Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」(3)<異世界居酒屋「のぶ」> (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」(3)<異世界居酒屋「のぶ」> (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミックス版第3巻!原作に沿って描かれているので、内容はわかっていても、やっぱり面白くて何度も読み返してしまいます。今回は「トリアエズナマの秘密」が収録されておりますが、マンガになると、また違った醍醐味がありますね。
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

さて、私に彼を操ることはできるのでしょうか…(汗)
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
言いたいこと、思っていること。
0

    今回の療養中は、体力的にはもちろん、なるべく精神的なストレスを抱えないようにと担当医や看護師の方から言われている。

    もともと、精神的なストレスを抱えやすいタイプでもあるので、このあたりはどうしたものかね?と悩みながらも、療養中はのんびり、させてもらっているつもり。

    もともと、SNSなどには向いている性格ではないし、考え方もほかの人たちとは若干、違うらしいので(笑)、このあたり、難しいんだよね。現に、SNSはひとつ、ほとんど見ていない状態だ。私にとって、ものすごいストレスの発生源だとわかったからね。余計な情報まで抱え込んでしまうのは、やはり、いいことではない。

    情報が溢れる今の社会、病気が発覚する前から、精神的なストレスは抱えていた。周囲がものすごい気になる性格故、ホントにしんどい思いをしていたし、今もそれは感じていることもある。発覚してから、それらに加えて、こまごましたことも増えた。

    でも、ネットを見ないと情報がつかめないという不便さもある。めんどくせーな、ホントに……

     

    好きなことばっかりじゃ生きていけないのは理解しているけれど、でも自分の「生き方」「考え方」「ライフスタイル」まで、他人にとやかく言われる筋合いは、ない。いや、すべてじゃないよ。だけど、頭ごなしに言われると……ねぇ……自分が行きたいなって思っていた場所にまで行けなくなるなんて……

    結局、相手側は、自分たちの保身しか考えてないだろ……

     

    今、自分がどれだけの大病をしているのか、改めてしみじみ、していたりする。

    こればっかりは、ね……

    通っている病院の、がん患者のつどいに顔を出したことがあるけれど、色々……みなさん、悩みを抱えていらっしゃる。

    同じ病気を経験しているからこそ、理解できることも多い。

    「その立場になってみないと、ニンゲン、わからないものよ」

    と言った人もいる。ああ、それ、すごいわかる。

    たとえ、がんのステージ(病気の進行具合)が軽くても「がん」という言葉そのものが「脅威」でもある。

    患者本人の精神的な面も試されると思う。性格の問題もあるだろう。

     

    同じがん患者さんから、

    「これからは、あんたの好きなことをして生きて行けばいいんだよ」

    と、言われたことがある。

    好きなこと……か。

    それをやりたくても……周囲が気になるから、身動き取れないんだよ……(苦笑)

     

    今、思っていること、素直に、すべて吐き出すことが出来たら、どれだけラクになるだろうか。

    posted by: sasayan | つぶやき。 | 05:42 | comments(0) | - | - | - |
    色々…
    0

      昨日より、また少し、ラクになったが、時間帯などによって差が出てくる。

      また、手足のしびれが酷い。筋肉痛と関節痛は、少しぬるめのお風呂に入るとラクになるので、副作用が酷い時は一日に2回、少しぬるめのお風呂に入る(入るまでの準備も大変なんだが…)。手足がしびれていると、温度を感じることが鈍くなるので、このあたりにも注意しないとならない。

      あと、包丁を持つことが極端に怖い。怪我でもしたら大変だからだ。手に力も入らないから、なおさらである。

      食事も、ようやっと、今朝、まともに固形物を口にした。この5日間、ほぼ水分しか摂っていない。やっと……食べられた。

      でも、まだ吐き気を感じるので、量は少なめ、食べた後、しばらくすると、吐き気止めの薬のお世話になる。

      もう少しすれば、まともに食べられるようになるだろう。それまでは、少しずつ慣らしてくという具合だ。

       

      今日は、手術から3か月めの日でもある。

      あっという間だったような、そうでないような。

       

      少しお散歩にも行く。

      散歩と言っても、今の状態では、マンションの周囲をぐるっと歩くだけで充分。それでも、歩けば気分転換にもなるし、手足のこわばりも少し楽になるから。

       

      帰宅してから、うがいをして手を洗い、着替え直して、おふとんにおとなしく収まる。

      少しずつ緩和されていくわけだが、それでもしんどいものはしんどい。

       

      じわっと涙が出てくる。

      こればかりは……この立場になったニンゲンじゃないと……理解できないだろうな……

      posted by: sasayan | つぶやき。 | 18:11 | comments(0) | - | - | - |
      一日が長い。
      0

        今日はだいぶ……ラクになった気がするので、起きてこれを書いている。

         

        天気の良かった三連休だが、私には、抗がん剤の副作用との「戦い」の3日間でもある。

        とにかく……しんどいんだよ、何度も何度も書いているけれど。

        泣いて這いずり回るくらいに……人によって様々だけれど、私自身は、かなり副作用がきつく出てくる。

        服用する薬を変更してもらったので、吐き気はだいぶラクになったけれど、ほかにも手足の痺れ(今も出てる)、頭痛、全身の倦怠感、関節痛、筋肉痛、首や肩のこわばりなど……それでも、吐き気も少し出てるし、食欲減退もある。でも、ごはんを食べないわけにはいかないので、無理やりにスープやお味噌汁を飲んで、薬を飲むようにしている。空腹で薬を飲むわけにはいかないからね。

         

        わかっちゃいるんだよ、これを乗り越えないとダメなんだってこと。

        でもね……ホントに切ないし……辛いんだ…

         

        生命に直結している病気。

        手術で、取れるものは全部、取ってもらったし、今現在、転移がないと確認はしている。

        だけど、たとえ、5年生存率がほぼ、100だとしても、万が一がないとは言えない。

        怖いよ。すごい怖いんだよ。

         

        乗り越えるしかないんだよな……

         

        私と同じように、今、治療している人もいると思うけれど、みんな、それぞれの「想い」を抱いているはずだ。

         

        一日が長いけれど……今は、治療に専念しないとね。

        posted by: sasayan | つぶやき。 | 13:52 | comments(0) | - | - | - |
        朝、起きたら。
        0

          昨夜、眠れずに導入剤を飲んで横になった。最近は飲まずとも大丈夫の日が増えていたんだけれど……

           

          今朝、起きて身体を起こした時に、どういうわけか……涙が出てきて止まらなかった。

          悲しい夢でもみていたのか、それとも、別の意味があったのか、自分にもわからない。

          だけど、ボロボロと涙がこぼれてきた。

          精神的なストレスがあるのかもしれないが、でも、本当のところはわからない。

           

          出来る限りのことは自分でやらないとならない立場。

          それでも、実家の母に電話したり、メールしたりするけれど……実家も実家で、色々、ある。

          だけど……今度の投与が終わったら、家にちょっとだけ、顔を出しに行こうかな……どうしようかな…

           

          執刀してくれた先生のところで治療を続けたい。病院を変えることはしたくない。

          それを自ら希望して、こっちに戻ってきた。今もそれは変わらない。

           

          たぶん、人恋しいんだろうと思う。

           

          …………。

           

          本当は会いたい人がいる。

          でも……まだ、先のことになりそうだ。

          posted by: sasayan | つぶやき。 | 08:58 | comments(0) | - | - | - |
          どこか遠くへ行きたいな…
          0

            ここしばらく、ずっと、自宅にいる。

            あまり体調がよくないというのもあるんだけれどね。

             

            この療養中、体調さえよければ、どこかへ行きたいなっていう思いがずっとある。

            できれば、西のほうへ行ってみたい。

            少し前までは、鈴鹿サーキットへ行くことが恒例だったけれど、それも今はない。鈴鹿市から向こうへ行くということ、ホントに何年もやってないなぁ…と。大阪へ行ったの、何年前だっけ?

             

            行きたい場所、やりたいこと……たくさんあるんだよ。

            だけど、今は、我慢というか、できないんだよなぁ(遠い目)

             

            うたいたいけれど、それも今は……なんとなく、遠ざかっている。

            まぁ、色々、あるのよ。

             

            相変わらず、指先の痺れがとれない。

             

            あんまり考えすぎてはいけないんだけれど……性格なんだろうね…なんか、重苦しく考えちゃうのよ。

             

            遊びに行きたいな……

            誰かと話をしたいんだよ……

            posted by: sasayan | つぶやき。 | 08:01 | comments(0) | - | - | - |
            とりあえずは順調みたい。
            0

              2回目の抗がん剤投与から2週間経ったので、再診の日。

              いつものように採血してもらって、血液検査。

              おかげさまで、マーカーは緩やかに減少傾向が続いているし、骨髄抑制も数値が安定しているとのこと。

              「大丈夫だね、うん」

              と、担当の先生。

              今回の投与での副作用の話しやらなにやら……あとは私が聞きたかったことなども話して、次回の投与は再来週になった。本当は来週でもいいんだけれど、今回の副作用「手足の痛痒さ」がちょっと酷いので、様子をみるということになった。

              再来週の予約と、処方箋を出してもらって、総合受付で会計を済ませ、その後、大事な書類を受け取って、今回の診察は終了。

              病院の外は風もなく、青空が広がり、気温も少し高かったのでバスを待っている間もだいぶラクだった。痛痒さはあるけれどね。

               

              やっと、今の病気と向き合えるのかな……と、思った。

              先が見えてきた安心感というのもある。

              もちろん、油断はしていないけれど。

               

              ま、気長にやっていくのが一番だな。

              posted by: sasayan | つぶやき。 | 08:25 | comments(0) | - | - | - |
              まったくやる気が出ない…
              0

                雨が降り始めたらしい。久しぶりの雨じゃないかな。

                 

                しかし、この数日間、まったくやる気が出てくれない。

                ごはんを食べるのもめんどくさいと思ってしまう……が、食べないわけにはいかない。でも、指先の痺れが酷く、包丁を扱うのが怖い……なので、極力、包丁を使わないようにしている。お湯を沸かすのも慎重になっている。今回の副作用は、手足の痺れが酷いなぁ……痒くなるし。ま、骨髄抑制という時期に入っているので、ここからしばらくはおとなしくしているに限る。

                 

                それでも、所属している健保組合に出す書類を書いて、これを後日、病院へ持って行って、担当医にも書いてもらわないとならないので、その書類に文字を書かないと(汗)

                無理やり、身体を起こして、とりあえず、書類をやっつける。

                 

                そういえば、卵巣がん転移の仕組みが解明されたというニュースがあった。

                まだまだ「序の口」だろうけれど、とても重要なことだと思う。

                詳細はこれからだとしても、こういう「発見」はやっぱり、大事なことだと思うのだ。

                どんなにステージが初期段階でも、やっぱり「がん」という病気の「脅威」は感じている。

                何度も書いているけれど、こういうのって当事者になってみないとわからないことも多いと思うけれどね……

                 

                …ああ、めんどくさい……

                おとなしく横になるか……

                posted by: sasayan | つぶやき。 | 19:20 | comments(0) | - | - | - |
                波があるんだなぁ…
                0

                  何にもする気が起きず、朝から身体を横にしている。

                   

                  私の病状はそれほどきついものではないが、それでも、気を付けるに越したことはない。

                  現在は「骨髄抑制」という時期に入っていて、免疫力が下がっているから、風邪をひくこと、怪我などに気を付けないとならない。だから、極力、外へ行くことは避けているし、外へ行くときは、たとえ近所のコンビニに行く時でもマスクを欠かさず、つけて行くようにしている。マスク大嫌い!の私にしては、上出来だと思っている。

                  2回目の投与後の、副作用の山場は越えたけれど、手足のしびれがとれない。正直、前回よりきつい。あと、疲れやすくなったなぁとも思う。これは前回の時と比べても、なんとなくわかる。

                  投与されれば、正常な細胞にまで影響があるから、どうしようもない。

                  体重も減少傾向にあることは、前回のブログに書いた通り。今、やっと、まともに食事が摂れるようになったので、無理をしない範囲で、なるべく食べるようにしている。味覚の好みには変化はないのだが、少し甘いものを食べたいなって思うようになった。そもそも、今までが甘いものを「食べなさすぎ」だったということもある、いや、マジで。

                  だから、食べたいなって思った時は、チロルチョコひとつくらいの大きさでいいので、甘いものを口にすることがある。ちなみに、最近のお気に入りは、セブンイレブンにある、みかん入りの牛乳寒天。少しお値段はするけれど、あの柔らかさと甘さと酸っぱさがちょうどいいらしい。

                  そういえば、頭髪の脱毛は第2弾が来ていて、だいぶアタマがさみしくなった(笑)寒いので、自宅にいるときでも帽子をかぶっている。そのうちに全身の毛が抜けていくので……これはこれで、ちょっと困ったもの。ま、治療が終わればまた生えてくるんだけれど。

                   

                  ……私の運命なんだろうなぁ、これも。

                  なりたくてなった病気じゃないよ……でも、なってしまったものは仕方ないもんなぁ。

                  さみしくなったアタマを自分で触ってみて、小さくため息。

                   

                  本当は、今すぐにでも会いたい人がいる。色々、話しをしたいんだ。

                  だけど、向こうも色々……都合があるから、私はとにかく、待っている。

                  約束したから。

                  posted by: sasayan | つぶやき。 | 19:54 | comments(0) | - | - | - |
                  ココロが痛い。
                  0

                    治療中は、ものすごい疲れやすいというのもひとつの特徴。

                    土曜日は一歩も外へ出ることがなく、家の中で過ごした。身体を横にしている時間が長かったもんな。

                     

                    時々、自分の状況をスマホに撮影しているんだけれど、今日は実家の母に送信したんだが、母からの返事は、

                    「またやせたね。でも、乗り越えなきゃならないんだから、仕方ない。無理はしないことだよ」

                    だった。

                     

                    母は……どんな気持ちで、娘である私の「現在」を見てくれているんだろう……

                    それを思うと、胸のあたりがすごい締め付けられる。

                    手術前日に、実家から初めて、私が暮らす街まで来てくれた。

                    ひとりで来るのは大変なので、都内に住む叔父夫婦と一緒に来てくれた。

                    その時の私の姿(体形)を見て、母はきゅっと表情を変えたことを、今も覚えている。

                     

                    5時間近い手術を終えて、集中治療室へ入った後に会った時、私は初めて、母の前で泣いた。

                    「ごめん、お母さん。本当にごめん。がんだった……って。本当にごめん。こんなことになるなんて思わなかった…」

                    口元に取り付けられた酸素マスクの下で、声をあげて泣いた私に、母は、

                    「がんばったねぇ。よくがんばったね。おなか、楽になったね。泣くな、謝らなくていいから」

                    と、笑って……でも、涙を浮かべながら、私のそばにいてくれた。

                    それから、

                    「いい先生に会ったね、あんたは……あの先生はとっても、いい人だ」

                    と言った。私の担当医であり、執刀医でもあるA先生のことだった。きっと、何かあったんだろうと思うのだが、今もそれについては特に聞いてはいない。

                     

                    親不孝しているな、と……改めて思う。

                    入院中、特に、そのことがとても気になっていた。

                    退院して、実家に戻って療養させてもらっていた時に、ふたりで話をすることもあったが、私はどうしたらいいのか……未だにわからない。

                    これは、母に対してだけではない、父にも、そして末弟と、100歳の祖母と……叔父夫婦に対しても同じだ。

                     

                    ……私はどうしたらいいのか。今も悩んでいる。

                    だけど、今は、とにかく治療を続けていく。

                    心配かけちゃいけない……でも、大病を患ったことで、充分、心配かけているわけで……

                     

                    どうしたらいいのかな、本当に。

                    posted by: sasayan | つぶやき。 | 20:07 | comments(0) | - | - | - |
                    ちょっと言いたい。
                    0

                      今回の病気についての治療は、私自身が決めたことでもある。

                      担当医、家族とも相談したし、自分も根本的な部分から叩いておきたいという気持ちがあった故に、今、治療をしている。

                       

                      2月16日のニュースで、5大がんの10年生存率は平均58%というものがあった。

                      『全国成人病(がん)センター協議会のサイト内「全がん協生存率調査」』

                      http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/index.html

                       

                      これらのデータは、少し前のものだから、2016年のあたりだと、もう少し確率は上がっているだろうと思う。

                      これを巡り、ネット上なんかでは、色々、意見が飛び交っているんだが……それらを読んでいて、ちょっと思ったことを。

                       

                      治療にしても、化学療法にしても、受けるか受けないかについては、患者本人・家族に委ねられる部分だ。

                      症状や患部などによっても変わってくるだろうし。

                      ただね……現・がん患者として言いたいのは、

                       

                      「ココロないことや、治療なんぞしなくてもいいという意見を述べている人、いざ、自分がその立場になった時に、泣き言、言うなよ?」

                       

                      今の世の中、どんな人でも、がん患者の立場にならないとは限らない。

                      確かに、治療費は高額、時間もかかるし……ほかにも、細かいことを言いだせばたくさん、出てくる。

                      あと、いい病院・いいお医者様に出会えるかどうか……これらにも、かかってくることだと思うのだ。

                       

                      怖いぞ、本当に。

                      ステージ(病気の進行具合)がどんなものであれ、やはり「がん」という病名には、それだけの脅威もある。

                      その立場に置かれないとわからない、理解できないことってたくさん、あると思う。

                      私だって……なりたくてなった病気じゃないんだ。

                      突然、自分にふりかかってきた病気なんだから……


                      複雑な問題だとは思うんだ。

                      色んな話を見聞きしているし、実際、今、がん患者として治療している方々のお話しを色々聞いていたりするとね。

                      だからこそ、おいそれと……簡単に……答えが出せる問題ではないのも確かなことなんだよなぁ……

                       

                      それでも、私は治療を続ける。

                      だって、少しでも回復できる(完治、じゃないよ)、いい方向に進めるのであれば、私はそちらへ歩いて行こうと思ったから。

                      posted by: sasayan | つぶやき。 | 14:10 | comments(0) | - | - | - |