性もけっこうたくさんいらっしゃって、6対4くらいだろうか。年齢層的には、やっぱり少し高め。ちなみに、この日は満員御礼。当日券の発行はなし。

          長時間、そして出演者の都合上、日に一度の上演。

          グッズもファンにはきっと、ウケるであろう(笑)ものがずらり。今回は、Mちゃんへのおみやげとして、パンフレットを購入。

          ほかにも、本業が振付師である出演者のひとり・ラッキィ池田さんの著作『思わず見ちゃうの作り方』(これは真剣に面白そう)や、キャイ〜ン・天野くんの『しあわせレシピ』などもあり、それぞれが直筆サイン入り。Tシャツなんかもあったりする。

          そして、開演。仮・本ベル(笑)のあとに、座長・関根勤さんの、

          「ほん〜ベルベルベル……」(しゃべってる)

          という本ベル(笑)のあとに、いよいよ開演。

           

          内容は……割愛させていただく。

          あまりにもネタが多く、私の文章では面白さが伝わりきらないと思うので(笑)

           

          とにかく、ショートコントが「これでもか!」というように、怒涛のように押し寄せてくる。短いのは1分、長いと30分近く続く。

          女性の演者さんにも遠慮なく下ネタをやらせる・しゃべらせることは当たり前、セクハラもどきの発言もある。それ以外でも、かり痛烈な芸能界批判やら、時事ネタ満載。逆に、あまりにもネタが古すぎて、わかる人いるのか?というネタもあり(笑)

          ほかには、キャイ〜ンふたりの漫才(これはちょっと珍しい。今じゃなかなか、テレビでは見られないでしょ?)とか、関根さんの近況ショートトークコーナーとか……

           

          ネタの内容はともかく(笑)、笑った笑った。久しぶりに、おなかの底から笑ったよ。

          何も考えなくていい、目の前にある「笑い」を、ほかの観客と一緒になって笑い倒す。中には、笑えないものとか、あまりの「いじり」にいたたまれなくなったり、ネタにしてほしくないものもあったけれど(苦笑)、それ以外は本当に楽しかったし、笑わせてもらった。

          こんなに笑ったの、どれくらいぶりだろうっていうくらいに笑った。

          おなかの傷が痛かったし、実際、長丁場だから、途中で持って行った薬を服用しないとならなかったけれど……でも、本当に笑った。

           

          グローブ座を出るころには、なんだか気持ちもスッキリ。

          「駅で電車に乗るころには、きれいさっぱり、舞台の内容は忘れてくださいね」

          と、関根さんがステージ上で話していたけれど(笑)。

          少し蒸し暑い中を、新大久保駅へ向かう。

          杖をつきながらだけど、少しだけ、足取りも軽くなった気がする。

           

          で……はしゃぎすぎたんだろうね。しかも、あんなに長丁場の舞台を観るのも久しぶりだったから、帰りの電車の中でぐったりしたのは、ここだけの話しだ(笑)手足の痺れがきつくて、最寄駅から自宅まで、歩くのにちょっと苦労したよ。

           

          Mちゃん、本当にありがとう。

          ここしばらくの凹んだ気持ちも、少し、上を向いて、明るくなった気がするよ。

          posted by: sasayan | にちじょう。 | 12:27 | comments(0) | - | - | - |
          やっぱり飲みたくなります!(笑)
          0

            少し前に書いた、某ビールパブのお話し。

            最初に行った日からしばらく後に、もう一度、足を運んだんだけれど、スタッフの女の子が私のことを覚えていたらしい。

            「あ、また来てくださったんですね」

            と言って、迎えてくれたのが、なんだか嬉しくて。

            その日もすごく暑くて、カウンターに通してもらって、すぐにオーダーさせてもらったビール。

            このお店は注ぎ方にもこだわっていて、出てくるのにちょっと時間がかかる。でも、これがおいしいんだな〜。

            日本の居酒屋では、キンキンに冷えたものが出てくるけれど、ここはそうではないんだよね。ビール本来の、適温というか……そういうので出されるんだよ。それほど冷たくはないけれど、こだわっているだけにあるし、ビールに絶対の自信があるお店。

            ちなみに、ピクルスと小エビのアヒージョとビール……これが私の定番になりつつあるなぁ、このお店では。

            ビールは最初のひとくちがたまらん!やっぱりビール好きだわ……

             

            今の病気をしてから、しばらくアルコールは自粛していたけれど、改めて解禁して飲んで……それまでは1杯で酔うなんてことはなかったのに、たった1杯でも酔うんだな……(笑)ある意味、リーズナブルになっているのかも。

            「酔いやすくなってるよ」

            と、主治医にも言われていたけれどね。

            この年齢になって、初めて、飲み方を覚えたのというのか、それまでは飲めればいいやって思っていたけれど、今は違う気がする。

            あとは、ビールだけじゃなくて、日本酒なんかも、ちょっと…飲んでみたい気もするけれどね〜。

            でも、焦っても仕方ないんで、ゆっくり楽しみながらでいいかな。

             

            ああ、飲みたくなってきた(笑)

            そのうちに、また足を運んでみるか。

             

            今年の夏も、とにかく暑いからなあ…ホント、おいしいビール、おいしいアルコールが飲めるのは、幸せだなと思うよ。

            posted by: sasayan | にちじょう。 | 20:16 | comments(0) | - | - | - |
            ヒューマンスクランブル。
            0

              自宅マンションの近所に、小さな家庭料理屋兼居酒屋さんがある。

              住宅街の中にあって、派手な看板などは一切なく、ちょっと渋い、木でできた看板が出されているだけ。知る人ぞ知るという感じのお店だ。

              このお店は、私がこの界隈に暮らし始めてからちょっとして、教えてもらったところで、以来、なにかあると食べに行くという感じ。

              特にお酒を飲まなくても大丈夫なお店で、ご飯を食べに行くこともしばしば。特に、今の病気を煩ってから、愚痴というか、沈む気持ちをなんとかしたくて……ママさんのお言葉にも甘えさせてもらって、ご飯を食べに行くことが多くなった。それ以前からも、ママさんには何かとお世話になっている。ママさんは、このあたりでは、顔が広い方でもあるので、色々と助けていただいている。

              このお店で顔見知りになった人も多い。

               

              あんまり体調よくないな…でも、ご飯作るの、めんどくさいな……と思った私は、着替えて、ママのお店に行く。

              と、最近、知り合いになったMちゃんという女の子がいて、彼女のとなりにはおじいちゃまがひとり。このおじいちゃまの顔は何度か、このお店で見かけている。

              Mちゃんとと私は、ふるさとも近いということもあり、また、彼女がすごくいい子で……ソフトドリンクを飲みながら話しをしていたら、さきほどのおじいちゃまが、ママさんに何かを言っている。と、

              「ねえさん、1杯おごるよ」

              と……わ、こんなの初めてだ。

              「え?いいんですか?」

              「わー、Aさん(仮名)からごちそうなんてすごいじゃない!」

              と、Mちゃんが笑った。でも、ちょっと体調が優れないので……と、病気のことをちらっとお話しすると、ちょっとだけ表情を変えたけれど、おじいちゃまはすぐにこう言った。

              「そうだったんかい。そりゃ失礼したな。じゃ、今夜の食事は、俺がごちそうするから、ママに好きなもの、作ってもらいな」

              と……これにはびっくりした。

              私がきょとんとした顔でいると、ママさんとMちゃんが頷いてくれる。ああ、ここはちゃんと、お礼を言うべきなんだろうな。

              「ありがとございます。じゃ、今日はお言葉にあまえさせていただきます」

              すると、おじいちゃま、急に顔がとっても柔らかくなった。

               

              その後、おじいちゃまと少し話をさせてもらって、おじいちゃまはお会計を済ませると、ご機嫌でお店を出て行った。

               

              びっくりしたままの私に、ママさんが笑った。

              「よほど気にいられたみたいね、ささちゃん」

              私の隣では、Mちゃんがお酒を飲みながらうなずいている。

              「あの人、前にも顔を見たこと、あるけれど……どこの人?」

              と、私が言うと、ママさんがお話ししてくれた。

              いわく、この近隣の大地主さん。某不動産屋さんの会長さんだったんだな、これが!私でも知っている……うわー、とんでもない人だった!まぁ、色々……噂は聞いている人でもあるのだが……

              「あたしもね、孫みたいなものだからって、えらくかわいがってくれてね〜」

              と、Mちゃんが笑った。

              いわく、ママのお店が「隠れ家」みたいなもので、ほかのお店にはなかなか……いろんなオトナの都合があって……行くことができないことも多いとか。また、立場上、どうしても周囲がちやほやしてしまうというのもあるらしいが、そういったことをとても嫌がるという(まぁ、仕方ないんだけれどね)。ママのお店では、そういったこともないので、時々、飲みに来るんだそうだ。

              「でも、ママのお店って、本当にいろんな人が来るよねぇ」

              「おかげさまでね」

              市会議員さんがプライベートで来ることもある。実は、さきほどの会長さんの甥っ子さんが市会議員さんで、ママさんの息子さんと同級生というつながりもあるそうだ。

              不思議な感じもするが……でも、こういった場所、ならでわというのはあるのかもしれない。

              「じゃあ、会長さんには今まで通り、ふつうに接していればいいわけだね」

              「そうそう。それが一番、喜ぶのよ」

               

              おじいちゃま……会長さん、ごちそうさまでした。

               

              この界隈に暮らして、今年で14年目。マンションの更新も済ませた。

              まだまだ知らないことも多いけれど……でも、今じゃ、ここが第2のふるさと、みたいなもの。

              たぶん、このまま……暮らしていくんだろうね。ホントにここは住み心地がいいんだよ。

              posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:06 | comments(0) | - | - | - |
              楽しんじゃってますよ。
              0

                天気のせいか、体調いまひとつ。頭痛もあるし、少し顔面も痙攣しているので、顔の皮膚を優しくマッサージしてみたり。

                 

                お昼頃、Amazonさんから荷物が到着。

                相変わらずの過剰梱包だなと思いながら、封を切って中を取り出して……出てきたのは「ワッチ」と呼ばれるタイプの、キャップだ。

                いわゆる、医療用帽子、だね……ず〜っと欲しかったんだけれど、なかなかピンとくるものがなくて…Amazonのサイトでも、散々、探し回ったもの。意外と高価なんだよね、医療用帽子って。これもネックになっていた。

                今回は色違いで2つ購入。麻でできていて、風通しもよく、冷感というか被ると涼しい。ユニセックスなので、少し大きめなので、ゆったりと被れるタイプだ。

                柄も、エスニックな私服にあいそうなので、重宝しそうである。

                ホントは欲しいアパレルメーカーもあったけれど、そのメーカーのサイトを見て、あまりの高額にひっくり返った。さすがに無理だ!だけど、デザインがすごく面白くてね……いつか、ひとつくらいは欲しいなと思っている。都内に直営のお店もあるみたいだし。

                 

                髪もだいぶ生えてきたけれど、まだまだ短い。

                ストールやバンダナでカバーするのもいいけれど、気軽に被れるタイプも欲しかったからね。

                この夏は、このアタマで過ごすわけだし……ホント、今のアタマ、涼しいよ〜(笑)

                 

                去年、買いまくったエスニックタイプの服も相まって、服に関しては楽しんでる。

                今までの体型の関係で着られなかったものが、ほとんど、着られるんだから……楽しまないのは損でしょ。

                 

                「なんで、そこまで、あの人と同じような服を着るのか?」

                って聞かれたこともあるけれど……

                だって、私の好みにも合っていたんだもん。着てみたら自分の感覚に合っていたんだもん。無理に合わせているわけじゃないのよ?

                そういうんだったら、自分も着てみればいいじゃないか……意外とどんな年齢でも(少し組み合わせは難しいかもしれないが)この服って合うと思うんだよな。頑なに遠慮するより、上着だけとか……着てみればいいのに……って思うんだけれどなぁ。

                 

                 

                 

                ……それにしても、未だに足の痺れがとれないし、指関節も痛い。新たに、薬を処方してもらって、飲んでいるけれどね。PCのキーを打つスピードも、いつもよりずっと遅いし、打ち損じも多い。

                焦ることはないんだろうけれど……じれったいんだよ。すごいじれったいの、自分が。わかっているんだけれどね。

                 

                ホントにじれったいよ。

                posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:10 | comments(0) | - | - | - |
                つれづれ。
                0

                  今日はいつも行っていた、とある歌い手さんのライブの日だが、私は今回も遠慮することにした。

                  まだまだ、長時間のライブなどに行くのは難しいというのもあるし、精神的な面でも、ちょっと……色々、複雑な気持ちがあるからだ。

                  今月アタマにも、好きで好きで仕方ない……本当に大好きな歌い手さんのライブがあったけれど、これは当日、実家にいたのでお伺いすることが出来なかった。でも、こちらでは、当日、とあるものをご本人に届けていただいたというのがある(ご本人には手渡しされる当日まで黙っていたので、かなり驚いてくれたみたいで、個人的にはサプライズ大成功!)。

                   

                  本当はね、死ぬほど行きたいんだけれどね……

                   

                  今の自分を、あまり見られたくないという気持ちは、まだ、ある。

                  某所では元気に呟いていたり書いていたりしているが、本当のことをいうと、あまり……大勢の人がいるところに行きたくないというのが……正直なところなのだ。

                  だから、病気をした後の私に会っている人は、本当に限られている。

                  あと、私が行くライブって、縦横のつながりが強いところなので、なんとなく疎外感を覚えるというのもある。

                  いつだったか、とある人が言い放ったひとこと、数年経った今でも忘れていないぞ……

                   

                  私は、それほど強い人間ではないから……一度、気になると、それがずっと尾を引く。

                  まずいことだと理解はしているが、こればかりは、どうしても、今でも脱出できない部分だ。

                  いい意味でも、悪い意味でも、開き直りというのが出来ないタイプなんだろうねぇ。

                   

                  こないだの、療法士・Kさんとの話しを思い出す。

                   

                  言霊とはよくいったものだ……

                   

                  自分自身に正直でありたい反面、それらを外部へ出すというのは憚られるなぁ……うん。

                  まぁ、そのうちに、どうしても話したいことは、ちゃんと話せるはずなので、もう少し整理しておこう。

                   

                  やりたいことは山のようにあるし、話したいことはいっぱいあるんだよ〜……

                  posted by: sasayan | にちじょう。 | 16:58 | comments(0) | - | - | - |
                  「焦ることはないよ」
                  0

                    数日前。

                    どうしてもお刺身が食べたくて…で、買い物に行って、買ってきたのが光もの。

                    どういうわけか……光ものが食べたかったんだな、めずらしく。

                    ところが。

                    「げ……」

                    食べている途中で、かゆくなってきた。

                    途中で食べるのをやめる。もったいないとは思ったけれど。

                     

                    昨日今日は、正直、体調が優れない。

                    特に日曜日は、めずらしく朝から天気がぐずついているせいか……手足の痺れ、膝の関節痛が酷く、身体を横にしている時間が長い。

                    日によって、体調面も精神面でも、かなりのブレがある。

                    仕方ないとはわかっているのに、でも、どこかで焦っているのかな。もう、これは性格上、どうしようもない部分なのかも。

                     

                    ほぼ、日課となっている母への電話で、ちょっとだけ愚痴をこぼしてしまった。

                    「バカだねぇ。光ものは、元気な人でもかゆくなることあるのに、今のお前じゃなおさらだよ」

                    と、母が電話の向こうで笑った。

                    「表面上は元気でもね、あれだけの病気なんだから、まだまだってこと。長い目で見ていかないとダメってことさ」

                    どうしようもないってのは、理解しているつもりなのだが……ううむ……

                    あー、食べたいものが食べられないのは、ちょっと辛いなぁ。

                    一応、食事制限は解除されているんだが、気をつけなさいねとは、担当医と看護師さんから言われてはいる。

                    「お刺身食べるんだったら、赤身や白身の魚にしておきなさい」

                    「うん、そうする」

                    電話の向こうの母も、そう言った。

                    「あとね、精神的なストレス、あるんじゃないの?まだ、どこかでなにか我慢しているところ、ないか?」

                    と、母。一瞬、言葉に詰まった。返事ができない。

                    精神的な面、これはやっぱり先日も書いた通り、療法士さんに会ってきたほうがいいな。

                    週明けにでも予約の電話を入れておこう。

                    「あんたのことだから……でも、どこかで吐き出さないとダメだよ」

                    「……うん」

                     

                    もう少し、もう少し待っていれば……うん。

                    posted by: sasayan | にちじょう。 | 23:52 | comments(0) | - | - | - |
                    のんびり、やっていくさ。
                    0

                      手術した傷跡のあたりが鈍く痛いです…

                      仕方ないとは思うんだけれどね。

                       

                      暑すぎて、外へ行く気力が全く出ません。

                      で、何をしているかというと、Amazonプライムで、アニメやらドラマを見ていたりする。

                      最近のアニメは、正直、あまり見る気がしないのだけれど……難しい話しをされたくないっていうか、やたらめったら伏線を張って、それを回収していくのも大変というのか(※あくまでも個人的見解です)。個人的に、あんまり難しいことを考えたくないというのもあります。

                      だから、今、見ているアニメも、なるべく何も考えず、気楽に見られるものを選んでいます。

                      ドラマは、恋愛ものは好きではないし、かといって推理物も苦手(^_^;) ただ、前から気になっていた深夜ドラマがあったので、それを通してみていたりしますが、これはこれで面白いです。

                       

                      もともと、Amazonプライムも入るつもりはなかったのですが、まぁ、物は試し…勧められたので、入ってみるかと。

                      そうしたら、なにかと便利だな、なんて(笑)Amazonさんも、この病気を患ってから、ちょいちょいとお世話になるようになったし、使わない手はないなーと。

                      なんやかんやで、便利に使わせてもらっています。

                       

                      のんびり……なるべく、のんびりしているつもりですが、どこかで、うしろめたさを感じているのも、事実です……

                       

                      posted by: sasayan | にちじょう。 | 19:25 | comments(0) | - | - | - |