Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
異世界居酒屋「のぶ」 (8) (角川コミックス・エース)
異世界居酒屋「のぶ」 (8) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア二等兵
コミカライズ版最新刊!
ハンスが衛兵を辞めて、タイショーこと信之さんに弟子入り。傭兵稼業から足を洗ったリオンティーヌさんが、産休のヘルミーナさんに代わり、「のぶ」の給仕として仲間入りします。
自分の進むべき道を悩むニコラウスは、しのぶちゃんたちにさりげなく推され気味で(笑)、水運ギルド<鳥娘の舟歌>のエレオノーラさんと、なんとなくいい仲に…
それぞれの進む道が描かれる8巻。
信之さんとしのぶちゃんの「兄妹」のような仲も、ちょいと気になりますね♪
Recommend
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

ついに意を決してインストールしました。さて、この先、どうするつもりなんでしょうね、私…
でも、やってみないとわからないから…うん。とにかく、動かしてみようと思います。
New Entries
Recent Comment
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    sasayan (06/12)
  • 【トクサツ?】「蒸着……?」
    hankoya (06/11)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    sasayan (04/01)
  • Thank you『AVANTI』〜サタデーウエイティングバー『アヴァンティ』@東京ミッドタウン〜
    P.B. (03/31)
  • む〜ん…
    sasayan (10/16)
  • む〜ん…
    hankoyak (10/16)
  • ファンをやっていてよかった……!
    sasayan (05/06)
  • ファンをやっていてよかった……!
    筒井巧 (05/05)
  • 【特撮】今日は一日「特撮」三昧。
    sasyan (05/04)
  • 『君の青春は輝いているか?』【追記あり!】
    sasayan (05/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【ネタバレ注意】『スーパーヒーロー魂2013』行ってきました。
0

    ずっと楽しみにしていた『SHS』、行ってきました。
    しかし、今年は異様な暑さ。最初、小田急とJRを乗り継いで池袋へ行ったのですが、あまりの熱さに息苦しくて、待ち合わせをしていたマイミクさんたちとぐったり……
    「こりゃサングラスにして正解だ」
    久しぶりにコンタクトレンズとロード用サングラス装着。もともと、目が弱いので仕方ないんですけれどね……参った、ホントに。
    コミケも始まったし、みなさん、生還できるんだろうか……などと思ったのも正直なところ。
    その後、りんかい線直通でお台場へGo。
    Zepp tokyoはひさしぶりでございました。佐藤琢磨くんのファンクラブミーティング以来じゃないかしら。

    さて、この先はネタバレ含みますので、ご注意を…… 出演者のみなさんを順不同でご紹介。
    この先は折りたたんでおきますので、お読みになりたい方は開いてくださいね。
    ただし、携帯電話からの方はそのまま読めてしまいますので、ご注意ください。





    続きを読む >>
    posted by: sasayan | とうえいとくさつ。 | 08:29 | comments(0) | - | - | - |
    【特撮】訃報・西沢利明さん、逝く。
    0

      仕事の中休みに、携帯を見たらメール着信。
      誰だろうと思ってみたら、『ギャバン』を通じてお知り合いになったAくんからでした。
      「西沢さんが亡くなられた…」
      と、短い文面。
      「え……ホントに?」
      と、慌ててネットニュースを見てみたら、記事にあがっていたので、その場に座り込んでしまいました。

      去年の『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』で、久しぶりに元気なお姿を拝見していただけに、自分自身のショックはかなりのもの……

      どうやら記事を読んでいると、本当に容体が急変したようで……

      時々、西沢さんのブログを拝見していたのですけれど、最後の更新日は今年の2月22日。
      http://blog.goo.ne.jp/wendy2430 「西沢利明の俳優ノート」
      この日の写真が、ドラマ撮影途中なのでしょうか……白衣姿の西沢さんで……これまた素敵なんですよ、本当に。
      このブログでは、石垣佑磨くんとの写真とか(まだ正式に『ギャバン』が映画になるよって発表される前の段階でのショット)、大葉健二さんとのショットとか……貴重な写真や、西沢さんご自身の生活がちょっと、垣間見られるような感じがして、とても楽しんでいたひとりです。

      コム長官としてはもちろん、東映の時代劇では「悪役」「名脇役」として、渋い演技を見せてくれていたことも、よく覚えています。
      あの「眼力」がすごかった。
      コム長官としての西沢さんは、厳しさの中にも、優しい「光」を湛えているような気がしたんです。また、お声がとっても素敵で……深く、そしてとても落ち着いた声が、なんともいえずに好きで……
      あー、東映版『スパイダーマン』も忘れてはなりませんね。

      ギャバン、シャリバン、シャイダー、そしてType.Gと、宇宙刑事たちを送り出し、見守り続けてくれたコム長官。

      西沢さん、長い間、お疲れ様でした。
      そして、ありがとうございました。
      謹んでご冥福をお祈り致します。

      posted by: sasayan | とうえいとくさつ。 | 19:00 | comments(0) | - | - | - |
      【特撮】魔力切れの話しはいつか出てくると思っていたけれど。
      0

        『仮面ライダーウイザード』、前回と今回は、ハルト/ウイザードのパワーアップ話しがメインの回でございました。
        いつか、魔力切れの話しは出てくると思っていましたけれど、ここにきて持ってきたか……という展開。いつも飄々としているハルトが感情を露わにするという回はそれほど多くはないものの、今回は特にそれが顕著に出てきたなぁって思います。

        個人的に思ったのは、ハルトの、コヨミちゃんに対する「想い」、そして、コヨミちゃんの「想い」かな。
        みなさんご存知の通り、コヨミちゃんは記憶も、そして生命すらもその身体からすべて抜け落ちていて(グレムリン=ソラくんいわく「お人形さん」)、ハルトから時々、魔力を分けてもらいながら存在するという不思議な女の子。
        ハルトの「魔力」は相当なものだとも思いますが、戦った分だけ、体力も精神力も消耗する(回復するには時間もかかる)。コヨミちゃんはそのことをよくわかっていて、そして自分自身のこともよくわかっている……だから、今回、リングをはずして、あの海岸へ向かったわけです。
        その時の彼女の気持ちは、どんなものだったのかなと……

        ハルトに抱きしめられて、その身体のあたたかさ、こころのあたたかさ……そして、「面影堂」を通じ出会った仲間たち…凜子さん、シュンペイくん、コースケ、輪島のおじさん……
        最初は、彼らにもそっけない態度を取っていたコヨミちゃんが、少しずつみんなに馴染んでいく姿を見ているのは、視聴者としても、とても「嬉しい」変化でもあります(彼女、ホント、かわいいんだもん)。
        自分の立場がわかっているからこそ、どうしてもほかの人たちと距離を置いていたんだしね。それを少しずつ……コヨミちゃんのココロを溶かしてくれたのは、きっと、ハルト……なのでしょう。
        彼女にとって、ハルトは兄でもあり、同じ「儀式」を受けて生き残った者どうしでもあり、そして……

        「自分たちがどんな存在であろうとも……」
        あの「サバト」の日、ハルトがコヨミちゃんにかけた言葉は、これからも出てくるかもしれませんね。

        そ、それにしても……パワーアップしたウイザード、見事なほどにギンギラギン(笑)
        「ついにライダーもメタルヒーローか」
        という私の呟きに、
        元々メタルヒーロー枠が平成仮面ライダー枠にシフトしてるんで、ある意味先祖返りしてると言えなくもなくもな……(笑)」(原文まま)
        と、返事をしてくれたRさん!確かにその通りですわ〜!(笑)

        あと、謎なのは……ミサちゃん/メデューサも驚いていた……そう、ソラくん/グレムリンの立場。
        ワイズマンの存在そのものも謎だけれどね……ソラくん……彼、どうやら人間でいた時の「記憶」を保持しているみたいですね。
        前回、ワイズマンに対して「儀式」のことを問いかけたソラくんですが、なにか「秘密」を掴んだのでしょうかねぇ?

        白い魔法使いとワイズマンの関係性も気になるしなぁ……む〜ん…

        さて、これからどんな展開になっていくのやら。

        posted by: sasayan | とうえいとくさつ。 | 13:13 | comments(0) | - | - | - |
        一部訂正!【特撮】『帰ってきた特命戦隊ゴーバスターズ』(2013年6月発売)
        0

          特ソン仲間のツイを読んで、慌ててサイトへ飛びました。
          あ、けっこう画像が追加されている……って、なんだ、これはっ?!

          東映ビデオ『帰ってきた特命戦隊ゴーバスターズvs動物戦隊ゴーバスターズ』

          いや、見ていただくとわかりますが……いいのか、これ?!(爆笑)なんだか、これだけで、はちゃめちゃなノリになるのがわかる気がしますねー。これは手に入れるしかないよなぁ!
          まぁ、あらすじも書いてあるから、あえてここでも軽く触れておきますが、
          「もしも、13年前の出来事がなかったら……」
          という「If」的なノリがあるみたい。しかし、なぜ舞台は農業高校?(笑)自分が農業高校出身なので、これは非常に楽しみ!
          黒リンのコスプレはなんなんだ(笑)一応、教頭先生ということらしいですが(んじゃ、校長はだれなんだろう……まさか……)。
          しっかし、教育実習生の多い農業高校だなぁ(笑)……ヒロム、リュウさん、仲村ちゃん、森下くんが教育実習生、ヨーコちゃんは高校生、マサトさんは事務員て……なんだ、このカッコは(笑)
          また、ここには登場していませんが、キャストの中には、エンターさんやエスケイプさんの名前もありますので、彼らももちろん、登場してくれるはずです。どんな役柄になるのかなー?(わくわく♪)
          それに、なぜかリカねーさんが、あの「怪盗ピンクバスター」のスタイルに……(笑)
          あと、何が嬉しいって、バディロイド……チダ・ニック、ゴリサキ・バナナ、ウサダ・レタスのそれぞれの声優さんも特別出演だとか!これ、すごいわー!彼らもどこで、どんな感じで登場してくれるのでしょう?
          しかし、まさかあの「ブラック」は……いや、これ以上は怖くて言えない(笑)

          オリジナル新作ということでございますが、なんか好きなことをやってくれそう……あらすじにも書かれていますが、
          「王道の戦隊モノ」
          になるらしいので(笑)、さて、あの『ゴーバスターズ』が、果たしてどんな感じになるのやら……
          脚本は下山健人さん、監督は加藤弘之さん。あれ?撮影は誰だ?

          今から非常に楽しみです!

          posted by: sasayan | とうえいとくさつ。 | 18:50 | comments(0) | - | - | - |
          【特撮】時代は変わる。でも……(追記。さらに追記、3月10日)
          0

            先日の『特命戦隊ゴーバスターズ』Final Missionのブログ時も書きましたが、ちょっとだけ、まだ語り足りない部分というのがありまして(笑)……今回、再び語らせていただきたいと思います。
            この先は折りたたんでおきますので、興味がおありの方は展開してお進みください。ただし、携帯電話やスマホからですと、このまま読めてしまいますのでご注意を……
            この先は、私自身の「呟き」として、読み流してくださいね。


            それでは……


            ※3月10日、さらに追記してあります……

            続きを読む >>
            posted by: sasayan | とうえいとくさつ。 | 08:43 | comments(0) | - | - | - |
            【特撮】Gロッソ版『ゴーバスターズ』ラストミッション!
            0
              当日券で行ってきました。
              ストーリー展開はあえて詳細には書きません。印象に残った部分をチョイスしてお送りいたします。
              念のため、この先は折りたたんでおきますので、読みたい方は下をクリックして先へお進みください(ただし、スマホや携帯の場合はこのまま読めてしまいます、ご注意を)。
              それでは……

              Busters,Ready go!!
              続きを読む >>
              posted by: sasayan | とうえいとくさつ。 | 14:29 | comments(0) | - | - | - |
              【特撮】『獣電戦隊キョウリュウジャー』、始まりました。
              0
                メインライターが三条陸さん(マンガ『ドラゴンクエスト〜ダイの大冒険』原作)ということで、さて、どんな内容になるのかなと思って楽しみにしておりましたが、のっけから千葉繁さんのハイテンションなナレーションに「やられてしまった」ささなおです(笑)

                全体的にテンポが良くて、まとめるところはまとめてきたなという感じがする第一話。いわゆる「パイロット版」になるわけで、とりあえずは5人のそれぞれの戦士は顔出しはしているけれど(この時点ではまだ互いの正体知らない)、互いに正体を知られたくないという……でも、ダイゴ(レッド)は自分で変身を解いているんですよね(笑)これはこれで面白い展開になりそう。
                Twitterでも誰かが呟いていらっしゃいましたが、なんだかノリが「昭和戦隊」っぽくて……懐かしいって感じたのは私だけではないと思います(笑)
                ガブティラとダイゴのドタバタはホント、今の撮影技術・映像技術のすごさを実感。あと、前作『ゴーバスターズ』で久しぶりに復活したというロボット戦闘場面の「屋外撮影」が盛り込まれていて、リアル感もあるしね。
                そしてダイゴ役の竜星涼さんが、これまたよく動く!アクション、張り切ってましたねー。
                前作『ゴーバスターズ』とはまた違ったノリになっていきそうで、これはこの先が楽しみでございます。
                そ、それにして声優陣が豪華だ!
                千葉繁さんはもちろんだけれど、森川智之さん、折笠愛さん、水嶋裕さんとか!ちょっと待てー!

                エンディングだけに飽き足らず、変身するときも踊るのかい!(笑)
                変身するとき、「サンバ」のリズムで変身!っていうのには、驚いた!
                噂には聞いていたけれど、まっさか本当に踊るとは!これは、「ガブリボルバー」片手に踊らないとダメか?(笑)ここ数年の「スーパー戦隊シリーズ」恒例行事でもある(笑)EDでも踊っているので、こりゃまた……と、思わず笑ってしまった自分です。

                個人的にはノッさんこと有働ノブハル(ブルー)が非常に気になります。いきなり最初にガブリボルバーを落としていたけれど(笑)なんだか、『ゴーカイジャー』のハカセ(グリーン)を思い出したぞー。
                あと、ノブハル役の金城大和さん、所属事務所のプロフィールを見たら、すんごく素敵な方じゃないですか。ノッさんはだいぶもっさりした「おじさん」くささが前面に押し出されているようですが(笑)

                あとね、変身銃「ガブリボルバー」、欲しいかも(笑)千葉さんのハイテンションボイスでの「獣電池」が欲しいぞー!ああ、こうやってバンダイさんの策略にはまっていくんだ、自分……
                ……だれか誕生日に買ってください(ぉぃ)

                まぁ、なにはともあれ、始まりましたよ、37番目の新戦隊。
                どうなるかなー?
                posted by: sasayan | とうえいとくさつ。 | 19:04 | comments(0) | - | - | - |
                『ヒロムくん!』
                0
                  私、会社のIDカードに、『ゴーバスターズ』ヒロムのスイングをつけているんですよね。
                  で、しばらく前に、そのヒロムが……行方不明になってしまいまして。
                  会社の同僚が、
                  「そういや、どっかで見かけたかなー」
                  「部署に落ちていたことは確かだよ」
                  と……で、同僚と上司に声をかけて、見かけたら教えてくださいということになりまして。

                  数日後。
                  「ささやん、あったよー」
                  と、Mさんが持ってきてくれました!
                  「マジで見つかった!?」
                  「Aさんの机に鎮座してた」
                  Aさんとは、上司のことなのですが、Aさんもびっくりしたんだとか(笑)ありがたくそれを引き取って、
                  「いやー、ヒロム、どこへ行っていたんだよ」
                  と、声をかけたら、たまたま、私のうしろにいた男性上司のKさんが振り向いて、
                  「ここにいるけれど?」
                  と。

                  ……はい?

                  「俺、ヒロムっていうんですよ」
                  「えっ?!マジで??」
                  「うん」

                  そうです、Kさんの名前は「ヒロム」さんというのでありました(笑)
                  あまりのタイミングと偶然に、その場で私とMさん、Kさんで大笑い!
                  Mさん「その子、ヒロムくんっていうんだ」
                  私「そうです(笑)桜田ヒロムっていいます」
                  Kさん「びっくりしたー(笑)それってなんですか?」
                  私「あー、特撮なんですけれどね……(ひととおり説明する)」

                  いやはや、文字では面白さは伝わらないかもしれないけれど、その場の雰囲気だけでも悟ってやってください(^_^;)

                  びっくりしたー。
                  posted by: sasayan | とうえいとくさつ。 | 19:10 | comments(0) | - | - | - |
                  【特撮】『特命戦隊ゴーバスターズ』Final Mission!
                  0
                    終わった、終わってしまった……『特命戦隊ゴーバスターズ』。

                    私がスーパー戦隊シリーズをリアルタイムで通して観たのは、実に20数年ぶりのことでした。
                    そもそもが、去年の今頃、突然回帰した東映特撮に再度、興味を持って、なんだったらこのまま観てしまおうかなと思って、なんとなく第一話を何気なく観たのが始まり。いつのまにやら作品世界に引き込まれ、キャラクターたちに感情移入していた1年間。
                    イマドキの映像や撮影技術に驚きながら(これについては『ゴーカイvsギャバン』でもホントに驚いた)、ストーリー展開に一喜一憂していた自分。
                    楽しい1年間でございました。

                    しっかし……最後の最後、やっぱり「切り札」は自分たちの側にあったわけですね……マサトさん。
                    泣かせてくれます、ファイナルミッションは冒頭から涙ボロボロ。亜空間の、マサトさんの格納庫で、彼の本体と初めて対面したヒロムたちに感情移入しまくり。そして、初めて怒鳴ったマサトさんの「覚悟」が相当なものだと改めてわかり、リュウさんやヨーコちゃんに言い聞かせる場面、そのあとにヒロムがマサトさんの胸にすがって泣いたあの瞬間……たまらん、あれは本当に。
                    最期、エンターを倒し、地面に倒れるヒロムたちを観て、姿が消えていくビートバスター。その後、ボロボロになった指令室の片隅に、一瞬だけ幻影として現れるマサトさんを見て、切ない顔をする黒木さん……
                    エンター・ユナイトに対してのセリフのひとつひとつも、非常に重く、登場人物たちを通して「人生観」「価値観」を語らせる「靖子節」には、今回、やられっぱなしでした。

                    考えてみれば、エンターさんもユニークな立場のキャラだったなと思います。コミカルな部分も見せてくれるかと思えば、シリアスになったり……少しずつ「狂気に憑りつかれていくような」演技は、個人的に好きなところ。
                    ああいう敵キャラって、私は好きですね。前作『ゴーカイジャー』のバスコも好きですが、エンターさんも魅力的なキャラだと思います。
                    あ、TwitterのTLで教えていただいたのですが、彼が最期に放った言葉は、
                    「C'est la vie.(セ・ラヴィ・セラビ)」
                    フランス語で「人生なんてこんなものさ」「仕方ない」という意味なんだとか。
                    エンターさんは……「人間のすべて」を手に入れようとしていた。だけど、最後の最後まで「感情」や「人間らしさ」を徹底的に拒否していた。でも、最期には……どこか「人間臭い」ところを残して消滅していったというところでしょうか。
                    切なく、悲しい最期だと……思います。

                    ヒロムたちの成長ぶり、1年間通して観ていて、痛感。
                    「絆」という言葉を噛みしめて……戦った1年間。
                    強くなったね、そして、優しくなったね。

                    ヨーコちゃんは高校へ改めて進学、それをみている「保護者ーず」(笑)の黒木さん、そして仲村ちゃんと森下くん、ウサダ。
                    エンジニアになるという夢をかなえるために、一歩踏み出したリュウさんの白衣姿と、相変わらず世話を焼いているゴリサキ。
                    「ヒロム、この後、どうするんだ?」
                    「13年分、ゆっくり考えるさ」
                    と笑うヒロムに、
                    「付き合うぜ」
                    と、答えるニック。
                    そして、樹液こと、J。
                    マサトさんがいなくなっても……彼の「想い」を胸に、森の管理人になったというところが、なんとも自然を愛する「J」らしい。よく見れば、彼の胸には黒いジェンガ。マサトさんの形見といわんばかりの演出に、これまた涙。

                    1年間、視聴者として楽しませてもらいました、本当に。
                    たぶん、私が『ゴーバスターズ』を見続けることが出来たのは、彼らはスーパー戦隊シリーズというよりもメタルヒーロー系の匂いがする部分が大きかったというのもあるのかもしれません。
                    実際、シリーズの枠を超えて、ギャバンType.Gと共演してくれた時は狂喜乱舞だったしね(笑)

                    さて……次回作、これはこれで楽しみでございます。
                    どんな展開になるのやら、そして、どんなキャラクターたちがやってきてくれるのやら。
                    個人的には、春田純一さんがひっさびさの戦隊TVシリーズに出演という話しにときめいております!(←そこか)

                    ヒロム、リュウさん、ヨーコちゃん、マサトさん、ジェイ、ニック、ゴリサキ、ウサダ、黒木司令官、森下くん、仲村ちゃん……
                    そして、エンターさん、エスケイプさん。
                    すべてのキャラが魅力的だった『特命戦隊ゴーバスターズ』、1年間、お疲れ様でした、そして、ありがとう!
                    posted by: sasayan | とうえいとくさつ。 | 11:43 | comments(0) | - | - | - |
                    【特撮】『特命戦隊ゴーバスターズvs海賊戦隊ゴーカイジャー』観てきました。
                    0
                      ネタばれはないと思いますが、一応、ご注意くださいませ(笑)

                      なんだか鬱々した日々をここのところ過ごしておりまして……で、体調も今一つ優れない。本当はダイバーシティへ行ければよかったのですけれど、距離が距離というのもあったので、どうしたものかと思っていたのですが、思い切って『Let's Morphin' !!』。映画館へ行ってきました。

                      いやー……今回のVSシリーズ、スケールがでかかった……!
                      基本、ゴーバスは「宇宙」ではなく「亜空間」なので、今までとちょっと違う感じがしておりましたが、ゴーカイの舞台は「宇宙」。ゴーバスの面々とどうやって折り合いがつくのかなと思っていましたが、なるほど、そうきましたか、という感じ。
                      VSシリーズにふさわしく、ド派手な演出、大胆な脚本。賑やかな大画面。
                      昨年のVSシリーズも傑作!と私は思っていますが(あれはあれで、またレベルが違う!)、今回のシリーズも、個人的には非常に楽しませてもらいました。
                      泣いて笑って爆笑して、そして感動。いやはや、VSシリーズにハズレはないというみなさんのご意見、わかるような気がします。
                      笑わせてくれるところはしっかり、笑わせてくれるのがまたいい。
                      そして、泣かせてくれる場面もたくさん、入ってる。
                      最後には、感動……「絆」ってすごいね、本当に(しみじみ)。

                      ヒロム、リュウさん、ヨーコちゃん、マサトさん、ジェイは、それぞれの個性がしっかり出ていましたね。指令室のメンバー、黒木さん、森下くん、仲村ちゃんも、セリフこそ少ないけれど、集大成というか、存在感抜群。
                      ニック、ゴリサキ、ウサダたちバディロイドも、バディロイドたる場面をしっかりと見せてくれる(テレビ本編にはない場面が描かれます)。
                      そして、マーベラス、ジョー、ハカセ、ルカ、アイム、鎧くんたちもしっかり「宇宙海賊」しております。久しぶりに彼らに再会したことになりますが、なんというのか、みなさん、すごく存在感があったなぁと。それから、「鳥」ことナビィも♪ウサダのアタマに乗っている姿はかわいいったら♪
                      「悪」側も、相変わらず濃厚(笑)エンターさんはもちろん、エスケイプさんも、そしてバスコさんも登場します。
                      おまけに、声優さんが豪華だったらありゃしない!あんなに豪華でいいのか、おい!っていうくらいに豪華。
                      個人的にはEDがツボ(笑)あれを見ただけで、DVD購入することを即決定。

                      今回の映画は、とにかく「掟破り」が後半に出てくる。あれがなかなか面白くてねー。ま、こういう映画ならではというのでしょうか、ホント、迫力あったわ。映画館ならでわのサラウンドで、大迫力!

                      ひとことだけ……どーしても、これは言いたい(笑)
                      「なんか落ち着くなぁ?」
                      と言ったビートバスター/マサトさんのセリフで場内大爆笑!笑っていたのは、主に大きなお友達の皆さまでした(笑)私も大笑いさせてもらいました、はい!
                      このセリフの真相はぜひ、スクリーンでご覧あれ!

                      観ていらっしゃらない方、ぜひぜひ、映画館へ♪
                      正味60分の映画とは思えない、濃厚な時間を過ごせますよー!
                      posted by: sasayan | とうえいとくさつ。 | 18:51 | comments(0) | - | - | - |